レンタルスペース体験談 無断利用者を撃退 防犯カメラが役に立った

レンタルスペース
この記事は約2分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースを運営しています。

去年の4月にオープンして
1年ちょっとが経ちました。

去年のことですが、
夜に掃除に行った際、
無断利用をしている人がおり、
注意をして料金を
支払ってもらいました。

ですので私は
無断利用や無断延長をされないように
スタジオ内に防犯カメラを
付けました。

あと鍵の盗難もあったので、
スタジオの入り口にも
防犯カメラを設置しています。

防犯カメラを付けるか付けないか、
答えは一択で
絶対に付けた方がいいでしょう。

ちなみに私が使っている
防犯カメラはコレです。

少なからずルールを守らない
悪質な利用者は必ずいます。

そして今回、
私はたまたま防犯カメラを
確認したところ、
無断利用を見つけました。

予約せずに部屋に入って
ダンスをしていました。

後からわかったことですが、
この客見たことあるな?と思って
調べたらリピーターでした。

予約完了の自動送信メールは
届いておらず、
Googleカレンダーにも
予約が入っていませんでした。

放置しておくわけにはいかない!
と思い、私は遠隔操作で
防犯カメラの警告音を鳴らしました。

するとその利用者は警告音に気付き、
防犯カメラの方へ寄って来て
こちらを向いて睨み付けてました。

がっつりくっきり映像が残ってます。
料金を支払ってなかったら
証拠として映像は使えます。

警告音を鳴らした後、
無断利用者は帰る準備を始め、
電気を消して鍵を閉めて
去っていきました。
※そこはしっかりしてくれるのねw

数分後、ちゃんと
予約サイトから予約を入れて
支払いをしてきました。

無断利用や無断延長が発覚した際、
110番通報で警官にすぐに現場へ
向かってもうらう方法もあります。

しかしその場合、
通報した本人も現場へ
行って立ち会わないといけないので、
できるなら先に利用者と
連絡を取った方がいいですね。

今回のケースに関しては
私はスタジオから
30km離れた場所にいて、
無断利用者の連絡先も知らない、
110番通報したら
私も行かないといけない…。

ということで警告音を鳴らしました。

警告音で上手く撃退できて
よかったです。

ということで、警告音は
効果アリでした。

こういった悪質な利用者
正しくルールを守って
利用してもらっている
利用者に対して迷惑なので、
容赦なくどんどん
攻めていきましょう。