楽天SEO対策 規約違反 同じ商品を複数出品 同一商品複数登録 検索妨害です

ネットショップ
この記事は約4分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は10回以上あり、
様々なECサイト運営を経験し、
様々な経営者を見てきました。

今日は楽天出品時の禁止行為について
お話しします。

スポンサーリンク

同じ商品を複数登録

私は今まで様々なネット通販会社で
働いてきました。

同じ商品を複数登録しようとする
会社があまりにも多すぎました。

私はこれは規約違反だと
知っているので
同じ商品を複数登録するのを
やめるように経営者に
言ったことがあります。

私の言うことを
理解してくれた経営者もいました。

同じ店で同じ商品を複数登録、
検索妨害になる、
普通に考えればわかることです。

同じ商品を複数出品する行為は
他の出店者にも迷惑をかけています。

なぜ説明してもやめないの

私が経営者に違反であることを
説明してもやめない経営者が
何人かいました。

なぜやめないのか?

・出品した同じ商品を消して
1商品だけにすると
売上が下がる。

・みんなやってるから大丈夫。

・見つからなければOK。

・低評価がついたら売れないから
複数出品しておく

と、大体がこんな理由です。

彼らは同じ店で同じ商品を
複数出品するデメリットを
理解できないので、
そういうことをしている店は
売上に伸び悩んでいました。

そもそも低評価が付く見越して
商品を販売したり、
お客さんが満足できないサービスを
するのはどうかと思ってます。

同じ商品を複数出品していると
周りに気付かれないように、
同じ商品でメイン画像は
それぞれ違う画像を
使うような小細工をしている
店もありました。

確実に間違った判断ですので
この記事を読んだ人は
マネしないようにしましょう。

同じ商品複数登録のデメリット

同じ商品の複数出品は
不適切な検索対策の
ガイドラインになります。

楽天に限らず、ヤフーやamazonも
同じだと思います。

同じ商品を複数登録をすると
販売実績や商品レビューが
分散してしまいます。

同じ商品を複数出品せずに
1点集中して販売実績や
商品レビューを付けた方が
楽天内では検索で上位に
載りやすくなります。

たとえば
同じ商品が検索5ページ目に
3つ表示されていると、
検索で露出できていないことに
なってしまいます。

検索5ページ目の
・品番A002が1個売れた
・品番A003が3個売れた
・品番A004が4個売れた
としても、検索順位は
そんなに上がりません。

しかし1点集中して
・品番A001が8個売れた
となると、
こちらの方が販売実績や、
商品レビューが分散せず、
ランキング上位に載る確率が
高くなります。

そして検索上位も狙いやすく
なります。

そしてさらに
アクセス数がアップします。

残念ですが、
こういったことを説明しても
わからない経営者は理解できません。

こういったパターンもNG

たとえばA001という品番の中に
赤色、青色、黄色といった
バリエーションがある商品を
出品したとします。

そして
A002という品番でA001の赤色を出品
A003という品番でA001の青色を出品
A004という品番でA001の黄色を出品

こういった
カラー選択可能な商品と
単品出品をした場合も
楽天の規約違反になります。

画像を見てください。

商品のカラーが異なるのであれば、
カラーごとの商品ページを
作成することは
ガイドライン違反にあたりません。

ただしカラーを選んで購入できる
商品ページと単品カラーごとの
商品ページを同時に掲載することは
ガイドライン違反にあたります。

同じ商品を複数出品する方法

同じ商品を複数出品する方法は
あります。

・同じ会社で2店舗目を出す
・違う会社を作って2店舗目を出す

こういう方法なら
規約違反になりません。

実際に同じ楽天内に
2店舗目を出店することは
売上を上げるために
有効な手段です。
※最近はわかりませんが(汗)

昔私が働いていた会社の経営者が
「9店舗くらいヤフー出店しようか」
と提案してきたことがありました。

唖然…。

そんなことばかり考えてるから
会社が下に傾くんですよ。

もう何もこれ以上言いません(笑)

さいごに

ネット通販をやりたい!
という経営者は
ネットビジネスに疎い人や
ウェブの知識が全然ない人が
とても多いです。

ネット通販のビジネスをやりたい!
というのは別に良いと
思ってます。

しかし経営者もある程度ネット通販の
ビジネスについて学ぼうぜ!
と私は思っています。

ネット通販に疎いのに
ああだこうだと間違った判断で
社員に口出しをすると
社員は苦しむことになり、
伸びる物も伸びません。

むかし二重価格を知らない
経営者がいたので
二重価格について説明したこともあり
とても面倒でした。

本来こういった経営者は
口出しをせずに、
売れるオリジナル商品を作ったり、
商品ブランディングをしたりして、
売ることに関しては
その道のプロの社員に
任せておいた方が
ほぼ確実に上手くいきます。
※経験済み

あなたの会社の経営者は
堂々と規約違反をしてませんか?

マネをするのはやめましょう。

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ