ネット通販運営 どこにでもある商品を売る方法 優位性と差別化 ECサイト

ネットショップ
この記事は約5分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は10回以上あり、
様々なECサイト運営を経験し、
様々な経営者を見てきました。

今日はどこにでも売っている
商品の売り方
について
お話しします。

どれだけ差別化ができるかが
ネット通販に限らず
ビジネスで成功するために
必要なことです。

スポンサーリンク

優位性/差別化/最安値

ビジネスは他社に
勝てる優位性を自社に持ち、
差別化をして他が誰もやっていない
ことをすることで、
激しい競争から抜け出し、
成功しやすくなります。

あなたのお店は何か他社に勝てる
優位性はありますか?

あなたのお店は他社がやっていない
ことをして差別化していますか?

今後のネット通販運営は
オリジナル商品を作り、
うまくブランディングして、
SNSを使って顧客(ファン)を集めて
行くことが重要になってきます。

そして販売手数料のかかる
楽天やAMAZONといったモールに
依存した集客は
いつまでも販売手数料を
取られ続けるので
やってはいけません。

自ら競合の多い場所へ飛び込んで
顧客の奪い合い、
どこにでも売っている商品を
販売するのは過酷です。

型番商品などは最安値合戦に
なってしまいます。

安く売ることは最終手段であり、
誰にでもできます。

ではどうすれば
どこにでも売っている商品でも
売れるようになるのか?

少しでもお役に立つことができれば
嬉しく思います。

商品に付加価値を付ける

どこにでも売っている商品は
値下げ競争になってしまいがちです。

ですが値下げをすると
・客質が下がってクレーム多発
・利益が少ない
・クレーム対応の人件費で利益が無い

激安で商品を選んでいる客は
他に安い店があれば
簡単にそっちへ行ってしまいます。

つまり、激安を好む人は
リピーターになりにくいんです。

値下げをしてもいずれ売れなくなり、
多くの運営者や経営者は
更に値下げをして売ります。

いずれ値下げをしても売れなくなり、
最後倒産します。

値下げは危険です。

ではどうすればいいのか?

商品に付加価値を付けます。

例えばですよ、
この眼鏡を購入した人全員に
自社オリジナル眼鏡拭きを
プレゼント。

この野球グローブを買った人全員に
野球ボールをプレゼント。

このように付加価値を付けると
お得感があり、値下げをせずに
商品を売ることができます。

または、セット売りで1個分お得に
するという方法もあります。

例えば、
この炭酸水10本購入したら
2本無料プレゼント。

店内のTシャツをなんでも5点
購入したら福袋をプレゼント。
何が届くかはお楽しみ!

といった感じで付加価値を
付けるのも良いでしょう。

私は安売りをしない店で、
セット売りで1個お得な商品を
無料で付けて、
客単価を上げて、
売上を一気に伸ばした
経験があります。

顧客対応

どこにでも売っている商品を
自社で販売しているのであれば
顧客対応を徹底して、
お店のファンになってもらうことで
他店と差別化できます。

顧客満足度が上がれば
リピーターになってくれます。

ビジネスで本当に稼がせてくれるのは
リピーターです。

お店のTOPページに
お問い合わせの電話番号を載せて
お客さんから電話がかかってきたら
親切に対応するのも良いでしょう。

お店にファンができたのであれば、
もちろんリピーターになりますので、
最安値にしなくても
商品が売れやすくなります。

誤発送をしてしまった場合は
お詫びの品を送って、
メールでなく電話でちゃんと謝罪。
※両方するのもアリ

商品レビューを書いたら
プレゼント企画もオススメ。

商品レビューを書いてくれたのを
確認してから
プレゼントを発送。

高評価のストアレビューが
信頼性を増す。

商品を購入された後も
お問い合わせが来たら
しっかり電話で丁寧に
顧客対応をするなど、
徹底して顧客対応することが
他店と差別化することができます。

私は買取ビジネスをしている会社で
働いていた経験があります。

商品を買い取ってほしいという
お客さんだけでなく、
査定する人と会話をしたいので
いろいろ商品を持ってくる
リピーターもいました。

このように
お店にファンを付けることで
リピーターを増やすことができ、
最安値にしなくても
商品が売れるようになります。

あなたのお店は顧客対応を
しっかりしていますか?

素早い発送

どこにでも売っている商品を
販売しているのであれば、
発送が遅いのは問題外です。

これでは他社との競争に
勝つことはできません。

昔私が勤めていた会社は
どこにでも売っている様な商品を
受注発注して、
10日営業日発送をしていたので、
売上は全然ダメでした。

他社に勝てる優位性など
ひとつもありませんでした。

日本語説明書

日本語説明書を作るのも
他社と差別化できます。

例えば
中国から仕入れたスピーカーの
説明書が中国語か英語だった場合、
お客さんは読めません。

ですので
日本語説明書を自社で作って
一緒に商品と送ってあげると
とても親切です。

商品ページで
日本語説明書が付いていると
アピールしてみるといいでしょう。

さいごに

ネット通販のビジネスで
どこにでも売っている商品を
売ることはとても大変なことです。

・おまけなどで付加価値を付ける
・徹底した顧客対応
・素早い発送
・日本語説明書

今日紹介した方法は
ごく一部だと思います。

価格競争に巻き込まれないように
あなたの店に合った方法を
いろいろ探して
他店と差別化をしましょう。

どこにでも売っている商品は
出品しているだけでは売れません。

動画

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ