楽天SEO対策 最重要作業 ECサイト会社の経営者がよくやる間違ったSEO対策の考え方 ネット通販

ネットショップ
この記事は約8分で読めます。

私はネット通販の運営の仕事を
15年以上経験しており、
転職回数は10回以上あるので、
様々なネット通販会社で
店舗運営をしてきました。

ですのでいろいろな人間、
いろいろな経営者を見てきました。

私は最近ふとしたことから
楽天のSEOの基本講座を
強制的に受けさせられました。

どちらかというと
私も人に教える側です(汗)

今日の記事は楽天SEOについて
初心者の方が間違った
SEO対策
をしないように
大切なことをお教します。

スポンサーリンク

間違った判断

みなさんの会社の経営者は
「売れてる店舗の真似をしろ」
楽天の上位店舗の商品名を
参考にするように言ってませんか?

私は今まで多くのネット通販会社で
働いてきましたが、
上位店のキーワードの真似をしろ
指示を出す経営者があまりにも
多すぎでした。

ちなみに楽天セミナーで受講した
講師も「上位店舗を参考に」と
初心者に教えていました。

実は初心者のうちは、
これをやってはいけません。

なぜならSEO初心者は
何が正しい何が間違っている
こういった判断ができません。

はっきり言いますが、
検索上位店がやっているSEO対策は
必ずしもどの店も正しいとは
言えません。

検索上位店舗のSEOが仮に
間違ってたとしてそれを信じて
真似したら、間違ったことを
真似することになります。

これは間違った方向で努力をして
時間を費やすことになります。

ですので自分で正しいSEOの
知識を身に着けて、
正しいやり方でSEO対策をした方が
良いでしょう。

楽天での正しい商品名の付け方は
私がお教します。

楽天の「商品名の基本体系」という
動画で解説していますので
こちらの私の動画をご視聴ください。

楽天自身が公表している内容ですので
信憑性は十分にあります。

楽天SEO対策 【これが正解】商品名とキャッチコピーのつけ方

販売実績が最も重要

私が現在参入しているジャンルの
検索順位が上位の店舗の商品名は
気持ち悪いくらいにキーワードを
詰め込んでいます。

上位店舗のSEO対策は
必ずしも正しいという理由で
上位表示できているわけでは
ありません。

では何故こんなはめちゃめちゃな
キーワードでも検索上位
表示できているのか?

楽天のSEOで最も重要なのは
商品が売れて販売実績を
付ける
ことにあります。

少し違う角度から見てみましょう。

もし私が楽天の経営者だったら
よく売れる商品を検索上位にして
そこで販売手数料を取って稼ぎます。

あなたでもそうしますよね?

売れない商品を検索上位に載せても
楽天側は販売手数料で
稼げません。

商品名がめちゃくちゃでも
1枚目の画像を白抜き画像に
していなくても、
上位店が検索上位に表示できるのは
この販売実績にあります。

もしあなたの店舗が
出店したばかりの店舗なのであれば
キーワード対策ばかりやっても
検索上位に表示されるとは
難しいでしょう。

なぜなら販売実績がないからです。

とはいえ、キーワードを意識した
商品名を付けるのも大事なので
前項で紹介した動画を
ご視聴ください。

キーワード詰め込み

私は今までいろいろな
ネット通販の経営者を見てきました。

そのほとんどが
キーワード!キーワード!
商品名に文字数限界までキーワードを
詰め込むように指示をしたり、
商品説明にキーワードを羅列させたり
意味のないことを指示する
経営者ばかりでした。

なぜならそういった経営者は
正しいSEOの知識がないので
上位店のやっていることが
間違っていたとしても
全て正しいと判断してしまいます。

検索上位の上位店の商品名
・キーワードを詰め込んでる
・商品名だけでなく、
商品説明もキーワードを羅列している

前項でもお話ししましたが、
こういった商品名の商品でも
その商品に販売実績があると、
こういったことをしても
上位店は検索上位に表示されます。

メルマガ保有数が多い上位店だと
例えば100万人に向けて
メルマガを送信して
100個~1000個商品が売れたら
ランキングに掲載されます。

メルマガから販売実績が付いて
楽天のルールに反した
商品名や商品画像でも
上位表示できちゃいます。

楽天でキーワードを詰め込むことは
果たして正しいことなのか?

私は間違っていると思ってます。

私はステルスYouTubeを
運営しています。

そのジャンルではぶっちぎりで
日本一のチャンネル登録者数です。

YouTubeの動画名が長すぎると
スパム(迷惑行為)とみなされて
チャンネルに影響がでる
可能性があります。

ですのでYouTubeの動画名は
30文字ぐらいが適切です。

と考えると、
楽天のキーワードを詰め込んだ
商品名は私はやってはいけないと
思っています。

キーワードを詰め込む店を見ると
そこまでしないと売れないのか?
って思ってしまいます。

私の中でキーワードを詰め込むことは
非常にダサい行為です。

ブランド品を扱っている店なら
キーワードを詰め込んだり
キーワードを羅列したり、
ブランド名に傷をつける行為だと
思っています。

例えば公式の高級ブランド店が
このようなことをしていたら
めちゃくちゃダサいですよね?

近年のネットショップは
煩わしさを軽減したサイト作り
amazonのように
購入までのプロセスが短いなど、
お客さん目線でサイトを作ることが
とても重要だと思っています。

ですのでわかりやすいサイト、
親切さが伝わってくるサイト、
アフターサービスなど、
こういったことが
店舗運営に必要です。

キーワードを詰め込んだり
羅列したりする行為は
売りたいオーラが爆発してます(笑)

いつまでも時代遅れな考え、
時代と逆行したことは
しない方が良いかと思います。

サジェストキーワード

楽天セミナーの講師も
サジェストキーワードについて
教えていました。

私もラッコキーワードなどを
使ってキーワードを探してます。

楽天のサジェストキーワードは
日が経つと新しいキーサードが
出現したりします。

もちろんそれもチェックします。

ですがこんなことは
当たり前
なんです。

そしてもちろん、
検索上位に載っている上位店も、
サジェストキーワードのチェックは
誰もがみんなやっているので、
キーワードで他店と差別化をするのは
難しいと言えます。

となると最後に物を言うのは
やはり販売実績です。

販売実績が楽天で一番の
SEO対策です。

セミナー講師が、
他店の商品レビューの文章に
良いキーワードが
あるかもしれないのでチェック!と
教えていました。

まぁ、確かにそうなのですが、
結局販売実績が大事なので、
結局キーワードだけで
下位の店舗が上位の店舗に
勝のは難しいでしょう。

先ほどもお話ししましたが、
楽天側は販売手数料で稼ぐので
売れる商品を検索上位に
載せた方
が得なんです。

私はキーワード選定と同時に
商品の販売実績を付けることが
大切だと思っています。

大事な作業

ネット通販会社の経営者は
キーワードキーワードばかり言っても
売れないことにそろそろ
気付いてください(汗)

そもそもオリジナル商品を作って
ブランディングをして
ブランド名で検索してもらえるように
なれば、集客なんて簡単です。

やるかやらないだけで、
できる会社はちゃんと行動しており
利益を出して会社を
継続できています。

みんなが同じキーワード対策をする。
キーワード対策にも限界がある。

何度も話してますが、
最後に物を言うのは販売実績です。

確かにキーワードも大事ですが、
他に大事なこともあります。

それはしっかりした商品ページを
作ることです。

SEO対策と商品ページの
作り込みは同時進行です。

・きれいな商品写真(加工)
・セールスライティング
・キャッチコピー
・商品の良さをアピール
・ランキング入賞のバナー掲載
・商品レビューのバナー掲載

他にもあるかもしれませんが、
これを意識して商品ページを
作るだけで売れやすい商品ページに
なります。

自社で売れている商品から
始めてみると良いでしょう。

売れている商品ページを作り込んで
RPP広告をすると、さらに効果は
出やすくなるかもしれません。

商品ページをしっかり作って
そのページに広告を当てるのは
転換率もROASも上がり、基本です。

たまに、まったく売れない商品の
商品ページを作り変えてと
指示をする経営者がいます。

まったく売れない商品の
ページを作り込んで検証、
なぜ売れなかったのか…。

またページを作り変えて検証。
また売れない。

またページを作り変えて検証。
また売れない。

いつまでも利益が出ません。

どこにでも売っている
売れない商品
に対して
検証してページ作りを強要してくる
経営者がいましたが、
それは時間の無駄です。

そんな魔法のようなことは
滅多に起こりません。

顧客対応を徹底して
お店にファンを付ける、
最安値にして売る、
この方法なら売れるでしょう。

商品を売るためには
ある程度需要があり、
ある程度競合が少ない商品
じゃないと難しいです。

どっちかというと売れてる商品
または出品して反応のある商品
商品ページを強化して、
ガンガン売って売上を上げる方が
全然良いと思ってます。

キーワードばかり意識して
商品ページが適当だったら、
売れる物も売れません。

商品ページをちゃんと作って
少しでも転換率を上げる
努力
が必要です。

商品ページの作成も客目線で
わかりやすいページが必要です。

商品が売れなければ
商品名を活かすことができません。

経営者の能力

そして商品を売るためには
優位性差別化

これは経営者(経営陣)の
マーケティング能力や
ブランディング能力に
かかってきます。

経営者の能力が5、
従業員の能力が10だと
掛け算で
経営者の能力を50活かせます。

経営者の能力が10、
従業員の能力が10だと
掛け算で
経営者の能力を100活かせます。

つまり、全ての決定権を持っている
経営者の能力や判断で
会社は良い方向にも悪い方向にも
傾きます。

さいごに

楽天SEOが初心者の方は
他の店舗を真似しても
正しいか間違いなのかを
判断できないので、
まずは先ほど貼り付けた
私の動画を参考にしてみてください。

他には「楽天 SEO」でググっても
やり方はたくさん出てきます。

私もググってなるほどな!って
思うことがあり、参考になります。

まずは自分で勉強してみてください。

ぶっちゃけると、
売れる商品は適当に商品ページを
作っても売れます。

そういった商品の商品ページを
作り込むとさらに売れます。
※経験済み

初心者向けの楽天セミナーを
受講しましたが、
この記事の方が参考になります。

ですので私のチャンネルで
ネット通販の動画を参考に
してみてくださ。

永井のネットショップとレンタルスペース情報発信
このチャンネルではネットビジネスで稼ぎたい人におすすめのチャンネルです。 ・ネットショップ運営 ・Photoshop講座 ・稼ぐために役立つ話 ・人生に役立つ話 ・レンタルスペース ・息抜き動画 このような情報発信をしています。 ■簡単なプロフィール ・結婚~サラリーマン~脱サラ~自営業~妻が癌~イケぽん重病で長期入 続きを読む

動画

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ