ECサイト モールを使ってネット通販自社サイトへ誘導する方法 本店で利益を出そう いますぐ誰でもできる

ECサイト運営
この記事は約3分で読めます。

皆さんはネット通販の
本店の集客で悩んだことは
ありませんか?

今日の内容は楽天やヤフーなどの
モールを利用して自社サイトへ
誘導する方法をお教えします。

モールへあることを書き込むのですが
この方法は利用規約でも
なんでもありません。

是非参考にしてみてください

スポンサーリンク

結論

いきなり結論から書きます。

WEB初心者の方でも今すぐできる
ちょっとしたテクニックですので
是非使ってみてください。

そのテクニックとは
店舗名やロゴなどに
「〇〇店」と入れる方法です。

ショッピングモールでは
本店へのリンクを
直接貼る行為は禁止されています。
※一部例外アリ

だったら〇〇店と
書いてしまえばいいです。

もうすこしわかりやすく

前項の説明だけだと
いまいちわかりづらいと思うので
ちゃんと説明します。

例えば腕時計を販売している
通販サイトの場合は
「腕時計本舗 楽天市場店」
「ブルーク Yahoo!ショッピング店」

と表記することにより、
利用者に「この店は他の場所にも
出店しているのかな?」

と匂わせることができます。

その結果、利用者は
Googleやヤフーなどの
検索を利用します。

こうすることにより
本店へ誘導することが
可能となります。

店舗名も重要

店舗名も重要で、
検索しても全然ヒットしないような
オリジナル店舗名にすることによって
その店舗名で検索上位に表示させることができます。

って、店舗名ってだいたい
オリジナルですよね(汗)

どこにもないオリジナルの名前は
余裕で検索上位表示が
可能になります。

自社サイトが必要な理由

ここからちょっと余談に入ります。

今回の記事でお教したいことは
終わりましたので
興味のある方は
引き続きお読み下さい(笑)

私はダンスができる
レンタルスペースの運営を
しています。

そしてネット通販サイトの
運営もしており、
経験は約15年以上あります。

レンタルスペースと
ネット通販の運営は
とてもよく似ています。

例えばレンタルスペースは
インスタベースや
スペースマーケットといった
ポータルサイトに
自分のレンタルスペースを載せて
集客をします。

ポータルサイトで予約が入ると
成約手数料として
売上の30%~35%も
ポータルサイトに取られます。

これはネット通販で言うところの
楽天やamazonに出店するのと同じで
モールで商品が売れると
販売手数料(ロイヤリティ)を
取られてしまいます。

ですのでモールに頼った集客を
していると手数料を支払い
続けることになります。

ですので販売手数料を取られない
フューチャーショップや
ショッピファイといった
外部のカートを利用して
本店を作る必要があります。
そこで利益を得ることが
とても重要になってきます。

レンタルスペースも同じで
ポータルサイトのからの
予約ではなく
いかに公式サイトで
予約をしてもらうかが
店舗運営のカギとなります。

さいごに

皆さんも自社サイトへの集客を
是非やってみてください。

商材によっては難しいかも
しれませんが、
しなければずっと手数料を
取られ続けることに
なってしまいます。

ECサイト運営
イケぽんをフォローする
ECサイトの運営方法 読むだけで売上アップできるネットショップ運営