【収益公開】YouTubeショートファンドとは ショート動画のメリット デメリット 申請 いつから

他ビジネス
この記事は約3分で読めます。

私はステルスYouTuberとして
複数のチャンネルを運営しています。

そのうちの1つが
最近YouTubeファンドの
報奨金の受給対象となりました。

今日の記事の内容は
YouTubeショートファンドの
報奨金ってどのくらいの再生数で
どのくらいもらえるの?
と疑問に思う方もいると思うので
その疑問に答えます。

スポンサーリンク

YouTubeショートファンドとは

YouTubeショートファンドを
知らない人もいると思うので
まずは簡単に説明します。

YouTubeショートファンドは
毎月数千人の動画投稿者を対象に
21年から22年にかけて
1億ドルの基金を
YouTubeショートを頑張った人に
100ドルから1万ドルの範囲で
分配される報奨金です。

前月に視聴されたショート動画の
再生数やチャンネルが審査されて、
審査を通るとボーナスの
受給対象者となって
招待メールが届きます。

私のところにも実際に届きました。
こちらの画像になります。

再生数と報奨金額

ショートファンドの招待メールは
毎月10日頃に届きます。

今回、招待メールは
4月11日に届きました。

そして私のチャンネルの
3月のショート動画の総再生数は

230万再生

でした。

230万再生に対しての
報奨金額は…

だいたいうまい棒1400本

となります。

ちなみに私が投稿した
ショート動画の48時間の再生数は
リアルタイム再生数によると
一番良い時で約28万再生でした。

今は48時間で2万再生ほどに
下がっています。

なのできっと来月は
報奨金を貰えないでしょう(汗

YouTubeショート戦略

YouTubeショートの動画は
再生数を稼ぎやすく、
チャンネル登録者数も
増やしやすいのがメリットです。

とりあえずチャンネル登録者数が
1000人以下のチャンネルは
ショート動画を投稿してみても
いいかもしれませんが
やりすぎに注意です。

なぜならショート動画の視聴者層は
短い動画を好む人が多いです

となるとYouTubeが求める
再生時間の長い通常動画を投稿して
視聴者維持率を上げようとしても、
チャンネル登録者には
ショート動画を好む人が多いので、
結果通常動画が伸びにくくなり、
YouTubeからのチャンネルの評価が
低くなってしまいます。

まさにこれが今の私の状況です(汗

※YouTubeは動画時間が長くて
視聴者維持率の高い動画を
高く評価し、そういった動画が
チャンネル内に多いと
チャンネルが評価されます。

チャンネル収益化の条件が
・チャンネル登録者数1000人
・動画総再生時間が4000時間

私はチャンネル登録者は1000人は
クリア目前ですが、
ショート動画は動画総再生時間に
カウント
されません。

ですのでショート動画は
サブチャンネルで
ショート動画だけを投稿する
チャンネルを作って
そっちで登録者数を増やすのを
おすすめします。

そしてショート動画投稿用の
サブチャンネルの
コミュニティ機能を使って
メインチャンネルへ
視聴者を誘導させるという
方法が良いと思います。

さいごに

YouTubeショートで報奨金は
ぶっちゃけチャンネルの評価を
落とすリスクがあります。

私のようにイチからチャンネルを
初めてショート動画である程度
チャンネル登録者数を増やすのは
アリだと思いますが、
やりすぎに注意しましょう。

YouTubeの
動画投稿ジャンルにもよりますが
動画1再生0.25円~1円による
広告収益。

ショート動画の月間総再生数が
約230万再生
もらえる報奨金が
うまい棒1400本分

通常動画で
月間230万再生あったら…

ショート動画はTikTokに投稿して
TikTokからYouTubeに誘導するのが
今よく行われているやり方です。

ですのでYouTubeは
なるべく通常動画をメインで
チャンネル運営していきましょう。

他ビジネス
イケぽんをフォローする
ECサイトの運営方法 読むだけで売上アップできるネットショップ運営