初心者でもできる ダンススタジオのレンタルスペース可能な賃貸物件を探す方法 LINEを使おう

レンタルスペース
この記事は約3分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースを運営しています。

私は先月からダンススタジオの
2号店を出店しようと動いています。

ダンススタジオとして利用できる
レンタルスペース物件を探したり、
日本政策公庫から融資を受けるために
商工会議所へ行って
相談をしていました。

つい最近ですが
公庫から100万円の
融資を受けることができました。

どのような資料を準備した等、
融資については
近日中に記事にします。

そして今日はタイトルの通り、
レンタルスペース可能な
賃貸物件を探す方法について
お話しします。

結果から言うと、
会議室やパーティールームなど
いろいろあるレンタルスペースの中、
一番探すのが難しいダンススタジオの
賃貸物件を約2日
見つけることができました。

私は有名な不動産屋である
minimini
見つけてもらいました。

私はダンススタジオの
レンタルスペースが可能な
賃貸物件を探しで
miniminiへ行きました。

レンタルスペースは
まだ一般的にそんなに
知られていないので、
不動産屋の担当者に相談する際は
まずはレンタルスペースとは何か?
というところから説明します。

説明する際、担当者に
「又貸し」「時間貸し」と言うと
伝わりやすいです。

そしてここで大事なのが、
・レンタルスペースとして借りる
・ダンススタジオをやる
・騒音も可能な物件
ということをしっかり
不動産屋の担当者に伝えることです。

某オンラインサロンの講師?は
「ダンスと言うと断られるので
ヨガも可能と言って、
少し静かな印象を与えて交渉する」

と教えているようですが、
絶対に止めておきましょう。

ダンス可能な賃貸物件が少ない
からと言って、
このように言って交渉すると
後々騒音問題が起こる
可能性があります。

※レンタルスペース研究所のことでは
ありません。

最初からダンススタジオの
レンタルスペースが可能で
騒音も可能かどうか確認を取ることで
堂々とレンタルスペースの運営を
することができます。

まずはネットで自分が気になる
レンタルスペース可能な
賃貸物件を印刷して
miniminiへ行きます。

印刷した賃貸物件を担当者に見せて
担当者を通じて管理会社へ
ダンススタジオのレンタルスペースが
可能かどうかを
問い合わせてもらいます。

そして次が重要です。

ダンススタジオの
レンタルスペースが可能な
物件探しを担当者に手伝って
もらうわけですが、
連絡のやり取りはLINE
してもらいましょう。

そして自分でネットでどんどん
気になる賃貸物件を探し、
LINEで担当者に自分で探した
気になる賃貸物件のURLを送り、
担当者にレンタルスペース可能か
どうかを管理会社に
問い合わせてもらいます。

不動産屋には
全国の不動産屋が共有している
一般公開していない
賃貸物件を検索できる
システムのようなものがあります。

このシステムで物件を
探してもらいます。

WEBに載っている賃貸情報は
古い物だったりする
場合があるようです。

自分でネットで見つけた
気になる賃貸物件は
どんどんLINEを使って
担当者に調べてもらいましょう。

こうすることで
WEBで自分で気になる物件を
見つける度にそれぞれ違う
不動産屋
へ出向くことはなくなり、
どんどんLINEで担当者に連絡し、
管理会社に問い合わせて
もらうことができます。

ちなみに物件探しで
私が1日目に行った不動産屋は
なんの連絡もありませんが、
2日目に行ったminiminiは
とても対応がよく、
すぐに物件を見つけてくれました。

ということで
・レンタルスペースとは何か?
・レンタルスペースとして借りる
・ダンススタジオをやる
・騒音も可能な物件
ということをしっかり担当者に伝え、

LINEで気になる物件を担当者に
URLを送り、
担当者に管理会社へ問い合わせて
もらうという方法が
初心者の人でも物件を探しやすいと
思います。