【鍵の盗難】キーボックス 警察に相談 被害届無理でした レンタルスペース

レンタルスペース運営編
この記事は約2分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースを運営しています。

2か月ほど前のことですが、
鍵の盗難にあいました。

私のダンススタジオでは
ドアノブにキーボックスを
ひっかけています。

レンタルスペースのカギの受け渡しで
もっとも主流なのが、
このキーボックスです。

ある日、
いつも早朝にスタジオを
利用してくれる常連さんから
スペースマーケットで
メッセージが届きました。

「キーボックスAのカギが
ありませんでしたので、
キーボックスB(スペア)のカギを
使いました。」

私はその日の朝すぐに
スタジオへ行きキーボックスを
確認しました。

キーボックスが開いており、
ドアノブと鍵が繋がれている
紐が切られていました。

そしてすぐに近くの交番へ行き、
鍵の盗難について話したのですが、
被害届を出すことは
できませんでした。

防犯カメラに犯人の顔がしっかり
映っていないと
警察は動いてくれないようです。

私は鍵を盗まれた可能性のある
時間帯はだいたいわかっていたので、
その時間を警察に伝えました。

私が入居しているビルに
防犯カメラがあるので、
翌日、警官はビルの管理室に行って
ビルの管理室で防犯カメラの映像を
チェックしてくれました。

しかしビルの防犯カメラは
私のドア前までは映っておらず、
その階のエレベーター付近しか
映っておらず、
不信な人物は映っていなかった
と報告がありました。

ですので私は廊下にも防犯カメラを
設置することにしました。

盗まれた鍵を取り戻すことは
できませんでした。

犯人は誰なのか?
キーボックスの番号を知っているのは
スタジオを利用したことある人しか
いないはず。

スタジオ利用者が
鍵を持って帰ってしまったのか?

それともいたずらで盗んだのか?

いやいや、いたずらで盗むのなら
スペアのカギも盗むはず。

鍵を盗まれてから現在、
スタジオ内にも防犯カメラを
設置していますが、
不信な人物が侵入したり、
無断利用をされたことは
一度もありません。

鍵の盗難を防ぐのであれば、
ドアのカギをキーレックスにしたり、
対策として廊下にも
防犯カメラを設置しておくことを
おすすめします。

↑ボタン式なので
カギの盗難の心配がありません。
レンタルスペース研究所のみつさんが
このキーレックスを使っています。

↑私が使っている防犯カメラです。
無料アプリで使いやすく、
動体検知、スケジュール録画など
いろいろ使いやすいのでオススメ。