【広告復活】再利用されたコンテンツ 広告再審査対策 切り抜きやゲームに多い YouTube

他ビジネス
この記事は約5分で読めます。

私はYouTubeのチャンネルを
3つ運営しており、
2つのチャンネルが
収益化できています。

YouTubeには
「再利用されたコンテンツ」
というのがあり、
これをくらってしまうと
広告を非表示にされます。
※広告はく奪

広告をはく奪され、
1か月後に再審査を受けて合格すると
再び広告を表示させることが
できます。

私はこの再利用されたコンテンツを
4回もくらっています(汗)

検索でこの記事にたどり着いた人は
おそらく再利用されたコンテンツで
困っていると思います。

今日は再利用されたコンテンツで
私が知っていることや
経験したこと、
対策についてお話しします。

スポンサーリンク

再利用されたコンテンツとは?

再利用されたコンテンツとは
他のチャンネルで
使用されている動画を
自分のチャンネルでも使用すると
引っかかってしまい、
広告をはく奪されてしまいます。

これが再利用です。

よく「著作権が問題だ」
勘違いされている人もいますが、
再利用されたコンテンツは
その名のとおり再利用が問題なので
著作権とは関係ありません。

収益化審査は人間による審査なので
著作権に引っかかる動画が
収益化できることは普通に考えて
ないのではないでしょうか?

ゲーム動画や切り抜き動画が
いちばん再利用されたコンテンツに
引っかかりやすいです。

たとえばバイオハザード3の
ゲーム動画を投稿する場合、
もちろん自分だけではなく、
他のチャンネルも
バイオハザード3の
ゲーム動画を投稿します。

バイオハザード3のゲームは
この世に1つしかなく、
ゲーム画面、音楽、声、効果音など
他のチャンネルでも
同じような内容のゲーム動画投稿を
されることになります。

これが「同じ動画を使いまわしてる」
とYouTubeが判断して、
広告をはく奪されてしまいます。

ゲーム系に再利用されたコンテンツが
多いのはこのためです。

ですのでゲーム動画も切り抜き動画も
テロップを入れたり
自分の声をいれたりと、
編集をしてオリジナル要素を
加える必要があります。

理不尽

ツイッターやほかのブログでも
書いてあるのですが、
再利用されたコンテンツかどうかを
判断しているのはAIです。

YouTubeでは1日に
膨大な数の動画投稿がされています。

この膨大な動画を人間の目で
確認することは不可能です。

そこでAIが動画を確認していると
思われるのですが、
そのAIの判断の質は低く、
誤認による広告はく奪の被害も
多く見られます。

自分のチャンネルでも注意

冒頭でもお話ししましたが、
私は3つチャンネルを
運営しています。

そのうちの1つですが、
私は知らぬ間に
過去に投稿した動画を
再び何度も投稿
していました。

おそらくこれが原因で
再利用されたコンテンツを
くらってしまいました。

つまり自分のチャンネルで
再び同じ動画(
シーン)を投稿するのは
再利用されたコンテンツになる

可能性があります。

こう考えると、
自分のチャンネルで
過去に投稿した動画を
1つの動画にまとめた
「まとめ動画」
再利用されたコンテンツに
なってしまう可能性が
十分にあります。

まとめ動画はYouTubeで
再生数を上げる有効な方法ですが、
まとめ元の素材動画
自分のチャンネルから
削除する必要があり、
この素材動画が
再利用されたコンテンツに
ひっかかってしまうと
私は思っています。

もう少しわかりやすく言うと、
・まとめ動画(ABCDE)
・動画A
・動画B
・動画C
・動画D
・動画E
という動画を自分のチャンネル内に
投稿していたとします。

自分のチャンネルがAIに巡回され、
「あ、このチャンネル
動画を使いまわしているな」

と判断されると、
再利用されたコンテンツを
くらってしまう…
ということになります。

広告掲載の再審査に合格するためには
再利用している動画を
削除しなければならないので
こういった場合はまとめ動画を残し、
A~Eの動画を削除する
必要があります。

ちなみに非公開にしている動画も
再利用されたコンテンツの
対象らしいので、削除しましょう。

あと同じようなサムネイルを
なんども使っているのも
アウトらしいです。

たしかに同じ「ような」
サムネを使うことはAIの誤認を
招く可能性ありますよね。

動画削除の注意

チャンネル収益化の条件は
・チャンネル登録者数1000人
・チャンネル内の動画再生4000時間
という条件があります。

再利用されたコンテンツは
動画を削除する必要があるのですが、
動画を削除すると
再生時間も消えてしまいます。

ですのでチャンネル内の
動画再生時間が4000時間以下に
ならないように動画の
削除をしましょう。

再審査前は動画投稿しよう

私は一度だけ
再審査に落ちたことがあります。

動画の削除をしたのに、
なぜ落ちたのかを考えてみました。

再審査は1か月後に可能なのですが、
私はその間、動画投稿を
ほとんどしていませんでした。

ですので再審査までの間も
ある程度動画投稿は
しておいた方が無難かもしれません。

問い合わせても無駄

twitterで多くの人が
再利用されたコンテンツに
ついてYouTubeのtwitter垢に
問い合わせています。

ですがほとんどの場合が
収益を取り戻すことができず、
1ヵ月後に再審査を受けてください
というYouTubeからのリプが
殆どです。

YouTubeの管理画面、
チャンネルのダッシュボードの
右上から担当者に直接
問い合わせることも可能です。

私は過去に2回担当者に直接
広告を今すぐ復活できないか
問い合わせたことがありますが、
無理でした。

やはり1か月後の再審査を
待つしかありません。

再審査後は2日~4日ほどで
また収益が戻ります。

まとめ

再利用されたコンテンツの対策は

・動画編集しよう
→テロップや声など
 オリジナル用を入れたりする

・動画を消そう
→まとめ動画を投稿したら、
 元動画である素材動画を削除しよう

・再審査までの間も動画投稿しよう
→しておいた方が無難かも

ということで
再利用されたコンテンツについて
お話ししました。

他ビジネス
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ