【失敗事例】YouTube動画広告で全く効果がなかった話 経営者の指示 ネットショップ

ネットショップ
この記事は約3分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は欧米並みで
10回以上あり、
様々なネット通販会社で
店舗運営をしてきました。

ですので視野はかなり広いです。

私が昔勤めていた会社での
失敗事例についてお話しします。

成功から学ぶことも大事ですが、
失敗から学ぶこともたくさんあるので
皆さんも同じ失敗をしないように
してください。

私は経営者からある商品の
商品紹介と操作説明の両方を
1本にまとめた動画
を作るように
指示されました。

ちなみに動画のクオリティは
私がいつもYouTubeチャンネルで
公開しているような
クオリティではなく、
しっかり作り込んだ動画になります。

私は指示通りに動画を作り、
経営者も納得の動画に仕上げることが
できました。

動画作成を終えた後、
経営者がいきなり、

「この動画をYouTubeにアップして
動画広告を使って
各店舗の商品ページへリンクさせて」

と言い出しました。

私は「え?」って思いました。

そもそも動画広告向け
動画を作っていません。

・楽天2店舗
・ヤフー2店舗
・amazon1店舗
の商品ページへ飛ばしたいとのこと。

同じ動画を5本YouTubeにアップ
するように指示を出されました。

さすがにそれはマズいので、
動画タイトルとサムネイルを
各店舗別に変えて、
各動画の概要欄から
各店舗の商品ページへ飛ぶように
してと指示をもらいました。

もちろん動画の内容も
店舗別に少し変更しています。

明らかにその時の思い付き
行動しています。

計画を立てずに思い付きで行動しても
上手くいくはずがありません。

私はステルスYouTuberで
成功経験があるので、
YouTubeについては詳しい方です。

YouTubeについても
良く勉強していました。

経営者から
各動画1万再生になるようにして
など無茶難題言われました。

普段からYouTubeを更新している
わけでもなく、
そんな簡単に再生数を
伸ばせるわけがありません。

各店舗5000再生になるまで
広告を使いましたが、
当然全く効果がありませんでした。

私は経営者から
なぜ効果が無かったのかを調べて
報告するように言われました。

効果が出なかった理由は
経営者の思い付きで
行動したのが一番の原因です。

そもそも作った動画の商品は
どこにでもある商品であり、
動画広告向けに作った
動画ではありません。

同じ動画を5本YouTubeにアップして
概要欄にリンクを貼って
各店舗の商品ページに飛ばすのも
良くわかりません。

動画1本で5店舗分の商品ページへの
リンクを貼るので良くない?
と思いました。

経営者が思い付きで指示を出した結果
広告費が無駄になりました。

今回広告を使ったのは
売れる商品でなく、
自分が売りたい商品。

原価500円の化粧品が
5000円で売られているのは
広告費にお金を
かけているからです。

最安値で利益の無い
自分が売りたい商品に
広告をガンガン使うのは
間違っていると私は思います。

自分が売りたい商品と
お客さんが求めている商品は
違います。

その商品に需要があって
自社でよく売れていて
もっと売れるように広告費を使うなら
まだわかります。

自社でもともと売れていない
利益のない
どこにでもある商品の動画を
広告に使ったところで
効果が出るはずありません。

そして何より、
私は毎日広告の動画を作る
動画のプロではありません(笑)

経営者からこんな動画を作りたいと
言われてその動画を見せられた時は
びっくりしました。

・プロのカメラワーク
・3Dグラフィック
・イラスト

私の専門外なので
もちろんそんなところまで
できるはずがありません。

専門職を軽く見られて
簡単になんでもできると思われると
あまりいい気分ではありません。

ということで今日は
YouTube動画広告の
失敗事例についてお話ししました。

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ