組織図がない会社 掃除しない 新入社員が会社を変えようと努力しても無駄に終わる話 経営者は絶対変わらない

その他
この記事は約6分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は欧米並みで
10回以上あり、
様々なネット通販会社で
店舗運営をしてきました。

ですので視野はかなり広いです。

今日の内容は
新入社員が会社を変えようと
必死に努力しても
無駄に終わる
という話です。

これは私が実際に経験したこと、
そして見てきたことです。

なぜ会社を変えようとしても
変わることはないのか?

結論から話します。

このブログで
何度もお話ししていますが、
会社イコール経営者だからです。

経営者は全ての
決定権
を持っています。

会社イコール経営者なので、
会社を変えようとしても
経営者の考えが変わらなければ
何も変わりません。

経営者が間違った判断をすれば
会社は傾き、
正しい判断をすれば
会社は伸びる。

つまり経営者の力量や判断力が
モロ会社に影響します。

そして人の意見を変えるというのは
至難の業です。

新入社員のペーペーが
経営者の考えを変えるというのは
ほぼ不可能です。

経営者も認める売上実績を
作った私でさえ、
経営者の考えを変えることは
不可能でした。

ですので新入社員がいくら
会社を変えようと努力しても
無駄に終わります。

経営者が
「この商品を売るぞ!」と言えば、
それは間違った判断で
無駄で失敗するとわかっていても
従業員は逆らうことなく従います。

私はこういったことが苦痛なので
会社で働くことは向いていません。

私の経験話をします。

スポンサーリンク

社内清掃をしよう

私とほぼ同時期に入社した同僚が
会社を変えようと頑張って
いましたが、やはり無駄でした。

その会社は高級品を取り扱った
ネット通販会社。

ですが社内はゴミやモノで
散らかっており、
とても高級品を取り扱っている
会社とは思えないほどでした。

ですので彼は「社内清掃」
強化しようと、
会議でいろいろ提案し、
頑張っていました。

社内がゴミやモノで散らかっていると
来客があった時に事務所を見られると
これは誰が見ても
ブランドイメージを低下させます。

たとえばルイヴィトンの事務所に
ゴミが散乱しているのを
想像できますか?

整理整頓がされていると
モノを探す時間も短縮されるので
生産性が上がります。

中にはホコリが苦手で
咳が出る人もいます。

掃除をしよう!

ごく当たり前のことですが、
結局誰も掃除をすることはなく、
彼の努力は無駄に終わりました。

経営者曰く、
「俺は今まで掃除をしなくても
売上を伸ばしてきた」

彼の一言
「掃除をすれば
もっと上がるのにね」

ほんと、その通りです。

組織図を作ろう

これも私の同僚の話です。

この会社は「組織図」がありません。

会社は組織であり、
特に従業員の多い会社
組織図が無いということは
まず会社としてあり得ません。

従業員が多いのに
全ての社員がすべてフラット。

これは誰が見ても
明らかにおかしいことです。

経営者から直接社員へ指示が行く、
社員が直接経営者に相談へ行く、
このように経営者と社員の距離が
近い会社
は、
必ず何か問題が起こります。

たとえば経営者が部長をすっ飛ばして
直接社員へ指示を出す、
こうなると話はとてもややこしくなり
上手くいくことも
上手くいかなくなります。

だから組織図は必要なんです。

各部署の部長、
つまりリーダーが集まって会議、
その会議での決定事項や方針を
部下に伝える。

ごく普通だと思います。

彼は会社を変えようと
組織図を作り経営者に提案。

前もってリーダー会議の日程を決めて
会社を良くしようとしていましたが、
その日程を守らない人が多く、
予定を立てても無駄に終わりました。

組織図を作っても
結局経営者がリーダーをすっ飛ばして
部下へ指示を出したりするので
結局最後はまた全員フラットな
状態に戻りました。

ビジネスとは何か?

答えは「仕組み作り」です。

経営者の仕事は…。

会社の将来のビジョンを考え、
経営者と社員との間で
考えがブレないように社員に伝える。

適材適所を考え
会社が上手く回るように
仕組みを考える。

仕組みを上手く作ることができるから
稼ぐことができるんです。

組織図が無く仕組み作りができない
会社はかなり過酷な職場であると
言えます。

彼の努力は無駄に終わりました。

強制実行

これは私が経験したことです。

経営者が
「加圧シャツを
自社ブランドにして売ろう」

社員に提案してきました。

社長
社長

これ見てフェイスブック!こいつらこの加圧シャツを
こんなに高く売ってぼろ儲けしとるらしいで。俺らも真似しようぜ、ここより安く売って
設けてフェラーリ買おうぜ!

毎日電話がバンバンかかってくるから、人雇うぞ!

このプロジェクトに関わったのは
私以外に2人いました。

私はこのプロジェクトが失敗すると
分かっていました。

失敗する理由
・先行者優位(利益)
いまから販売しても
既に競合は多すぎる。
なんの差別化もされていない商品
自らレッドオーシャン(激戦区)に
飛び込んでいくビジネス。

・広告費をケチる
高く売っているのは
広告費にお金を使っているから。
原価400円500円の化粧品が
4000円5000円で売られているのは
広告費にお金を使っているから。

・商品自体が既に末期オワコン状態
既に楽天やamazonなど、
どこにでも安く売っている商品を
自社ブランド化しても、
売るのは難しい。

・薄利
安く売っても利益は残らないので
上手くいくはずがない。

結果どうなったか?

大失敗に終わりました。

かかってきた電話は
取材関連1件と
クレームの電話1件だけでした(笑)

無駄だとわかっていても
このプロジェクトに参加した者は
会社を良くしようと頑張りますが、
経営者があまりにも勉強不足のため、
結局無駄な努力に終わります。

さいごに

新入社員が
会社のために頑張ろうとしても
殆どの場合が無駄に終わります。

そしてだんだんとやる気を失います。

私が見てきた経営者…。

俺の会社、
なんで新入社員のお前の意見を
聞き入れなあかんねん!

という思いが強くてプライドが
高い経営者が多いのでしょう。

がしかし、新入社員の言うことを
ホイホイ簡単に信じてしまう
のも
経営者としてどうかと思います。

経営者に必要なのは
いろいろありますが、
今回の内容では
「知識」「判断力」

新入社員でも
間違っていることを言ったり、
正しいことを言ったりします。

これを正しく判断するのが経営者で、
前項の「組織図」「社内清掃」
これは明らかに
正しいことだと判断できないのは
問題です。

ただしく判断できないのは
知識が乏しいという理由もあります。

若しくは単に新しいやり方が
やりにくい
など。

しかし組織図や掃除は基本的なこと。

どちらかというと
私も経営者側の人間ですが、
良いと思ったことはやってみよう!
経験上明らかにダメなことは
やらない!
という考えです。

ネット通販の商品ページ、
意味の無い場所にキーワードの
羅列をするように
経営者から指示されたことあります、
苦痛でした(笑)

とりあえずやってみて結果見て、
検証して行動しよう。

いやいや、
答え出てるから時間の無駄(笑)

年齢が若い人ほど
ビジネス経験が少ないので
共感できることは少なく、
私の経験上、
間違ったことを言っていることが
多かったです。

ピーンときたことに関しては
少し考えることもあります。

間違ってことを言った相手に対して、
データをもとに論理的に説明して
間違ってると
納得させることもできます。

ダメ!とただ一言いうだけでは
相手のやる気を削ぐ結果にも
なってしまいます。

人を納得させる上で
データや実績を元に話さず、
根拠なく「思う思う」ばかり言うのは
論外だと考えています。

いろいろ余談は入りましたが、
新入社員の方は
会社を変えようと入社して
頑張っても無駄なので、
頑張ったことを自分自身の評価にして
自分のために頑張っていきましょう。

利益のでないほとんどの会社では、
頑張ってもリターンは少ないです。

自分を高く買ってくれる会社を
探すことをお勧めします。

もしくは自分で稼ぐか☆彡

その他
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ