【自分の知識量を増やそう】ネットショップ運営 楽天やamazonなどの担当はいい加減 担当者を頼るのNG

ネットショップ
この記事は約6分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は欧米並みで
10回以上あり、
様々なネット通販会社で
店舗運営をしてきました。

ですので視野はかなり広いです。

みなさんは楽天やamazon、
ヤフーショッピングなどの
担当者を頼りに
店舗運営をしていますか?

私は担当者を頼ることはしません。

売上に伸び悩む経営者ほど
担当者を頼ろうとします。

今日は私は今までいろいろな
モール担当者を見てきました。

今日の内容は
これかモールに出店しようと
している人は絶対に注意してほしい
内容
となっています。

結論、自分の知識量を増やすことが
売上アップにつながります。

スポンサーリンク

人の不安や悩みにつけ込む

売上が伸び悩むネット通販の
経営者
ほど広告を使って
売上を伸ばそうと
します。

そして売上に伸び悩む会社ほど、
SEO対策や商品ページの作り込み、
セールスライティング、
スマホページの作り込み、
様々な部分を疎かにしています。

商品の需要にもよりますが、
広告を使う前にこういった
基本的なことをするだけで
商品が売れやすなります。

基本的なことは
・SEO対策をしっかりやろう
・商品ページを作り込もう
・商品説明をしっかり作ろう
※セールスライティング

とりあえずこんなところです。

私がヤフーショッピングの
店舗運営で経験したことです。

担当者が
・とりあえずPRオプションを
一律10%に設定しましょう。
・アイテムマッチのおまかせを
使いましょう。

など、ヤフーショッピングの
店舗運営に詳しい人であれば
明らかにモール側が儲かる
こと
をすぐに提案してきます。

実はこれでは広告を使っても
費用対効果は少なく、
大きな結果を得ることができません。

なぜなら先ほどお話しした、
SEO対策、商品ページの作り込み、
セールスライティング。

こういった
土台となる基本的なこと
アドバイスする担当者は
ほとんどいません。

たとえばPRオプションは
一律設定より個別設定の方が
無駄なPRオプション料を払わずに
効果を上げていくことができます。

担当者は広告を売るのが
仕事でもあるので、
広告を勧めてきたら、
まずは疑がいましょう。

売れ残っている広告を
安くして勧めてくることも
私の経験上よくあります。

私は楽天担当者から
「オープンしたばかりの店を集めた
特設ページの広告」

というのを買わされたことがあり、
アクセスもクリック数も
ほとんどなく、売上ゼロ。

10万円の広告費が
無駄になりました。

販売実績も知名度も
レビューもないまっさらな新規店舗、
特別売れるアイデア商品でも
激安品でもなんでもない、
他社競合の多い商品。

商品点数が10点ほど。

広告を使っても
その企画ページにたくさん他店が
載っているので、
もちろんクリックもされにくい。

無残な結果でした。

このくらいのことは
広告を勧めてくる担当者は
わからないんでしょうか?
と疑問が残ります。

この時私が知識と経験が豊富であれば
広告を買うことはしませんでした。

売上を上げたい!という
人の不安や悩みにつけ込んで
広告を売ろうとする担当者
多いように思います。

勧めてくる広告費が適当

自分が知識や経験が豊富であれば
担当者を頼ることはまずしません。

私は担当者を一切頼らずに
いろいろな会社で売上を
上げてきました。

ヤフーに関しては毎回
PRオプション一律設定しましょう!
という話ばかりしてくる担当者が
いたので、うんざりでした。

私がとある会社に
勤めていた時の出来事、
楽天担当者は
「秋ごろには売上〇〇万にしよう」
「そのためには〇〇万の
広告費を使おう」
と毎月の広告費プランを
見せられました。

がしかし、
私はそれを無視して
その翌々月くらいには
その担当者が言った売上に到達し、
それ以降連絡してくることが
なくなりました(笑)

その勧めてきた広告費はなんと、
売上の3分の1ほどの広告費です。

たとえば売上が1000程あったら
広告費は300万。

私は30万~50万のRPP広告
担当者の言った売上に到達しました。

少ないときは
10万の広告費で十分でした。

なぜなら前項でお話ししたように、
SEO対策やページの作り込みなど
基本的なことをしっかりやった上で
RPP広告を使ったからです。

担当者が勧めてきた広告費より、
断然安い広告費で高いROAS。

担当者は単に広告で
解決させようとしますが、
私は販売戦略を考えた上
自分の判断でRPP広告を
使うことにしました。

担当者から販売戦略についての
はありませんでした。

広告費、
担当者がどれだけいい加減なこと
言っているのかが
良くわかりました。

1500万泥棒

私が勤めてたとある会社の
自社ブランド、
amazonの検索で当時1800位
くらいでした。

世界的に有名なブランドより
検索順位が上で
よく検索されているブランドです。

amazonには
ブランドスペシャリスト契約
というのがあり、
記憶によると年契約1500万で
担当者がつきます。

経営者曰く、
この契約をしたら売上が下がり
始めたそうです。

私はこの担当者と打ち合わせを
したことがあるのですが、
ぜんぜん大したことなかったです。

売れる商品とは他社の商品と
差別化できている商品です。

それがたとえ競合の多い
レッドオーシャンでも
差別化ができていれば売れます。

ブランド名で検索する人は
先ほどお話ししたように
1800位です。

なのにそのブランド名で
キーワード広告を使うって
意味なくないですか?

しかもこの商品は
amazonに他の競合はいません。

この会社だけamazonで販売権を
持っている自社の
オリジナルブランド商品なんです。

現にキーワード広告を止めても
売れなくなった!ということは
全然ありませんでした。

この商品が売れていたのは
ブランドスペシャリスト契約ではなく
明らかにブランドそのものの
ブランド力(商品力)でした。

この会社の商品は口コミで広がって
知名度を上げています。

つまり広告で魅せるより口コミの方が
第3者からの意見を
聞くことができるので、
広告より全然信用性があって、
効果があるんです。

担当者に丸投げで任せていたら
1か月に70万~100万も広告費を
使っていました。

検索のキーワード広告の
無駄遣いです。

検索キーワード広告を止めても
売り上げは順調でした。

そしてその広告費は無駄であると
わかりました。

担当者がいかにいい加減なのかが
よくわかりました。

他にもいろいろあったのですが、
この仕事っぷりで年契約1500万は
まずあり得ませんでした。

経営者も同じことを言っており、
メリットが全く感じられずに
解約しました。

1500万使うなら
TVCMやった方がマシ、
とまで言っていました。

解約が決まった日から
まだ数日残ってたのですが、
連絡が取れなくなりました。

それってどうなのよ?

このブランドスペシャリスト契約
の私の体験についてもう少し
知りたい方は
こちらの記事をお読みください。

さいごに

担当者を頼るとほとんどの場合は
搾取されます。

搾取される理由として、
自分自身の知識量が少なく、
人を頼りすぎる結果に
なってしまう
からです。

そうならないためには
どうすればいいか?

実はとても簡単で、
毎日積み上げて勉強や情報収集を
すれば知識量は増えるので
騙されにくくなるんです。

例えば税金の知識を知っている人と
知らない人とでは、
知識がある人の方が、
払う税金を安くすることができます。

これと同じなんです。

日本人の社会人の1日あたりの
平均勉強時間はたったの6分なので、
1日1時間勉強や情報収集など、
こういったことをするだけで
簡単に勝てちゃう社会なんです。

ですので知識量さえあれば
担当を頼らずに売上を伸ばすことは
可能なんです。

自分の知識量と経験
判断力や基本に忠実なこと。

これ重要です。

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ