ネットショップ運営者はエクセル必須 エクセル(CSV)を覚えないと効率が悪く時間の無駄

ネットショップ
この記事は約4分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は欧米並みで
10回以上あり、
様々なネット通販会社で
店舗運営をしてきました。

ですので視野はかなり広いです。

もしネットショップをするのであれば
エクセルを覚えることを
おすすめします。

なぜならネットショップ運営で
エクセルを使えないと
とんでもなく仕事効率が悪く
なってしまう
からです。

私も最初はエクセルを
使うことができず、
ネットショップ運営の仕事を
していく上で
いつの間にか覚えていました。

今日は私が昔勤めていた
倒産したネット通販会社の
経営者(雇われ社長)
についてお話しします。

彼は社内のリーダー的存在で、
商品の仕入れや指示、
価格設定、出品など
いろいろな仕事をし、
従業員を引っ張っていく
ポジションにありました。

ですがエクセルはほとんど
使えませんでした。

※彼の仕事内容はもはや経営者の
仕事ではありません(汗)

私は彼にエクセルを覚えるように
提案したのですが、
「今の俺には覚える必要はない」
「学校に行く気はない」

と言い返されました。

私は( ゚д゚)ポカーンとなりました。

彼がエクセルを覚えていたら
どうなっていたか?

スポンサーリンク

仕入れ計算が早い

彼は商品仕入れの際、
仕入れの合計金額の計算を
レシートを見ながら…、
なんと電卓を叩いてやっていました。

デジタルなネットの仕事なのに
やっていることはアナログ

これには驚きました。

誰がどう考えてもエクセルに入力して
計算した方がミスが少なく速いです。

彼がエクセルを使えたら、
仕入れ計算が速くでき、
新商品の出品ももっとスムーズに
できていました。

データ作成

自分ができない
アクセスや売上などのデータ作成を
部下に任せるのも良いことです。

しかし、
ちょっとしたデータが欲しい時に、
その都度いちいち部下に依頼すると、
部下の時間を奪うことになります。

自分が知りたいデータは
最初から自分で自由にサクっと
作った方が速い場合もあります。

データは嘘はつかないので、
分析して正しい判断をすることが
しやすくなります。

彼がエクセルを使えたら、
彼自身でデータを作って分析をして、
いろいろ戦略を考え、
少しでも良い方向へ向かって
会社経営ができていたと思います。

CSV一括作業

ネットショップ運営者必須のスキル、
CSV編集です。

ネットショップ運営でCSVを
使えないということは
デメリットしかありません。

彼はamazonやヤフオク、ヤフーを
担当していましたが、
エクセルを使えないので
もちろんCSV編集もできません。

CSV編集とは何なのか?

商品名、在庫数、商品タイトル、
商品価格設定、ポイント設定、
商品説明、HTML編集などを
一括で変更や修正ができます。

VLOOKUP関数
ネット通販運営では常識です。

商品点数が多ければ多いほど
CSVで一括作業をすると
大幅な時間短縮になります。

たとえば管理画面に入って
1個ずつ商品価格をセール価格に
変更する作業はとても時間が
かかります。

ですがCSVを使えば、
商品点数が1万点以上あろうと、
20%OFFのセール価格の計算も
一瞬ででき、
実際の価格変更も一瞬です。

彼はCSV編集ができないので、
とても仕事の効率が悪かったです。

もし彼がエクセルを使えたら、
CSVの一括作業で
一瞬で作業が終わり、
もっと違う作業に時間を使うことが
できたでしょう。

さいごに

彼は売上報告書をメモ帳で作って
プリントする人なので
エクセルが苦手なのはわかりますが、
エクセルが使えないから
毎日15時間前後も仕事を
してしまうんです。

仕事をするうえで、
いつまでも同じレベル
とどまっていてはいけません。

新しいことを覚え、
新しいことを取り入れたり
することが大事です。

いつまでも時代遅れの古いやり方は
長続きしません。

効率のいいやり方を考えたり
探したりして毎日積み上げれば
いつの間にか爆速で効率よく
仕事ができるようになっています。

私がこのタイプです。

時間のかかりそうな作業は
どうすれば速く終わらせることが
できるか?

経営者イコール会社そのものなので、
経営者の能力がモロに
会社の業績に影響します。

ということで今日は
ネットショップ運営者は
エクセル必須である
というお話しをしました。

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ