ネットショップ運営 「楽天やヤフーなど トップページは見られないから適当でいい」は大間違いである

ネットショップ
この記事は約2分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は欧米並みで
10回以上あり、
様々なネット通販会社で
店舗運営をしてきました。

ですので視野はかなり広いです。

私が昔勤めていた会社でのことです。

その会社の楽天の店の担当者が
商品ページからのアクセスが多い
トップページは誰も見てないので
トップページは作り込む必要なし。
俺が客ならトップページは見ない!

と言っていました。

私はこれを聞いた瞬間、
明らかにおかしいと思いました。

今日はネットショップの
トップページについてお話しします。

スポンサーリンク

トップページは重要

ネットショップのトップページとは
何なのか?

答えは「お店の顔」です。

トップページを作り込まずに
放置
しているということは
店の顔、さらには会社の名を
汚していることになります。

トップページを見ているのは
客だけではなく、
取引先や他の会社、
更には面接希望者に至るまで
いろいろな人が見ています。

ですのでトップページは見られてない
からと言って手抜きをして
トップページを作ることは
止めましょう。

自社ブランド

たとえば自社商品のブランディングを
するにおいて、
トップページが低クオリティーだと
周りからそのようなブランドだと
思われます。

これは実際にあったことですが、
自社ブランドを販売している会社で
勤めていた時のことです。

私はTOPページや商品ページを
ブランドに合うように
ページを作りました。

商品自体は元々売れていましたが、
ちゃんと商品ページを作って
SEO対策をしてRPP広告を使うと
更に売上が上がりました。

おそらく経営者の想像を超えた
売上だったと思います。

そして現在、
この会社のネットショップの
トップページを見ると、
とんでもなく酷いトップページ
なってしまいました。

商品ページも同様、
デザインによるブランディングの
重要性
を理解していません。

そのようなページになる理由は
経営者の考えがブレまくるので、
下で働いている人もブレます。

私がこの会社を辞めてから
売上が下がったと聞きました。

ブランディングは商品だけでなく、
店の雰囲気や従業員の接客、
ネット通販サイトのデザイン
なども
含めてブランディングになります。

さいごに

ネットショップの
トップページは見られていない
からといって適当に作ったり
放置したりするのは
絶対にやめておきましょう。

自社商品のブランディングを
しているなら尚更です。

ということで今日は
ネット通販のトップページについて
お話ししました。

動画

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ