ネットショップ【購買意欲】セールやポイント変倍 RPP広告を使うタイミング ネット通販 楽天など

ネットショップ
この記事は約2分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は欧米並みで
10回以上あり、
様々なネット通販会社で
店舗運営をしてきました。

ですので視野はかなり広いです。

今日はセールやポイント変倍、
RPP広告を使うタイミングについて
お話しします。

結論から言いますと、
客の「購買意欲」が高いときです。

購買意欲が高いときは
どのようなときか?

たとえば楽天の場合は
・楽天スーパーセール
・お買い物マラソン
・5と0のつく日
といった企画の時です。

この時にお客さんの購買意欲は
グッと上がります。

購買意欲が高いときに
セールやポイント変倍をすると
転換率が上がりやすくなります。

モールでの店舗運営は
こういった企画の時がチャンスで
モール自身が集客をしてくれるので
アクセス数がグンと伸びます。

購買意欲が上がって
転換率が上がるので、
RPP広告を設定しておくのも
良いでしょう。

では逆に購買意欲が下がる時
どのような時なのか?

答えはセール前セール後です。

たとえば楽天スーパーセールでは
1日~3日前のスタート前は
お客さんは買い控えをします。

そして初日にドーンと売上が上がり、
セール後は売上が下がります。

ですが私の経験で、
セール後も売り上げが下がることなく
何故か順調に売れることも
ありました。
※理由不明

検索順位が上がったり
ランキングに載ったりしたのかな?

ということで、モールがイベントで
集客してくれるタイミングを見て
広告やセール、ポイントを
上手く使っていきましょう。

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ