ネットショップ 広告で売る方法 広告に頼るほど迷走する 見直す点 RPP広告 楽天 ネット通販

ネットショップ
この記事は約3分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は10回以上あり、
様々なネット通販会社で
店舗運営をしてきました。

私の経験上「売上が伸びない」
と悩んでいる会社は
すぐに広告に頼ろうとし、
結局上手く店舗運営できません。

つまり、お金を使って解決
しようとします。

焦る気持ちはわかります。

例えば広告、
広告を使う前にやるべきこと
たくさんあるのですが、
それをしないですぐ広告に頼る
ことはしてはいけません。

そのやるべきこととは何なのか?

商品ページを作り込む!
ということです。

いやいや当たり前でしょ!
って思うかもしれませんが、
意外とコレができていない
ネット通販会社って多い
気がします。

不完全な商品ページ。
作り込まれた商品ページ。
広告を使った場合、
売れるのはどちらですか?

もちろん作り込まれた
商品ページです。

この作り込みこそ、
売れている店と
売上に伸び悩む店との
差でもあります。
※商品力や需要もあるけどね

まぁ、型番商品とか
値段勝負の最安値合戦を
している商品は
難しいかもしれません(汗)

ページのクオリティが高くなれば
それだけ商品やお店の
信用度が上がるので
お客さんは安心して購入できる
メリットがあります。

企業は利益を出さない
といけないので、
商品ページの作り込みは必要です。

そして商品ページを見ているのは
お客さんだけでなく、
企業や取引先も見ているので
商品ページ作成をおろそかにしては
いけません。

余談ですが、
宝石店がダイヤを半額にしたら
売れなかったが、
価格を2倍にしたら完売した、
という話があります。

高くしたら売れた理由は
安いから不安、
高いから安心という
人間の心理からきています。

話を戻します。

実際に見てきたことですが、
キーワードを無駄に羅列したり、
同一商品を複数出品したり、
お金を使って解決(SEO業者に依頼)
しようとする。

着眼点がこういった部分にあるので
基本的な部分、
つまりページの作り込みの
重要性になかなか気付きません。

商品ページが雑(不完全)でも
商品力があるので、
広告を使っても売れるよ!

という場合がありますが、
商品ページを作り込んで
完成させれば転換率が上がり
もっと売れるようになります。

ですので広告を使う前に、
まず商品ページを
見直してみましょう。

・セールスライティング
⇒商品説明、キャッチコピー
・デザイン
・画像のリタッチ
⇒色調整、くっきり加工など
・SEO

私は今まで10回以上転職して
いろいろ見てきましたが、
これらのことをよく理解していない
経営陣または上司ほど
すぐに広告に頼ろうとします。

私はこれらのこと
をよく理解しているので
広告を使う前は
まず商品ページを必ず見直します。

たとえばSEO、
狙いたいキーワードが入っていないと
RPP広告は無駄になります。

RPP広告で
半袖のTシャツを売りたいのに
商品タイトルに「半袖」と
入っていないだけで
広告の効果は落ちます。

なので私はRPP広告を使う前は
キーワードを見直します。

話は変わりますが、
素人が作ったクオリティ、
プロが作ったクオリティ、
商品が売れやすいのは
もちろんプロのクオリティです。

素人のクオリティで
商品ページを作り込むことは
間違っています。

ちゃんと基本に忠実な
プロのクオリティで
商品ページを作ってください。

ということで、
広告を使う前は必ず
商品ページを見直してください。

商品ページのクオリティを
上げましょう。

やれることは全部やって
そして少しでも転換率を上げる
努力
をしていきましょう。

この重要性に気付いてくれた
人がいたら嬉しく思います。

商品の魅力を最大限に魅せる
努力をしましょう。

それでも売れない
場合もありますが(汗)

それは需要や先行者優位、
競合の多さが問題かと…。

まぁ、やらないで後悔するより
やって後悔したほうがいいですよね?

スポンサーリンク

動画

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ