ネットショップ【中身入れ替え】ネット通販会社 こんな運営ありましたシリーズ#001

ネットショップ
この記事は約2分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を
15年以上しています。

転職回数は10回以上あり、
いろいろなネット通販会社で
働いてきました。

ですのでいろいろな社員や経営者、
を見てきました。

そしていろいろな店舗運営などを
経験してきましたので、
視野はかなり広いです。

他の会社ではどのような
ネット通販運営をしているのか?

みなさん気になる
ところだと思います。

この記事はシリーズ化して
いろいろ書いていきたいと思います。

今日は第1回目です。

テーマは
「商品ページの中身入れ替え」です。

7年~8年くらい前の話になります。

楽天では
商品が売れて商品レビューが付くと、
検索で優遇されて
上位表示されやすくなります。
※当時の話

ですので新商品を入荷した際、
完売して商品レビューが付いた
商品ページの中身を
新商品に入れ替えていました。

商品ページの再利用です。

もっと分かりやすく言えば、
完売した商品レビューが付いている
古い商品ページの
・商品写真
・価格
・商品説明
を新商品に変更していました。

すると商品レビューが
最初から付いているので
いきなり新商品を検索上位に
載せやすくなります。

Google検索では古いドメインが
検索で優遇されるように
楽天でも古いページが
優遇されるということは
多少はあるように感じます。

新規登録した新商品は
商品レビューも販売実績も
なにもないので、検索ですぐに
上位表示させることは不可能です。

いきなり検索上位に
載せやすくするのを可能にしたのが
商品ページの中身の入れ替えです。

正直なところ私はこの方法は
好きではありません。

なぜなら、
中身を入れ替えることにより、
新商品と商品レビューの内容が
合わなくなるからです。

これはお客さんのためになって
いないので、
自分の店がただ売りたいがための
行動であると言えます。

たとえばファッション関係、
サイズ感のレビューが書いてあって
そこに別の新商品に
中身を入れ替えたら
そのサイズ感のレビューは
無意味になります。

商品レビューを参考にして
商品を購入する人もいるので、
この方法は私は反対でした。

ちなみにamazonは
この中身の入れ替えはできません。

ということで今日は
私が実際に見た店舗運営の
中身の入れ替えについてでした。

お客さんのためになる
売り方をしていきましょう。

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ