【怒鳴る社長】経営者がやりがち 社員のやる気が消失 経営者の言動5選 優秀な人材ほど退職します

その他
この記事は約5分で読めます。

私の転職回数は10回以上あり、
いままでいろいろな経営者を
実際に見てきました。

今日は経営者がやりがちな
従業員のやる気を無くす言動を
お話しします。

これをやると確実に
優秀な社員は去っていきます。

さらに社内は愚痴や悪口であふれて
職場環境が悪化します。

私が実際に目の当たりにした
ことを5つ
お話しします。

スポンサーリンク

現場に細かい口出し

経営者が現場に現れると
ややこしくなるということを
聞いたことはありませんか?

私が見たことをお話しします。

ネット通販会社、
急に経営者が倉庫にやってきて、
「ここはなぜこうなっている?」
「ちゃんと説明して!」
「ここはこうしろ!」
と倉庫の担当者が言われた時、
その倉庫の担当者は
どう思うかわかりますか?

普段から倉庫と関わりのない、
倉庫について詳しくない経営者に
イチから説明するのが
非常にめんどくさい
です。

これが話がややこしくなる原因です。

時間の無駄で話したところで
殆どなにも変わりません。

倉庫という現場を任された
担当者ということは
裁量権はその担当者にあります。

裁量権があるということは
その部署を任されている
ということになります。

普段倉庫に来ない経営者が
その担当者に
いろいろ口出しをすることが
やる気を無くす原因になります。

そしてその部署の担当なのに
いろいろ口出しをされることで
信用されてないと感じ、
信頼関係も失われます。

任された自分の領域
入ってこられて
いろいろ小言を言われるって
いやですね?

そもそも経営者の仕事は
・将来の会社のビジョンを考える
・社員の適材適所を考える
・会社の仕組みづくりを考える

他にもあるかもしれませんが、
この3点を挙げます。

つまり、
人に仕事を任せることのできない
経営者がいると
職場環境が悪化します。

更に言うと、
経営者と社員との距離が近すぎる
両者間で問題ばかり起こります。

これは私が実際に見てきましたし
私自身も経験があります。

専門家の意見を無視

結果を出している
その道の専門家に対して
素人の経営者が意見を言うのは
あまりよくありません。

例えば家を建ててもらうなら
・プロの大工さん
・趣味でDIYが好きな人
どっちがいいですか?

当然、プロの大工さんです。

私はネットショップで
商品ページを作る仕事をしています。

つまりデザインのプロです。

経営者が
「ここをもう少しこうしてくれ」
とデザインを指摘してました。

私は希望は聞き入れますが、
基本から外れたこと
したくありません。

・配色
・配置
・スペーシング

デザインの素人はこの辺のことを
理解していないので、
プロに対してこれを
強制的に自分の希望を押し通す
ことは絶対にやってはいけません。

私はいちど
経営者の言うとおりの配色で
チラシを作りました。

すると

「しっくりこねぁな、
じゃあ次はこの配色で」

これで何度も修正させられ、
最後は。

「まかせるわー」

ってなりました。

さすがにこれには
非常にイライラします(笑)

これは苦痛でしかなく、
信用されていない
感じるようになります。

デザインの知識がない素人が
プロに基本外れなことをやらせる。

絶対にあってはならないことです。

素人の社長にデザインの専門の話を
してもまともな会話ができません。

なぜなら素人のデザイナーの作品に
惹かれる社長だったからです。

基本についても説明するので、
イチから説明するのが
非常にめんどくさいんです。

前項目と同じ結果になりましたね(笑)

仕事を軽く見ている

経営者は社員の仕事を
決して軽く見てはいけません。

私の仕事(デザイン)のスピードは
めちゃくちゃ速いので、
経営者からすると
かんたんにできると思われます。

なので次々とデザインの仕事を
頼まれます。

つまり、
デザインは量産できる!
と思われています。

デザイナーからすると
とても不愉快です。

そして経営者が
従業員の仕事を軽く見ると
あることが起きます。

それが次の項目です。

無茶ぶり

経営者と社員との距離が近いと
問題が起こりやすいと
お話ししました。

経営者から直接指示が飛んでくると
これも問題が起こります。

私が実際に見たことですが、
経営者が社員の仕事を軽く見ると
社員の負担が大きくなります。

私の同僚が社長からある印刷物の
デザインと作成を依頼され、
徹夜残業をしていました。

彼は40時間以上寝ずにぶっ通し
起きていたこともあります。

徹夜残業は2回やらされていました。

経営者はその社員の限界を
超えた無茶ぶりをさせました。

こういったその人の
限界を超えた無茶ぶりは
やる気を無くさせる結果になります。

少し話は変わりますが、
よい無茶ぶりというのがあり、
その人の能力の限界を少し超えた
無茶ぶりをすると、
その人の能力アップにつながります。

怒鳴って他人と比べて叱る

これも私が実際に見たことです。

経営者がこのように
怒鳴り声付きで叱っていました。

「こいつはこんなに仕事ができるのに
なんでお前はできないの?」

どこがいけないのか?

人は他人と比べられて叱られると
やる気を失います。

相手が怒鳴っているということは
興奮状態です。

つまり、興奮状態なので
冷静な判断ができません。

冷静な判断ができない状態で
会話をしても何も通じません。

言い返すと
油に火を注ぐような状態なので
何も言わない方が無難になり、
黙ってしまいます。

黙ってしまうと
なんでミスをしたのかを
話すこができないので、
何も改善できません。

落ち着いてから話すのがベスト
なんです。

私も経験があって、
とある経営者が私に対して
怒鳴ろうとしていました。

そこで私は
「落ち着いてから話ましょう」
と一言いいました。

すると数時間後に
落ち着いた状態で話をすることが
できました。

ちなみに、仕事と関係のない
言葉はパワハラになりますので
怒鳴るときは注意しましょう。

さいごに

経営者と社員の距離が近いほど
問題が起こりやすく、
中小企業でよくあるのでは
ないでしょうか?

経営者が知らず知らずのうちに
正社員に対してやってしまうこと。

・現場に細かい口出し
・専門家の意見を無視
・仕事を軽く見ている
・無茶ぶり
・怒鳴って他人と比べて叱る

これらをやってしまうと
優秀な社員は必ず去っていきます。

残された社員はやる気がないので、
結果生産性が悪くなり、
職場の雰囲気が悪くなり、
会社が悪い方向へ向かいます。

社員は労働基準法で守られているので
そう簡単にクビにすることは
できません。

ということで
これらの言動をやってしまうと
人間関係や信頼関係を
気付くのは難しくなるので
注意してください。

経営者の能力を
最大限に活かすのが
従業員の役目

売れるビジネスで
従業員を引っ張るのが
経営者の役目 by永井


その他
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ