【ビジネス経験談】ネット通販運営 業績が伸びるとライバル店から文句や苦情が来ます 仕入れストップ いやがらせ 難癖 クレーム

ネットショップ
この記事は約5分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースを運営しています。

そして15年以上
ネット通販運営の仕事をしています。

私の経験上、ビジネスでは
周りのライバル店の売上を抜いて
自分のビジネスが軌道に乗って
優位になると
嫉妬して文句を言ってくる
人間がいます。

今日はネット通販運営で
実際に経験したことをお話しします。

みなさんのビジネスも
軌道に乗って目立ってきたら
同じことが起こるかもしれません。

スポンサーリンク

実際にあったこと1

私はネット通販で自分の店を開いて
オープン3か月目で月商300万
達成したことがあるのですが、
とあるライバル店から
文句がメールで届きました。

あなたが使っているその写真、
背景は肖像権違反ですよ!

このような文句がメールで
届きました。

この文句がメールで届いた理由は
たぶん私の店がそのジャンルで
目立つ店になったことにより、
ライバル店の注文が減ったためです。

私がよく行くお気に入りの
撮影スタジオで撮影した
オリジナルの商品写真なので
肖像権についてはなんの問題も
ありません。

屋外撮影の写真もあります。

一応そのメールに返信しましたが、
なにも返事は返ってきませんでした。

ただの嫉妬です。

実際にあったこと2

前項目の続きです。

私は仕入れ先から商品を仕入れて
ヤフーショッピングで
販売していました。

すると、
同じところから仕入れている
ライバル店から苦情が入りました。

通常、この仕入れ先から
商品を仕入れる際は
送料がかかります。

ですが私の場合は家の近くに
この仕入れ先
があったので
仕入れ会社で直接商品を
受け取る
ことができます。

なので仕入れ先からの
送料がかからない分、
少し安く販売することが
可能でした。

送料分安く販売してもいいと
仕入れ先から許可をもらってました。

仕入れ先にライバル店から
苦情が入ったらしく、
仕入れ先からその苦情を聞きました。

仕入れ先の指示で
私は価格を高くしました。

ですのでメリットを活かすことが
できなくなりました。

仕入れ先も私と同じで
ヤフーショッピングで
同じ商品を販売していたのですが、
私がその仕入れた商品
検索1ページ目を独占
したことにより、
次は仕入れ先から苦情が入って
仕入れを止められました(笑)

実際にあったこと3

私がとあるメーカーで
ネット通販の運営をしていた時です。

この会社ではメーカーが
代理店に商品を卸していました。

そしてメーカーも代理店も
楽天に出店
していました。

楽天内に
売上ナンバーワンの代理店があり、
私が担当するメーカーの店舗が
ナンバーツーでした。

そもそもメーカーより
代理店の方が売り上げがある
って
かっこわるくないですか?(汗)

このメーカーの商品キーワードで
ナンバーワンの代理店が
検索1ページ目の上位40商品ほど
独占していたのですが、
私がメーカーの店舗を運営すると
検索1ページ目に25商品ほど
載せることに成功
しました。

私が商品名に
「公式ストア」といれると
代理店が英語で
「OFFICIAL STORE」
入れるようになりました。

いやいや、代理店は
公式ストアじゃないです(笑)

メーカーと代理店との間で
チャットグループがあり、
ポイント5倍や割引クーポン
する際はチャットで告知して
情報を共有
するという
ルールがありました。

しかしその代理店は
告知なしで勝手に割引クーポン
するようになりました。

ナンバーワンの代理店の社長から
メーカーの社長に苦情が入り、
私とその代理店の社長とで
話をすることになりました。

私は楽天の担当者から
とあるデータをもらっており
私の推測ですが、
代理店の売上から300万ほど
売上を奪うことに
成功していました(笑)

私が勤務するメーカーの社長から
「代理店にやる気を出させるために
売り上げをブチ抜いてくれ」

と頼まれていたので、
私は容赦なくガンガン攻め、
言うとおりに実行しました。

話をもどしますが、
その代理店の社長と話した内容。

メイン画像に公式ストアと書くのは
楽天の違反になりますよ?

私がメイン画像に公式ストアと書いて
RPP広告で上位表示していたことが
気に入らなかったのでしょうか?

メイン画像に文字を入れましたが、
楽天のシステムによる画像判定
オール〇でなんの問題もありません。

そして1ヵ月に使うRPP広告費の
上限
を指定してきました。

どのくらいの広告費を
使っていたのかは
書くことはできませんが、
5分の1まで減らされました。

広告費の上限は代理店も同じです。

私は代理店の1ヵ月のRPP広告費を
調べたところ、
軽く予算を超えていました(笑)

私はその予算での広告運用も
楽勝でした。

レンタルスペース

以前ツイッターで私は
このようなツイートを見ました。

レンタルスペースの
ポータルサイトで低評価を付けられて
で検索順位が大幅に下がった!

といったことがあったようです(汗)

これはライバル店による
★1ではないようです。

先ほどお話ししたように、
ネット通販運営で私の店が目立ち、
ライバル店の注文数が
減ったことが理由で
文句のメールが届きました。

私はこういった経験がるので、
レンタルスペース運営も
自分のエリアでナンバーワンの
レンタルスペース
になった場合、
ライバル店から予約が入って
★1付けられることもあるのでは?
と思いました。

★1付いただけで
検索順位がガクーンと下がる。

これは怖いですね。

さいごに

自分のビジネスが上手くいかない!
追い抜かれた!
からと言ってライバル店に嫉妬して
妨害するのはよくないことです。

自分の業績が芳しくない、
これは運営している自分が
一番の原因です。

売上を伸ばす人は
しっかりとリサーチをしたり、
しっかり学んで知識を増やして、
努力して試行錯誤して
行動しているからです。

努力をしている人が
同業者から妨害を受ける。

これはあってはならないことです。

相手に文句を言ったり、
変なことで引きずり落とすことより、
自分のスキルを伸ばしたり、
知識を身に付けたり、
実力を身に着けて堂々と
勝負することが
自分を成長させるので
そうするようにした方が良いですよ?

そうしないと淘汰される時代は
既に来ています。

ということで
私もレンタルスペース運営で
ライバル店に抜かれないように
いろいろ試行錯誤して
3ヵ月連続エリア1位
から落ちないように
頑張っていきます。

情報発信は自分が学び続けないと
ネタ切れになって情報発信が
できなくなってしまうので、
どんどん学んでいきたいと思います。

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ