【初心者向け】レンタルスペースのポータルサイトの成約手数料は高すぎるけど価値はある 副業

レンタルスペース
この記事は約3分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースを運営しています。

今日の内容はこれから
レンタルスペース運営を始めたい人、
始めたばかりの人向けに
なっています。

スポンサーリンク

成約手数料

レンタルスペースは
副業としてもおすすめで
場所を間違わなければ
稼ぐことができるビジネスです。

レンタルスペースの集客は
・スペースマーケット
・インスタベース
・スペイシー
といったポータルサイトに
自分のスペースを掲載して
集客します。

ですがポータルサイトには
成約手数料というのがあり、
売上に対して手数料を払わないと
いけません。

この成約手数料が
めちゃくちゃ高いです。

・スペースマーケット:30%
・インスタベース:35%
・スペイシー:30%

例えば100万円の売上があったら
手元に残るのは
65万円~70万円です。

めちゃくちゃエグいです。

ポータルサイトの集客力は魅力で、
自分のスペースを載せる価値は
十分にあります。

しかし、いつまでも
ポータルサイトに頼っていると
手元に利益が残りません。

ですので
自社サイトでの集客が必須です。

ポータルサイトでの集客は
最初は自分のスペースを
知ってもらうために
成約手数料は広告費だと思って
集客しましょう。

たとえば自分のスペース内に
「自社サイトで予約すればお得」
という案内を貼って
自社サイトに誘導するといった
方法があります。

ポータルサイトから予約してきた
お客さんを逃さないように
しましょう。

※ポータルサイトで自社サイトへの
リンクは規約違反になります。

自分の店の顧客(ファン)が増えれば
広告費(手数料)は
必要なくなります。

利用者に満足してもらうために
設備や備品の購入、
部屋のメンテナンスなど
店を継続していくために
しっかり利益を取ることは必要です。

ネット通販

少し話は変わりますが、
私はネット通販の仕事を
15年以上しています。

楽天やamazonといった
モールの集客に頼っていたら
いつまでも販売手数料を
取られ続けて利益が出ません。

そしていつBANを食らって
退店してしまうかもわかりません。

プラットフォームに頼った
運営は安全ではないと言えます。

BANされると顧客リストも
一瞬で消えてしまいます。

ですのでネット通販も
自社サイトを作って自社サイトで
利益がでるように
運営しないといけません。

レンタルスペース運営も同じで
手数料35%取られ続けると
稼ぐことが難しいので、
自社サイトで予約が入るように
していきましょう。

ブランディング

自社サイトで予約が入るメリットは
ブランディングにも関係しています。

例えば買い物客が楽天で
ブランド品を買ったとします。

この場合、買い物客は
「楽天で買った」という
イメージが強くなっています。

しかしそのブランド品が
公式サイトで購入されると
「ブランド店で買った」
というイメージが強くなるので、
これがブランディングに繋がります。

レンタルスペースで自分の店の
ブランディングをするなら
公式サイト(自社サイト)で
予約が入るようにしていきましょう。

さいごに

レンタルスペースのポータルサイトの
成約手数料は高すぎるので
最初は広告費と思って
集客しましょう。

店をオープンしたばかりの時は
ポータルサイトでの集客は
とても大事なので、
高い成約手数料を払う価値は
十分にあります。

利益を出して
店舗を継続していくためには
自社サイトを作って
ここで予約してもらえるように
運営していきましょう。