【予想外の出費】レンタルスペースの開業資金は余裕を持って準備しよう

レンタルスペース
この記事は約3分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースを運営しています。

聞いた話によると、
レンタルスペースはこれから
どんどん成長していくビジネスです。

ですのでレンタルスペースを
始めてみたい人も多いと思います。

今日の話の結論から言うと、
開業資金は余裕を
持って準備しておくことを

おすすめします。

私のレンタルスペース開業に
かかった費用は、
私が予想していた金額の
2倍近く
ありました。

余裕を持って開業資金を
準備していたのですが、
思っていたよりずっと
開業資金が多く必要だったので
凹みました(笑)

一体何にそんなにお金を使ったのかを
お話しします。

スポンサーリンク

エアコン取付

私のスタジオはビルの一室にあり、
入居前は「置き型エアコン」が
設置してありました。

このエアコンはうろ覚えですが、
朝9時から夜の9時まで動いています。

これだと電気代が高すぎるので
この置き型エアコンを管理会社に
ゼロ円で撤去してもらうことに
なりました。

ちなみに5月の
電気代は1500円でした。

管理会社が言うには
室外機は天井裏に置けばいいので
自分で新しくエアコンを買って
設置しても良いとのことでした。

私はヤマダ電機でへ行き、
見積もりをもらう事にしました。

すると、
家庭用のエアコンは設置できない、
室外機は天井裏に置けない、
とのことでした。

私は管理会社に連絡しました。
すると管理会社が言っていたのは
「天カセエアコン」のことでした。

仕方がないので私は
天カセエアコンを購入することに
しました。

管理会社が言うには、
天カセエアコンの取り付け費用は
無料でいいので、
本体代と部品代だけ負担してね
とのことでした。

天カセエアコンを取り付けるのに
かかった費用はなんと
30万でしたorz

思いもしない出費でした。

天カセエアコンの取り付け時、
この業者(管理会社)に
クッションフロアの
5~6か所にキズを付けられましたorz

保証会社

賃貸を借りる際、
必ず保証人が必要です。

しかし私には家族や親戚といった
保障人になってくれる人はいません。

ですので保証会社を利用しました。

賃貸契約をする際、
保証会社に支払う金額は
家賃の1ヶ月分でしたorz

開業するだけで
思いもしない出費で
どんどんお金が減りますorz

家賃2か月分先払い

これについては私が無知でした。

賃貸を契約する際、
礼金や敷金などいろいろありますが、
最初に支払う家賃は2か月分だと
知りましたorz

さいごに

余裕をもって開業資金を
準備しておいてよかったと思います。

開業資金は50万でできるよーとか
そういった情報もありますが、
これからレンタルスペースを
始める人は必ず余裕を持って
開業資金を準備
しておきましょう。

お金は使うのは一瞬ですが、
貯めるのはホント難しいですよね。
※例外アリ

ということで今日は
レンタルスペースの開業資金に
ついてでした。

動画