【ネット通販会社】adobeのPhotoShopとIllustratorの違い(フォトショップとイラストレーター)

ネットショップ
この記事は約3分で読めます。

私はネット通販運営の仕事を15年以上
してきました。

私はデザインが好きで
ネットショップのトップページや
商品ページなどのデザインを
担当しつつ、
SEO対策や広告運用、動画編集や
商品撮影などもしていした。

経営者や上司からよくデザインを
依頼されることがあったのですが、
イラストを描くように
頼まれたことがあります。

それ、超無茶ぶりです(笑)

私は転職回数10回以上あり、
様々なネット通販会社で
働いてきました。

ネット通販の会社では
Photoshopが使えるというだけで
Illustratorも使えると思われる
傾向にあります。

いやいや、そんなことはありません。

もちろん両方使える人もいますが、
殆どの人はどちらか
1つだと思います。

私はIllustratorでチラシを
作ったことがあるのですが、
Photoshopに慣れているので
めちゃくちゃ使いにくかったです。
※これはあるあるだと思います。

それ以来私は
Illustratorを使った仕事は
全て「イラレは使えません」と言って
断ってきました。

致しません。
※大門未知子!?

デザインを知らない人からすると
PhotoshpとIllustratorって
同じだと思っている
かもしれませんが全然違います。

その違いを説明します。

スポンサーリンク

違い

Photoshopは主にWEBデザイナーが
使っています。

そしてIllustratorは主に絵師が
使っています。

簡単に言うと、
デザイナーは料理をする人
絵師は農業で素材を作る人。

絵師によって作られた
イラストという素材を
デザイナーが料理(デザイン)します。

たとえば有名なフリー素材のサイト
「いらすとや」のイラスト、
これは絵師によって
描かれた素材です。

この素材をデザイナーが使って
チラシやバナーを作成します。

画像をみてください。

これは私がシンプルに作った
レンタルスペースのポップです。

文字だけではなんだかパッとしない
ポップになるのですが、
挿絵を入れることにより
だいぶ雰囲気が変わります。

ちなみにシンプルに画像に
文字を入れるだけでも
デザイン要素は含まれており、
これを知っているか知らないかで
見た目が全然違ってきます。

急いでポップなどを
作ったあとで
「ここはこうすべきだな」と
いろいろ発見することがあります。

さいごに

PhotoshopとIllustratorの違い、
お分かりいただけましたでしょうか?

デザイナーの私に
イラストを描く仕事は無茶ぶりです。

私には絵心がありません。

無茶ぶりばかりさせることは
仕事のやる気を失わさせる
原因の1でもあり、
中には仕事を断れない人もいて、
それが負担になることもあります。

ですので上司の方は
部下のできる仕事を
ちゃんと理解した上で
仕事を依頼してくださいね☆

ということで今日は
PhotoshopとIllustratorの
違いについてでした。

料理人と農家。

このように例えるとわかりやすいので
もしあなたの上司が
PhotoshopとIllustratorの違いが
わかっていないようでしたら、
このように説明してあげてください。