【仕事効率化】レンタルスペース運営 これはかんたん効率アップ!緊急時はGoogleカレンダーで予約できないようにしよう 副業

レンタルスペース
この記事は約2分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースを運営しています。

そしてもちろんインスタベースや
スペースマーケットといった
ポータルサイトにも掲載して
集客をしています。

複数のサイトを掲載して
ダブルブッキングにならないように
するためにはGoogleカレンダー
必要になっていきます。

ですのでGoogleカレンダーの導入は
レンタルスペース運営では
予約件数を増やすために必須です。

このGoogleカレンダーは
とても便利で、
たとえば緊急で掃除をしたい場合は
掃除をする時間帯に予約が
入らないように
しないといけません。

画像を見てください。

これはインスタベースの
管理画面です。

利用不可日時の設定ができます。

もちろんスペースマーケットにも
利用不可日時の設定はあります。

緊急で掃除をしたい時は
対象スペースを選択して
開始日時などを選択します。

ここで入力した利用不可日時は
もちろんGoogleカレンダーに
予約が飛びます。

インスタベースの管理画面からだと
入力する項目などステップが
多すぎます。

私はここで利用不可日時の設定を
していたのですが、
よく間違えて設定していました。

その度に設定をやり直しです。

次にGoogleカレンダーの
画像を見てください。

利用不可日時の設定は
空いている時間帯を
ドラッグして保存。

この2ステップだけで
複数のサイトから
予約が入らないように設定できます。

スマホにGoogleカレンダーの
アプリを入れておけば
いつでもスマホから
利用不可日時の設定を
かんたんに素早くできます。

ということで、
何か緊急の用があって
予約が入らないようにするためには
管理画面に入って
利用不可日時の設定をするのではなく
Googleカレンダーから
直接入力しましょう。

とても細かいことですが、
これで効率アップできます。

スポンサーリンク

動画