【予約件数アップ】レンタスルペース集客 ポータルサイト キャッチコピーで売上アップ!? ダンススタジオ

レンタルスペース
この記事は約4分で読めます。

レンタルスペースの集客といえば
スペースマーケットや
インスタベースに掲載して
予約をしてもらう方法があります。

今日は少しでもポータルサイトで
予約が入るようにする方法に
ついてお話しします。

ポータルサイトで予約が入るように
するには「写真」も大事なのですが、
「キャッチコピー」も大事です。

インスタベースに掲載されている
他のスペースのキャッチコピーを
見てみると……。

キャッチコピーに力を入れていない
気がします。

たとえばインスタベースの
キャッチコピーは64文字まで
入力することができます。

しかし30文字も使っていない
スペースがあります

検索結果でまず表示されるのが
キャッチコピーなので、
ここで利用者に魅力を伝えないと
非常にもったいないんです。

ネット通販の利用者はPCより
スマホの方が圧倒的に多いので
おそらくレンタルスペースの
利用者もスマホが多いと見ています。

スマホで検索した場合、
スペースのキャッチコピーが
表示されるのは
64文字中48文字です。

ということはスマホの検索結果で
キャッチコピーで魅力を
伝えるためには
48文字が重要になります。

他のスペースは
・駅チカ〇分
・設備の羅列(WIFIや光回線等)
・広さ
・料金(値下げ中)
・料金(平日〇円)

といったことを書いていますが、
これらば別に悪いわけでは
ありません。

問題なのが
新規顧客を取りにいくのに
信頼感が全く感じられないんです。

ではどうすれば良いのか?

私は文章が書くのが苦手で
はっきりいってキャッチコピーには
自信がありません。

ですがキャッチコピーを
作ることができました。

なぜなのか?

この本を参考にしました。

この本があればキャッチコピーや
文章を書くのが苦手な私でも
簡単にキャッチコピーを
作ることができました。

この本を元に私が考えてた
キャッチコピーがこちらです。

【駅チカたった1分】
〇〇駅ランキング1位 換気できます
気軽に運動ダンスとヨガ!
まずはお試ください☆彡

コピーライティングのプロの方が
これを見たらもっと良く改善できる
かもしれません(汗)

あくまで素人が考えたキャッチコピー
なのでご理解ください^^;

※2021.06.17追記
キャッチコピーを変更しました。

【駅チカたった1分】
★〇〇駅ランキング第1位★
1人~5人利用で予約多数★
換気可能
気軽に運動ダンスとヨガにオススメ

スポンサーリンク

【駅チカたった1分】

私のスペースの魅力は
駅チカ1分です。
駅から近いとレビューでも
書かれていて評価が高いです。

そして【】を使っている理由は
【】は目につきやすいためです。

話は変わりますが、
YouTubeやブログのタイトルで
【】「」[]を使うと
クリック率が38%上昇するという
データがあります。

ですので私のスペースの
魅力である部分、
これを一番先頭に書いて
【】を使っています。

〇〇駅ランキング1位

次に〇〇駅ランキング1位。
人がモノを買うかどうかの判断は
第3者の意見の方が信頼されやすい
ことで知られています。

これはたくさんの人が
利用しているということを
客観的に表現できます。

私のスペースのランキングは
オープンから現在、ほぼ毎日
〇〇駅1位をキープしています。

ですのでランキング1位を
キャッチコピーに入れないのは
非常にもったいないことです。

もしランキングに入っていないのなら
高レビューのスペースであることを
アピールしてもいいかも
しれませんね。

または累計〇〇人利用実績とかでも。

とにかく信頼感をアピール
してみてはどうでしょうか?

換気できます

ツイッターで見たのですが、
換気ができることは
強みになるらしいです。

地下にあるスタジオは
換気の面で躊躇している人も
いるようです。

確かにそうだな、と思い、
換気をキャッチコピーに入れました。

気軽に運動ダンスとヨガ!

私のスペースでは何ができるのか?
ダンスとヨガができます。

そして駅チカということで
仕事帰りでも簡単に気軽に
スタジオを利用できることを
アピールしています。

この部分に関しては、
もっとよく改善できるかも
しれませんね^^;

まずはお試ください☆彡

スペースを知ってもらうためには
まずは試してもらう必要があります。

たとえばオープン記念料金中に
まずはお試しくださいと
ページを見た人に呼びかけ、
一度利用してもらって
気に入ってくれたら
リピーターになってくれる
かもしれません。

つまり、一度利用してもらうことが
とても大事なことなんです。

ですのでお試くださいで
キャッチコピーを締めています。

そしてこの最後の部分は
スマホのキャッチコピーは
1文字目~48文字目なので
この間にアピールしたい
内容を書いています。

さいごに

私は20年近くネット通販の
仕事をしていました。

商品を売るには
商品説明が適当なのと
ちゃんと作っているのとでは
後者の方が売れます。

ですので文章で
魅力のあるスペースの紹介を
してみてくださいね。