電話恐怖症 仕事やプライベートでも電話に出れない 克服不可 電話をかけるのに緊張する

その他
この記事は約4分で読めます。

私は昔とあることがきっかけで
電話恐怖症になりました。

知らない人から着信が来ると
殆どの場合無視をします。

そしてすぐに着信があった
電話番号で検索をします。

電話は相手の顔が見えないので
とても苦手です。

家に電話を置いていますが、
ずっと留守電にしています。

もう20年近く家の電話に出たことが
ありません。

私が電話で話す相手は
本当に限られています。

会社員の頃は
電話が苦手であることを伝えて
電話に出ないようにしていました。

電話恐怖症を克服しようと
頑張った時期もありましたが、
やはり無理でした。

自分から電話をするのは
まだマシなのですが、
かかってくる電話は
相手が誰なのかわからない場合は
本当に恐怖でしかありません。

私は電話は不要だと
思っているのですが緊急時は別です。

今日は私が電話を嫌う理由について
お話しします。

スポンサーリンク

突然時間を奪われる

私が電話を嫌う一番の理由は
なんの前触れもなく
相手都合で電話してきて
自分の貴重な時間を
奪われる
ことです。

突然電話してきて相手の貴重な時間を
奪うことに何も感じないのか?
と思ってしまいます。

私は自ら電話することは
緊急時を除いてほぼありません。

いつもメールやLINEで済ませます。

メールやLINEがあれば
相手都合のタイミングで
返信をしてもらえます。

私が電話をするときは
すぐに回答がほしい場合です。

メールやLINEは
回答を急いでいない場合に使います。
余裕をもって早めにLINEで
文章を送って人に回答を求める
こともします。

うるさい

私が以前勤めていたネット通販会社で
実際にあったことなです。

私はデザイナーとして
商品撮影や画像加工、
商品ページ作成、動画制作、
さらにコピーライティング
などをしていたのですが、
その職場環境がかなり悪かったです。

というのは常にだれかが電話で
顧客対応をしている状態が
続いており、酷いときで
同時に4~5人も電話に
出ていました。

デザインというクリエイティブな
仕事をしている私にとって
まるでコールセンターのような場所
仕事をするのは苦痛でした。

なので電話の無い家で仕事をするのは
とても快適な環境なんです☆

番外編(インターホン)

突然鳴らされる
インターホンも嫌いです。

私がまだ寝ている午前中に
インターホンを鳴らされたら
起きて玄関を開けるまで
1分以上かかってしまいます。

私が朝まだ寝ているときに
隣の住人がドンドンと
玄関のドアを叩いてお菓子?の
差し入れをしてきたこともあり、
迷惑でした(汗)

他にはシャワー中やトイレ中に
突然鳴らされたりしたら最悪です。

格闘ゲームのオンライン対戦の時に
鳴らされたら中断できないので
負けてしまいます。

ネット通販で買い物をして
運送業者が配達に来る時間帯が
だいたいわかっている場合は
まだ大丈夫なのですが、
突然やって来る訪問者は
大抵の場合は営業なので
すぐにお断りしています。

私の仕事中やプライベート中に
突然やって来て無駄な話を聞くのが
嫌いなんです^^;

さいごに

電話は電話は不要派ですが、
緊急の時はOKです。

電話ってついつい無駄なことを
長々と話してしまう
ことも
ありますよね?

場合により私はその話を聞いて
あげることもしますが^^;

LINEやメールといったテキストは
言いたいことが伝わりにくく、
文字入力にも時間がかかるし、
テキストは怒っているように
見えてしまったり、
誤解を生んだりします。

にも関わらずLINEで会議を
しようとする人がいますが、
先ほど書いた伝わりにくく
誤解を生んだりするので
私はチャット会議は
したくありません。

私が昔勤めていた会社で
フェイスブックのメッセンジャーの
会議グループがあって、
やはり問題ばかり起こってました。

会える距離にいるのに
チャットで喧嘩してました(笑)

チャットでのやり取りは
短い文章でOKだと思ってます。

たとえば
・待ち合わせ時間
・YesかNoの回答
・簡単な指示

そしてチャットで残せば
証拠になるというメリットも
あります。

いろいろ書きましたが、
やはり直接会って会話した方が
一番いいんです(笑)

その他
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ