【低評価を避ける方法】レンタルスペース運営 低評価を避けたいならビジネスは顧客を選んで運営しなければならない ダンススタジオ 副業

レンタルスペース
この記事は約4分で読めます。

インスタベースや
スペースマーケットといった
ポータルサイトにはレビュー機能が
付いています。

そしてこのレビュー、
必要か必要でないか?

私が思うに、答えは「必要」です。

私は20年近くネット通販の仕事を
してきましたが、
楽天、ヤフー、アマゾンといった
ショッピングモールから
ショップサーブやショッピファイ
といった外部カートにも
レビューの機能はありました。

ネット通販は商品を購入するか否かの
1つの判断材料となっています。

私もネット通販で買い物をするときは
その商品のレビューを確認します。

何を確認しているか?
・顧客対応はしっかりしているか?
・品質は良いか?
主にこの2点です。

あまりにも悪い評価が多いと
購入を止めてしまいます。

もしこれがレンタルスペースだったら
どうなるのか?

悪い評価が多いとポータルサイト内の
検索順位が下がり、
予約が入りにくくなります。

この画像はインスタベースから
直接もらった回答です。

ですのでポータルサイトで
集客をして売り上げを伸ばすには
レビューはとても重要です。

しかし中には理不尽に悪い評価
つける人も少なからずいます。

私のレンタルスペースでは
まだ悪い評価はついていません。

なぜなのか?

それは顧客の質にあります。

ビジネスでは有名な話なのですが、
激安や格安を売りにすると
簡単に売上を伸ばすことができるが、
客の質が下がって
クレームになりやすくなります。

激安価格で判断する人は
価格相当と判断できません。

安い料金で良い思いをしたいので
少しでも不満があったら
クレームになります。

他に安い所があれば
簡単にそっちへ行ってしまいまうので
リピーターに繋がりにくい
という特徴があります。

ちなみに私が昔勤めていた会社は
「より良い物をより安く」を謳って
いましたが、利益が出ないので
労働環境は最悪でした。

つまり、安さを売りにすると
クレームばかり入って
会社にとってはデメリットばかりで、
長続きしません。

そしてこのクレームこそが
理不尽な悪いレビューに繋がります。

少しでも気に入らなかったら
感情にまかせて全項目が☆1
悪いレビューをつけてきます。

つまり冷静な判断ができないんです。

楽天スーパーセールで値下げした
時に限ってクレームは爆発的に
増えます

せっかく
良い商品や良いスペースであっても、
利用者の質により
悪い評価ばかりついていたら、
私もその評価を気にしてしまいます。

運営側ですが、ただ単に安くして
売り上げを上げることは
誰にでもできること
で、
それはビジネスではありません。

当たり前ですが、
ビジネスはどう利益を出していくか、
ブランディング
しなければなりません。

この画像はインスタベースの
私のスペースのレビューです。

なぜ評価が高いのか?

ちなみに私はオープン記念料金を
1ヵ月間しましたが
安さを一番の売りにはしていません。

平日だけオープン記念料金で
土日の料金は高くしていました。

6月現在は通常料金ですが、
リピーターはたくさんいます。

そして私は起こった問題や
届いたお問い合わせに対して
二度と同じ質問をされないように
すぐに対策をしています。

たとえばキーボックスの開け方が
わからないという問い合わせに対して
キーボックスの開け方の貼り紙を
わかりやすい所に貼ったり、
私はこういったいろいろな問題を
どうすれば良いか1つ1つ考えて
対策して実行しています。

対策してもダメだった場合は
また考えます。

利用者の問い合わせが減る、
運営者の問い合わせ対応が減る、
両者ともに時間が無駄にならない
メリットがあります。

利用者に快適にスペースを
使ってもらうために
考えて運営していきましょう。

そしてこの考えて行動すること
ビジネスの面白さの1つだと
私は思っています。

レンタルスペース運営で理不尽な
悪いレビューを避けたいのであれば、
料金の見直しと、起こった問題の
対策
をどんどんしていきましょう。

ちなみに良いレビューが多くて
悪いレビューがほんの少しの場合、
気にしなくてよいです。

ネット通販の商品レビューでも
多少悪いレビューが付いていても
あまり気ににありません。

しかし新規出品して
いきなり悪いレビューがついて
しまうのはキツいかもです^^;

ということで今日は
レビューについてでした。

高評価をもらえる方法は
こちらの記事をお読みください^^