【安くして利益を取る】レンタルスペース 集客 オープン記念料金について 平日だけ安く設定 副業レンタルスペース運営 副業

レンタルスペース
この記事は約2分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースをしています。

4月22にオープンして
5月31日までオープン記念料金で
安く設定していました。

料金を下げるともちろん利益が減り、
店舗継続ができなくなってしまい、
利用者さんにスタジオを使って
もらう事ができなくなります。

ですがまずオープン記念料金で
自分のスタジオを知ってもらうために
料金を安くすることも大事です。

オープンしたばかりの時は
集客のためにある程度安くすることは
必要だと思っています。

私は次のようにオープン記念料金を
設定しました。

平日→オープン記念で安く設定
土日→通常料金

なぜこのようにしたのか?
理由は安さを売りにした店舗運営は
なるべく避けたいからです。

このように
料金設定をするとどうなったか?
土日も普通に予約が入りました。

料金が倍も高い土日も
予約が入るということは
ダンススタジオは場所さえよければ
安さはそれほど重要ではないかも?
と思っています。
※ボクの地域

ダンススタジオの物件を
見つけるのは最も難しく、
最も競合が少ないですからね。

私のスタジオの魅力は
レビューにも書いているのですが、
駅チカ1分が魅力のようです。

そして競合店は
1~5人の利用が多いので、
スタジオは広ければいいという
わけではなさそうです。

いつも平日に予約していた利用者が
土日に予約してくれる
ことも
ありました。

その利用者はもう5回ほど
私のスタジオを利用してくれている
常連さんです。

もしこれからレンタルペースを
始めようとしている人で、
オープン記念料金を設定したいなら
土日は通常通りの料金で
しっかり利益を取る方法も
良いかもしれませんね。

オープン記念料金は5月31日に
終了して6月現在は料金を高く
設定しました。

今のところ1日に1件は
予約が入っています。

料金を上げた6月の予約件数につては
また売上報告の記事で
公開したいと思います。

オープン記念料金で平日は安く、
そして土日は通常通りの料金で
レンタルスタジオを運営していた
予約件数やデータは
こちらのブログをお読みください。

スポンサーリンク

動画