【カギの閉め忘れが減る】キーボックスのデメリット カギを閉めない利用者 副業レンタルスペース運営

レンタルスペース
この記事は約2分で読めます。

私はダンススタジオの
レンタルスペースを運営しています。

レンタルスペースの運営をしていると
思いもしないことがよく起こります。

先日書いたように退出時の
エアコンの消し忘れもそうですが、
退出時にカギを閉めないで
帰ってしまう利用者
もいます。

当然ですが、
私はこういった利用者は
ブラックリストに入れています。

カギの閉め忘れで万が一
備品の盗難や事件があった場合は、
予約済みの利用者に
迷惑がかかってしまいます。

私が入居しているスタジオのビルは
防犯カメラが付いているので
まだマシですが、
もし防犯カメラもなにもない場所
だったら大変なことに
なってしまう可能性だってあります。

対策として遠隔操作のできるカギを
導入する方法
もありますが、
レンタルスペース運営で
キーボックスを使うのが
最もメジャーで、
キーボックスを使っている人は
多くいます。

これからレンタルスペース運営を
始めたい人にオススメなのが
キーボックスなのですが、
カギの閉め忘れがあるという
デメリットをお伝えしておきます。

あとキーボックスだと
無断利用をする人もいるようです。

私は部屋のドア横にこのように
退出時のご確認として
貼り紙をして対策をしています。

そして利用前には
かならずドアの鍵を閉めて
退出してください!

というメッセージを利用者に
送っています。

これでも鍵を閉め忘れる
利用者がいます。

ですので私はさらに
このように対策しました。

キーボックスは入室する際は
カギを取り出さないといけないので
キーボックスは絶対に目に触れます。

ですのでここに
ご利用後は施錠してくださいと
シールを貼りました。

こうすれば施錠をしてくれるはず!

と思ったのですが、
これでも鍵を閉めずに帰った
利用者がいました。

カギを閉めなかった利用者は
単発利用者なので、
やはりレンタルスペース運営は
定期利用者やリピーターを
付けなければならないと思いました。

いまはオープン記念料金で激安に
しています。

ビジネスをする人なら
誰でも経験あると思いますが、
激安をすると客質が下がって
逆に高くつく!
というのは
とてもよく知られている話です。

来月から値上げするので、
どう客質が変わるのかを
見てみたいと思います。

ちなみにツイッターで
レンタルスペースを運営している人が
値上げしたら客質がガラっと変わっ
とツイートしていました。

このブログでは
レンタルスペースを運営に関する
情報発信をしています。

少しでも役に立てれば幸いです。

よかったらまた読みに来てください☆