【お問い合わせが減ります】副業レンタルスペース キーボックスのお問い合わせを減らす対策 レンタルスタジオ

レンタルスペース
この記事は約2分で読めます。

レンタルスペース運営は
お問い合わせの少ない
仕事であるとある動画で
勉強していたのですが、
オープン直後の利用者
1人目と2人目から
キーボックスについての
お問い合わせの電話がありました。

今日はその質問と
キーボックスにつて
質問されないための
対策についてお話しします。

スポンサーリンク

キーボックスが開かない1

1人目の利用者から
電話がありました。

内容は
キーボックスの開け方がわからない。

その利用者は私が入居している
ビルの入り口付近の
私の「郵便受け」を見て
キーボックスの開け方がわからないと
質問してきてようです。

私はこのように対策しました。

郵便受けに
キーボックスは〇〇号室のドアノブ
というシールを貼りました。

これで対策はバッチリです☆彡

郵便受けをキーボックスだと
思ってしまう人もいるようなので
郵便受けで案内をしておきましょう。

キーボックスが開かない2

2人目の利用者からも
電話で「キーボックスが開かない」
と質問がありました。

ドアの横にキーボックスの
開け方の説明と
開け方の動画へのQRコードが
書いてる貼り紙をしているのですが、
読んでくれなかったようです。

1回目の電話で
ドア横の貼り紙を読んでくださいと
回答して電話を切りました。
パスワードを合わせて
シャックルを引いてください
いうことも説明しました。

そしてまた電話がかかってきて
まだ開かないとのこと。

ですが電話中に
キーボックスを開けることが
できたようです。

ヨカッタヨカッタ☆彡

キーボックスの開け方の
貼り紙の場所が悪かったと思い
私はキーボックスの横に
貼り紙をしました。

これで気づかない人は
いないはずです。

貼り紙は絶対に見てくれるところに
貼っておきましょう。

さいごに

無人でできるレンタルスペース運営、
お問い合わせが少ない
ビジネスと聞いていたので
いきなり2人連続で
お問い合わせがくるとは
思っていませんでした。

質問が無いということは
利用者と運営者ともに
時間の無駄にならないという
メリットがあります。

皆さんもこの対策を
是非役立ててくださいね☆彡

動画

レンタルスペース運営 【利用者からのキーボックスのお問い合わせを減らそう】経営 レンタルスタジオ 副業で稼ぐおすすめ