会社を辞めたい 行きたくない 私が会社を辞めた理由とその後

コラム
この記事は約5分で読めます。

今日はいろいろなことを書きます。

私の転職回数は13回と多めですが、
・日本人の平均転職回数:3回
・欧米人の平均転職回数:10回

これと比べると、
日本人の転職回数は異常に
少ないことがわかります。

転職回数が多いメリットとして
・天職に巡り合える
・視野が格段に広くなる

ひとつの会社で勤め続けると
他の会社がどんな会社なのか
全くわからないまま
働き続けることになるので
視野が狭くなってしまいます。

井の中の蛙です。

転職が多いと
様々な会社の運営や人を
見ることができます。
これが自分の経験値を高めます。

そして転職回数が多い人というのは
それだけ転職できるだけの
実力を持っています。

私は会社勤務をしていたのですが、
今年2月下旬ごろに退職しました。

私は会社に対する愚痴などを
いろいろな会社で聞いてきましたが、
会社はたくさんあるのに
自分でその働く環境を選んでしまった
自分
が結局悪いんです。

私はもともと1人でなんでも調べて
群れずに行動する人間
です。
周りとあわせて行動したり、
空気を読んで人と接するのが
ものすごく苦手です。

人間関係で上手くいくことは
ほぼありません。
ですが、それで良いと思っています。
最小限の人とかかわりがあれば
それで良いんです。

私は某オンラインサロンに
入っていますが、
自分より実力が上の人
本気で事業に取り組んでいる人
そういった人と関わるべきだと
思っています。

相手の価値観を変えるのは至難、
なので最初から自分の価値観と
あった人と関わればいいんです。

自分より実力が上であったり、
価値観が似てたり、
そういう人と関わると
得るものや学べることが多いんです。

やはり会社員をしていたころは
学べることなんて
殆どありませんでした。

周りは思考停止状態で
ただ単に言われたことをこなす
愚痴を言う人であふれていました。

会社で私は商品が売れるように
セールスライティングの本を
参考にして商品説明や
キャッチコピーを考えていたら
「業務中は本を読む時間では
ありません、
本を読む対価はありません」

と置手紙をもらったことがあります。

まったく価値観が合いませんでした。
犬猿の仲ですね(笑)

なにも学べることがない、
しかし相手を選べば
学べることはたくさんあります。

たとえばその分野において
自分より実力が下の人に
仕事を発注しても
良い結果を得ることはできません。
人を納得させるだけの
実績、実力、知識、経験が

ありません。

発注者の悩みを解消できる
発注先でなければなりません。
そしてこういった発注先ほど
学べることが多いんです。
盗める技術が多いんです。

会社員をしていたころは
私がまじめに仕事をすればするほど
大量の仕事が届き、
周りの社員は不真面目で遊んでいる
という状況でした。

つまり、
私のような真面目すぎる人間は
経営者からすると便利なんです。

最近、私が昔勤めていた倒産した
会社の経営者から
1年ぶりにLINEで連絡が
ありましたが、
それは私が便利だから
連絡してきたんです。
無視しました。
その人との関係は仕事上での
関係でしかありません。

会社を辞めたいけど辞めれない人、
・家のローンがある
・家族がいる
・再就職が厳しい

と様々な理由があると思いますが、
会社を辞めなければ
今の状況は死ぬまで続きます。

会社を辞めれば
必ずうまくいくとは限りませんが、
今の会社に居続けるほうが
確実にうまくいくことはありません。

先ほども書きましたが
私は2月の下旬ごろに
会社を辞めました。

日本は「生活保護」があり、
世界から見てその生活基準は
高い方です。

生活保護は素晴らしい制度です。

私はむかし、
生活保護の相談に行きましたが
追い返されるような対応を
取られたことがあります。
これ、よくあることなんです。

ですが申請だけなら
誰でもできます。

もし生活保護の相談に行って
生活保護の申請を阻止されるような
態度を取られるのであれば
対策があります。

・相談の際に録音すると伝える
・申請用紙をもらって家で記入して
家から役所へ郵送する

私は会社を辞めて
本当に良かったと思っています。

もしあのまま会社を続けていたら…。

会社を辞めてよかったこと
・家族と過ごす時間が増えた
・自分のために仕事ができる
・自分の為に時間を大切に使える
・ストレスがない
・嫌な人間関係が無い(会社)

私はもともと副業をしており、
そして新しいビジネスも始めようと
準備をしていました。
※レンタルスペース運営の準備

会社員とは自分の時間を売って
お金を稼ぎますが、
個人で稼ぐということは
自分の商品を売ってお金を稼ぎます。

有名歌手や芸術家、
ブロガーやYouTuberは
自分のオリジナル商品を
売っています。

私が会社を辞めた理由
・人間関係
・学べることがない
・得るものがない
・時間の浪費

私はネット通販の運営のプロです。

私が入社した会社の売上は
大体上がります。

昨年対比700%を
超えたこともあります。
給料も短期間でグンと上がりました。

経営者が
「ここをこうしてくれ」
と意味のないことを
強制的に私にやらせていたのですが、
これが私にとって苦痛でした。

この作業をしても結果を得ることが
できないことはプロである私は
良く知っているからです。

私はある通販の店舗を
まかされて担当をしていました。

組織において
経営者と社員の距離が近いほど
上手くいきません。

経営者が現場に入ると
話がややこしくなる

という話はよくありますが、
これは経営者が従業員を
全く信用していない!
と従業員が思うように
なってしまいます。

たとえば毎日作業をしている
その道のプロ
に対して、
素人が細かすぎる
意味のない指示をしてきたら
イヤですよね?

やるべき作業をしないのは
問題外なのですが、
細かすぎるところを指摘する
というのが問題になります。

私は商品ページの画像の
デザインを作ったりしていましたが、
素人にデザインの基本を外れたこと
指摘されることは
とてもいやでした(笑)

私は自分の時間を売って稼ぐことを
辞めました。
人生2回目です。

会社を辞めたことにより
毎日がとても楽しくなりました。

悩み事が吹き飛びました。

今後はもっと自分のために
貴重な時間
を使って
生きていこうと思います。

コラム
スポンサーリンク
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのライトルーム-LIGHT ROOM- レンタルスペース 個人ブログ