レンタルスペース運営 経営 ダンススタジオ 鏡設置業者に要注意!? とんでもないぼったくり見積書

レンタルスペース
この記事は約2分で読めます。

今日の記事はこれから
レンタルスペースでダンススタジオを
やりたい!という人に役立つ
情報となっています。

私はダンススタジオを始める前に
いろいろ勉強していたので、
業者に依頼する前から
鏡の相場はだいだい
わかっていました。

相場は鏡の枚数や質
部屋の広さにもよりますが、
私のスタジオは
だいたい25万前後だと
予想してました。

業者に依頼する前に
私は間取図を作り
間取図を業者にメールしました。

業者A

私が依頼した業者Aの鏡の費用は
18万でした。
見積書には
・鏡代の数量と単価
・片長チャンネルの数量と単価
・施工費
このように細かく書かれていました。

先にお教えしますが、
こういう詳細を書いている見積書が
本来ただしい見積書です。

業者B

こちらの業者Bに
見積もり依頼した所、
とんでもない価格の見積もりが
届きました。

工事一式49万。

前者の業者Aはちゃんと
鏡代、枚数、施工費といった
詳細が載っていましたが、
こちらの業者Bは
工事一式と記載のみ。

業者Aとの差は31万。

正直なところ、
ぼったくってきましたので
とても不快でした。

その後メールで

お見積り内容のご変更や納期
価格についてご要望など
ございましたらご連絡ください。
できる限り対応させて頂きます!

と連絡があったのですが、
さすがにぼったくり価格に
不快に思い、断りました。

見積書が適当すぎました。

一式に要注意

私は以前リフォームをするときも
複数の業者から見積書を
もらったことがありますが、
詳細を書かずに
「工事一式」と書いてあるだけの
見積もりはありえないくらい
高額でした。

ぼったくりかどうかを
見極める判断にもなります。

プロが素人をぼったくるビジネスは
してはいけません。

リフォームもそうですが、
高額な料金を支払う場合は
必ず複数の業者に見積もりを
もらって比較しましょう。

レンタルスペース
スポンサーリンク
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのライトルーム-LIGHT ROOM- レンタルスペース 個人ブログ