レンタルスペース運営 ダンスができるレンタルスタジオを選んだ理由

レンタルスペース
この記事は約2分で読めます。

レンタルスペースといえば
・会議室
・パーティールーム
・整体サロン
・ダンス
・写真
などいろいろあります。

いろいろある中私は
「ダンスができるレンタルスペース」
を選びました。

なぜダンスを選んだのか?
理由は2つあります。

1つ目の理由
ダンスに興味があるからです。

私はサイリウムダンスと呼ばれる
ヲタ芸をしていた経験があるので
ダンスが一番興味がありました。

パーティーには興味がありませんし、
整体サロンはよくわからない。

写真も好きですが、
やはりダンススタジオがやりたい。

2つ目の理由
ダンスが一番稼ぎやすい!
ということです。

他のスペースと比べると
・最もリピート率が高い
・掃除が一番ラク
・競合が圧倒的に少ない
という点で最も小労所得を
得ることができるからです。

会議室やパーティールームは
単発利用が多く、
リピートに繋がりにくいんです。

ダンスの掃除はモップが
けくらいです。
しかもお客さんに掃除をお願い
することもできます。
しかしパーティールームは
そうはいきません。

ソファーとかカーペットを汚されたら
とても掃除が大変です。

会議室やパーティールームは
賃貸物件を探すのが
とても簡単ですが、
競合たとても多いので
売上をつくるのが大変です。

しかしダンスは
賃貸物件を見つけるのが
とても難しいのですが、
見つけてしまえば
競合が圧倒的に少ないので
比較的簡単に集客できてしまします。

ダンスの物件探しがどのくらい
難しいかというと、
不動産屋に100件問い合わせて
やっと1件~5件ダンスできる
賃貸物件が見つかります。

しかもその物件の形やトイレ男女別、
駅チカなど条件の良い物件でないと
集客が難しくなってしまいます。

ダンスで最も問題なのが
「騒音」です。

これをクリアできないと
開業しても周りからクレームがきて
撤退しなければならなくなります。

それほどダンスができる
賃貸物件を探すのは難しいんです。

JR駅の1日の乗降者数の多い
駅周辺を探したり、
ここまで調べないといけません。

私はある方法を使い、
2月から3月まで物件を探しました。

するとJR主要駅から1分の場所に
ダンスができる賃貸物件を
見つけることができました。

ダンススタジオ開業の初期費用は
だいたい50万~100万ほど
必要だと言われています。

私は100万ほど事業資金として
準備していたのですが、
あっという間になくなりました(汗)

ということで今日は
私がダンススタジオを選んだ理由と
ダンスができる賃貸物件について
書きました。

レンタルスペース
スポンサーリンク
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのライトルーム-LIGHT ROOM- レンタルスペース 個人ブログ