SUUMO関西攻略 少しでも高く不動産売却できる方法

その他
この記事は約4分で読めます。

私は最近不動産を売却しました。
不動産を売却した際、担当者は
「坪単価が高い」
と驚いていました。
つまり、高く売ることができました。

不動産も戦略的に販売すると
高く売却できます。

この方法は私の得意分野である
「ネット通販」の応用となり、
それが不動産の売却にも
役立ちました。

そして私は不動産については素人
ですがネット通販に関してはプロ

今日は不動産を売却する場合、
少しでも高く売却したい人にとって
とても役立つ記事となります。

私の成功事例ですので、
少しでもお役に立てると幸いです。

ちなみに家はリフォームせず
ボロボロの一戸建て
です。

プチ情報として、
不動産が売れるのは春秋頃が多いと
担当者が言っていました。

私の戦略

冒頭にも書きましたように、
戦略的にすることにより
不動産を高く売却できます。

私がとった戦略、
結論から書きますと・・・

メルカリと同じような方法で
不動産を高く売却しました。

メルカリの特徴1つ目、
新しく出品された商品ほど
検索で上位表示され、
出品されて時間の経った商品ほど
検索順位が落ちていく
という仕組みです。

メルカリの特徴2つ目、
出品してからしばらく経ち、
価格を少し下げて
商品ページを更新すれば、
再び検索上位に商品を
載せることが可能です。

こうすることにより、
売りたい商品ページを露出でき、
アクセス数を増やすことができます。
イイネも増えます。

このメルカリでの販売戦略は・・・

不動産販売サイト「SUUMO」でも
同じような戦略が通用します。

SUUMOもメルカリと同じで、
・新物件ページは上位表示
・時間が経つと物件ページ下位表示
→よって露出が下がる
・価格を下げて物件ページを更新
→再び上位表示される

不動産サイトに
物件を掲載する際は・・・

必ず少し高めに価格設定
しておきましょう。

私はその土地の相場の
+600万~700万ほど
高く設定しました。

少しでも高く売れると
不動産屋の取り分も増えるので
喜んでもらえます(笑)

SUUMOをチェックしている人は
その地域や土地の坪単価を
知っている詳しい人もいます。

転売目的でSUUMOを
見ている人もおり、
このような人に不動産を
高額で売ることは絶対不可能です。
相場の200万~300万ほど
安くなれば購入されます。

ですので狙うべきターゲットは
不動産に詳しくない人
となります。

いくらで売ったの?

結論から書きますと
〇万で売りました。
※価格は伏せます。

私は不動産屋の担当者の設定する
スタート価格より高い価格設定で
SUUMOに載せるように言いました。

不動産屋も驚きのスタート価格
だったと思います(笑)

物件が購入されたときは大抵
「値下げ」が入ります。
値下げがわかっているので
どの物件も最初から
高めに設定しています。

スタート価格を激高で設定、
そして1週間に2回の値下げ、
〇万ずつ値下げをしました。

こうすることにより、
前項目に書いたように
インプレッション数と
ページへのアクセス数を
稼ぐことができます。

ちょっとずつ時間をかけて
値下げをし、
物件価格は〇万まで下がり、
ここで価格を下げる更新を
止めました。

この価格が私が不動産を
売却したかった希望価格です。

すると・・・

希望価格で売却できました。
そしてそこから
ちょこっと値下げも入りましたが
全然OKで、大満足の価格でした。
不動産の担当者も驚いていました。

私の物件を購入してくれた人は
スタート価格、激高の〇万円の
ときくらいからチェックしており、
定期的にちょっとずつ価格が
下がっていたのを
ずっとチェックしていたそうです。

価格が下がるのがピタっと
止まったのを確認して
購入を決めたそうです。

つまりこれは
私の戦略が成功したことになります。

私の物件を購入した人は
もともとリフォームする予定でした。
冒頭に書いたように
私の家はボロボロでした。

つまり家は不要。
土地目的ということになります。

不動産屋の予想の上をゆく
高い坪単価で売却できました

まとめ

売りたい物件を高く売る方法
・不動産が提示した価格よりも
高く設定してSUUMOに掲載する

・毎週2回、ちょっとずつ
価格を下げる

・毎週2回、定期的に少しずつ
価格を下げてSUUMOで上位表示。
物件掲載ページの露出を増やす。
するとアクセス数が伸びる。

・価格を下げるのを止めると
チェックしていた人が
これ以上価格が下がらないと思い、
購入される。

・不動産が売れる春秋を狙う

ということになります。

価格が徐々に下がる
逆オークションですね。

不動産は何百万何千万という
高額取引になります。
ですので少しでも高く売るために、
最初から低価格で不動産を売るのは
絶対に止めておきましょう。

ということで、今回の不動産売却。
私のネットショップ運営スキルが
思わぬところで役に立ちました。

その他
スポンサーリンク
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのライトルーム-LIGHT ROOM- レンタルスペース 個人ブログ