おすすめ アイテムマッチ ヤフーショッピング 効果的な使い方 入札金額

ネットショップ
この記事は約4分で読めます。

皆さんはヤフーショッピングの
アイテムマッチを使っていますか?

アイテムマッチとは検索結果や
カテゴリに掲載される広告で、
設定したキーワードに対して
ワンクリックの入札額(広告費)が
高ければ高いほど
掲載位置の上位で商品を
露出できる広告です。

今日はこのアイテムマッチについて
お教えします☆

※あくまで私の検証結果なので、
商品ジャンルによって
結果は異なることもあると
思いますのでご了承ください。

アイテムマッチおすすめ商品

高単価商品
⇒アイテムマッチがおすすめ
PRオプション料率設定が高いほど
ロイヤリティとして
支払う金額が高くなるので
アイテムマッチがおすすめ。

低単価商品
⇒PRオプションがおすすめ
PRオプションで売れると
単価が安いのでPR利用料が安い。
アイテムマッチで上位表示させると、クリック単価が高くなる場合があり、
利益が少なくなる。

アイテムマッチ活用法

アイテムマッチとPRオプション、
共通していることが、
・魅力のない商品
・求められていない商品
を上位表示させたところで
売れません。

広告の使い方はは
売れる商品をアピールして
どんどん売っていくことです。

楽天ですが、
私は売れる商品にRPP広告を使い
売上を伸ばしたことがあります。

あなたのお店で売れている
商品は何ですか?
まさにその売れている
商品が魅力のある商品です。
※安いから売れている商品を除く

特に広告を使わずに
売れている商品は
求められている商品なので
たとえばアイテムマッチで
上位表示させると
売れやすくなります。

売れている商品は
アイテムマッチで上位表示

売れている商品は
ストアクリエイターの
統計情報に載っています。

たとえば
直近2週間売れている商品を調べ、
それらの商品にアイテムマッチを
「個別設定」します。

そして10日~2週間ほど様子を見て、
アイテムマッチのレポートで
アクセス数や転換率を調べ、
費用対効果を見てみましょう。

基本、この繰り返しで
アイテムマッチを設定していきます。

また、「売りたい新商品」があれば
アイテムマッチで上位表示させ、
1週間以上様子を見て、
効果があるかどうかを
見極めましょう。

ちなみに楽天RPP広告の場合、
新規出品した商品は
販売実績も商品レビューもないので
RPP広告で上位表示させて
その商品ページへのアクセス数を
検索広告からのクリック数で増やし、
その商品の通常検索での検索順位を
上げるという方法があります。

1位入札金額は無駄?

アイテムマッチでよく検索1位表示を
させるストアがあります。

あくまで私の経験ですが、
アイテムマッチは
1位でなくても1ページ目に
商品を載せていればOKです。

私もある商品を1位表示に
させたことがあるのですが、
1位表示と3~4位表示、
アイテムマッチからの売り上げは
そんなに変わりませんでしたが、

1位表示のクリック数が
2位~4位と比べると
かなり高かったです。
※カテゴリによる

売上があまり変わらないのに
1位表示で無駄にクリックされる、
これは広告費の無駄遣いです。

商品やジャンルにもよると
思いますが、
ぜひ一度お試しください。

さいごに

アイテムマッチを使うときは
・統計情報で売れている商品を調べる
・売れている商品をアイテムマッチで上位表示させる
・1位入札は無駄なクリックが多いので1ページ目に表示できればOK
・10日~14日の期間でアイテムマッチの効果を必ず確認する
※短めの7日でも良いです。

あくまで私の検証結果なので、
商品ジャンルによって結果は
異なることもあると思いますの
でご了承ください。

PRオプションの一律設定
アイテムマッチのお任せ設定

これは確実に経費の無駄遣いで、
ヤフー側に無駄な広告費を
支払うことになってしまいます。

担当者に言われた通りにするのは
自分で考えることを止めて
広告に頼っている運営です。

担当の言うとおりにして売上が
上がるなら全店舗上がっています。

ですのでPRオプションもそうですが
アイテムマッチは考えながら
無駄に広告費を使わないように
一番広告の効果が出るように
使っていきましょう☆

広告の使い方を
いろいろ試して考えて、
自分の店に合ったやり方で
店舗運営してみてください^^

人に頼って売り上げを伸ばすほど
甘くはないので、日々勉強をして
自分なりのやり方を見つけて
売り上げを伸ばしていきましょう!

今日書いた内容が
皆様のお役に立てれば幸いです^^

よければPRオプションの
効果的な使い方もおよみください。

ネットショップ
スポンサーリンク
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのライトルーム-LIGHT ROOM- レンタルスペース 個人ブログ