ネットショップ おすすめ 無料でできる集客方法 YouTubeやtwitterは広告代わり SNSのだたしい使い方

ネットショップ
この記事は約6分で読めます。

楽天やヤフー、アマゾンに出店
しておられる方は
多くいらっしゃると思います。

集客はどのようにしていますか?

楽天はRPP広告、
ヤフーはアイテムマッチや
PRオプションといった
検索広告を使って
商品をアピールします。

他社競合が多ければ多いほど
広告費が高くなってしまいます。

バナー広告を使っても
効果がイマイチだという人も
多いと思います。

今日は無料で集客できる方法
ついてです。

別に怪しくないですよ(笑)

ちなみに、
これから書くことは
昔私が勤めてた会社で
経験したことです。

成功事例や私の経験、
知識をお教えします。

スポンサーリンク

YouTubeは必須

みなさんの会社には
自社のYouTubeチャンネルを
持っていますか?

少しYouTubeの話をしますが、
YouTubeの収益は
2年前と比べて減っています。

今のYouTubeの正しい使い方は
YouTubeを使って
自社のサービスや商品を紹介し、
広告収益以外で売上を上げる

ということです。

ネットショップの場合は
YouTubeで商品紹介動画を作り、
動画説明欄に自社URLを貼り、
販売サイトへ誘導します。

そのためにはYouTubeの
チャンネル登録者数(ファン)を
増やさなければなりません。

そしてこのチャンネル登録者の
増やし方ですが、
これも戦略的にしなければ
伸びません。

自社にファンをつけることが
ネット通販で商品を売っていくのに
必要なことなんです。

Facebook

Facebookを使って
ファンを集めて商品ページに
誘導することもできます。

Facabookの利用者の年齢層は
高めなので、
あなたの通販の商品ジャンルの
年齢層が高めなら
Facebookは良いかもしれませんね。

そしてFacebookには
ライブ機能が付いてます。

ライブで商品紹介をして
自社ネット通販の商品ページに
誘導することで商品が売れます。

先行く中国のネットショップは
ライブショッピグという方法で
商品を紹介して販売しています。

Facebookのライブ配信と
似ていますよね。

ライブショッピングのメリットは
たとえばTシャツなら
この「裏地を大きく見せて」
とコメントを書くと
リアルタイムで確認できることです。

現に中国では
商品写真はキレイだが、
実施にモノが届くと
想像していたのと違った!
と、このような問題が起こりました。
なのでライブショッピングの需要が
高まっています。

ファンの多いFacebookの方だと
転換率は良いはずです。

この会社ではYouTubeでの
ライブ配信より
Facebookを使っての
ライブ配信がメインでした。

もちろん商品を実際に使用して
その魅力を視聴者に
見せていました。

YouTubeとFacebookのライブ配信、
比べるとFacebookの方が良くて
年齢層と商品ジャンルからして
商品が売れるのでしょう。

YouTubeは動画のプラットフォーム
ライブ配信より動画の方が
再生数が伸びやすいんです。

YouTubeはライブ配信ばかりすると
チャンネルが伸びない!
とまで言われています。

TikTok

最近ではTikTokも集客にも使えると
私は思っています。

「思っている」と書いたのは
まだ私自身TikTokで集客をして
商品を売ったことがないからです(汗)

TikTokの特徴として、
・年齢層が低めで民度が低い
決してディスってる
わけではないのですが、
ビジネスをする人たちから
このようにTikTokは見られています。

しかしTikTokに動画を投稿することは
それ以上にインプレッションが
稼げるというメリット
があります。

例えばYouTubeで動画を公開しても
最初はほとんど再生されませんが、
TikTokで動画を公開すると
新アカウントでも100~300くらいの
インプレッション数があり、
投稿動画が視聴されます。

これは私自身も
動画を投稿したことがあるので
確かに新アカウントでも
再生数は100~300ほどありました。

そしてTikTokにもライブ機能があり、
投げ銭機能で収益を
得ることもできます。

TikTokは今ビジネス利用としても
注目されているSNSでもあります。

twitter

Twitterはどうなのか?
Twitterもしておくことを
おすすめします。

Twitterはやっているけど
Facebookはやってない
という人も多いです。

Twitterに限りませんが、
フォロワーが増えるということは
メルマガ登録者数が増えるのと
同じです。

1ツイートでもそれがリツイート
されると、自分のフォロワー数の
倍以上のインプレション数を
稼げます。

それは楽天やヤフーなどの
中途半端に高いバナー広告より
露出が高まると私は見ています。

ヤフーショッピングの
ニュースクリップ広告を
購入したことあるのですが、
結果は1クリックだけでした。

顧客(ファン)は自社の力で
つけないといけませんね^^;

インフルエンサー

欧米では面接で採用する際
「フォロワー数」も評価されます。

フォロワー数の多い人は
影響力があったり、
ビジネスセンスもあったりします。

私にとってはこういうことは
未知の領域でもあり
始めたばかりでまだまだですね(汗)

YouTubeで成功させるカギとして
・毎日コツコツと努力できる人
というのがあります。

つまり毎日積み上げることが
超重要
になってきます。

集客の1つとして
インフルエンサーに
お金を払って商品紹介をしてもらう
方法もあります。

余談ですが、
インフルエンサーは
本当に良い商品しか紹介しません。
なぜなら紹介した商品が悪ければ
自分のチャンネルというブランドに
傷がついてしまうからです。

私が以前勤めてた会社は
インフルエンサーとまでは
いきませんが、
ライブをしたり、
動画を紹介したりする
担当が1人いました。

その会社の顧客(ファン)の中では
その人はよく知られている人でした。

先ほど書いた、
中国のライブショッピング
似てませんか?

つまり売上を伸ばすためには
インフルエンサーとまでいかなくても
人が動画やライブで紹介することて
信頼度が増します。

そして最強なのが・・・
経営者自身が影響力を持っている!

経営者がYouTubeで動画投稿、
ツイッターで情報発信、
今の時代こういうことは
普通にあります。

そこから自社のサービスや
商品に誘導して
会社を成長させてるんです。

BAN

SNSを使うデメリットとして、
BANされてしまう可能性が
十分にあるということです。

それがAIの誤認だったり
することもよくあります。

そうなると苦労して積み上げたのが
一瞬でパァになってしまします。

それはネット通販でも同じです。
規約違反でBAN!
なんてこともあり得ます。

対策に関しては
こちらの記事をお読みください。
BANの可能性と対策

さいごに

SNSを使わないビジネスは
今後難しいはずです。

SNSでファンを集めるのは
時間がかかりますが、
リターンは大きいです。

ファンが増えることで
それが「無料広告」となります。

ファンが増えるということは
「口コミ」で広がります。

フォロワーが100万人いたら
ざっくり100万円分の広告費。
1人1円。
どうでしょうか?

ですのでネット通販をする場合、
モール内の広告だけでなく
・YouTube
・twitter
・Facebook
・TikTok
といったSNSを使うことを
おすすめします。

あ、インスタグラムも
ありましたね(笑)

今日の最新情報ですが、
インスタグラムも
インフルエンサーがSNS上で
収益化できるように
アフィリエイトプログラムの
開発を進めているそうです!

自社の商材に合うSNSを選んで
ファンづくりをしていきましょう。

PS
ブランディングをするのは
経営者の仕事です。

会社の将来のビジョンや戦略を
経営者と社員との間で
ブレのないように
しっかりと従業員に伝えましょう。

目標に向かって
正しい判断で従業員に指示を出して
努力させて結果を出させることが、
会社を上手く成長させる
いろいろな方法のうちの1つです。

会社とは経営者自身なのです。

ネットショップ
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ