大問題 生活保護の申請すらできなかった話 収入ゼロ 金額もらえない

その他
この記事は約5分で読めます。

2014年ごろの話です。

私は昔生活保護の申請をしに
区役所へ行ったことがあります。
結果から言うと、
担当者と会話をしていく中で
「阻止」されるかのような
対応を取られました。
しかし「申請」だけなら
誰でもできるそうですが、
私はできなかった訳です。

今日は私の「生活保護」に
関するエピソードを書いていきます。

先に書いておきますが、
この頃の私は勉強嫌いで、
無知でした。
勉強しておけばよかったと
思うことが多々あります。

スポンサーリンク

おまけ動画

【女装】そんなに甘くない 生活保護受けれません 収入ゼロ 貯金ゼロ 副業で稼ぐ 【男の娘】

チャンネル登録よろしく!
私のブラック企業体験談や
ネット通販運営に関する話を
しています。

個人事業廃業

私は当時個人事業で
収入を得ていました。
と同時にアルバイトとして
とあるネット通販の会社に
勤めていました。
もちろんブラック企業です。

私はこの会社の商品を仕入れ、
ヤフーショッピングに出品して
収入を得ることもしていました。

この仕入れに関して結果から言うと、
この会社の商品の検索キーワードで
私が検索1ページ目を独占。
このことで仕入れを断られました。

話を戻しますが、
事務所内は全員で私含めて6人。
そして信じられないことに・・・

6人中3人が喫煙者。

ショッピングモールによくある
小さな喫煙室
副流煙だらけの部屋を
想像してください。
とんでもない職場です。

私の隣の席の人が妊婦でした。
その人は妊婦であることを
社長に伝えました。
しかしその社長の取った対応は
「窓を開ける」だけでした。

自分が喫煙したいという
欲望のために
産まれてくる命なんか
どうでもよいということです。

もちろんその妊婦さんは
退職しました。

毎日8時間、週5日の受動喫煙、
定時に帰る頃には
衣服にタバコの臭いが
染みついていました。

そしてある日、
体調に変化がありました。
午前中はマシなのですが、
午後になるにつれて寒気がし、
とても身体がダルくなりました。
食欲もありませんでした。

血痰も吐きました。

もちろん社長に伝えましたが
・窓とドアを開ける
・換気扇を回す
・扇風機をドアの方に向ける
このような対応を取られました。

病名は伏せますが、
毎日副流煙を吸わされたことにより
免疫力が一気に下がり、
重病になったと私は思ってます。

病院へ行き、検査を受け、
翌日すぐに入院しました。

入院中にバイト

結果から言うと
私が入院したことにより
自営業を廃業し、
収入がゼロになりました。

しかし癌の妻のために
私は働かなければなりません。

そのブラック企業は
社会保険や雇用保険もなく
唯一救いだったのが、
県民共済に加入していたことです。

どのくらい入院したかというと
一か月チョットです。

その間私は何をしていたかというと
ベッドの上でバイトをしていました。
今で言う「テレワーク」です。

そのバイト先は先ほど書いた
ブラック企業です。

このブラック企業は
私をコキ使っているのは明らか。
しかし私は
そうするしかありませんでした。

当時クラウドソージングもなく、
不健康で入院中の私を
誰が雇いたいと思いますか?

私が働かなければ妻が生活できない。
私は必死でした。

私自身のビジネスも急激にダウン。
高額な入院費や支払い、
貯金も収入もゼロ。

入院中に区役所の人から連絡があり、
「生活保護受給できるよ」と言われ、
退院後に私はすぐに
区役所へ向かいました。

生活保護申請

退院後はもちろん
収入ゼロ、そして貯金もゼロ。
退院できましたが、
通院はしばらく続く状態。

「生活保護受給できる」
という良い知らせ。

私はすぐに区役所へ向かいました。

ところが・・・

申請すらできませんでした。

生活保護の担当者と話したところ、
生活支援してくれる親はいないのか
と聞かれました。

しかし私には生活支援をしてくれる
親戚はいません
でした。

そしたらどうのこうの、
いろいろなことを聞かれ、
記憶によると確か、
「1日千円までならOK」とか言われ、
私は非常に腹が立っていたのを
覚えています。

仕事がない

この時期が私の人生で
一番ドン底でド貧乏です。

そして私は生活保護はあきらめ、
仕事を探すことにしました。

すぐにでもお金がほしい!

ネット通販の仕事が好きな私は、
ネット通販の仕事を
あきらめかけたこともあります。

稼げりゃなんでもいい!

某有名なゴスロリショップ、
電話対応や出品作業をしている
会社へ面接へ行ったことがあり、
面接中に採用が決定しましたが、
家に到着後電話があり、
採用を取り消されたこともあります。

もちろん絶望しました。
理由は不健康です。

そして遂には「BAR」の求人、
面接へ行きました。
オーナーが言うには
「ウチもネット部あるから
そこで働いてみる?」と言われ、
採用の電話を待っていましたが、
電話はつながりませんでした。

仕事は選んでられない!
自分の苦手な仕事、
接客もしょうがない!
そういう状況でした。

私の病が完治したと認められるまで、
その間3つの職場を渡り歩き、
最終4つ目の会社で落ち着きました。
しかも通勤時間は往復100秒。

この頃から私はドン底から
少しずつ這い上がることが
できました。

さいごに

今の私が存在するのは
こういったつらいことを
乗り越えてきたからです。

どんなにつらい状況であっても
諦めることはしませんでした。

癌の妻の面倒を見なければならない!
私も時々ネガティブに
なることはありますが、
前向きに生きて努力してきた結果が
いまの私になります。

いまの私
・勉強大好き
・ビジネス大好き
・お金大好き
・家族を大事にする
・頑張っている人を応援したい

私自身ドン底を経験したので
自分で言うのもおかしいですが、
本気で頑張っていいる人に対しては
優しいと思います(笑)
ちなみにいい加減な人に対しては
厳しいかもしれません(笑)

生活保護を受給できなかったこと、
これもまた良い経験だな
と思っています。

人に頼らずに自分で行動してきた結果
めちゃくちゃ考えて行動し、
自分自身で稼げるようになりました。

生活保護を受給しないメリットは
自分でお金を稼がなければならない
状況を作りだしてくれること。
必然的に努力しなければならなくなります。

その他
イケぽんをフォローする
永井イケぽんのオススメ副業レンタルスペースとネットショップ運営 個人ブログ