転職回数が多くても不利ではない

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

みなさんは何回転職したことがありますか?
私は余裕で10回以上も転職しています。

転職回数が多いと不利?と感じる人は大勢いると思いますが、
実際そんなことはありません。
私は過去に面接で「転職回数が多いから」という
理由で不採用になったことがあります。
その面接担当者は見る目がないなぁと思ってますw

非常識だから転職を考える

私はなぜ10回以上もの転職をしてきたのか?
それは「社会」で常識とされていることが非常識であり、
こう考えると私自身が社会から見ると非常識だからです。

会社という組織には様々な価値観を持った人が集まって仕事をしています。
ですので会社には会社の「ルール」というのが存在します。
もちろんこのルールは会社によって異なります。

そしてほとんどの会社は「会社都合」にルールが作られています。
そのルール、経営者自身は常識と思ってるのですが、
これに違和感を感じる従業員は非常識だと感じているはずです。

しかしほとんどのサラリーマンが理不尽な会社のルールの下で
「我慢」して「ストレス」を感じて働くことをしています。

このルール、たとえば
・残業代なし(違反)
・10分前に出社が常識だ
・15分前出社が常識だ
・昼休憩中も電話対応をしろ(違反)
・忘年会に参加しろ
会社側からしたら常識かもしれませんが、
私がこれらのことに従わないと、会社側は私のことを非常識だと思います。

だいたい、そんな細かい常識なんてどこで誰によってどのように作られたものなのでしょうか?
義務教育?(笑)

ですので私のような自由人は会社という組織が窮屈なんです。
実際、単独行動を好む1匹オオカミタイプは仕事ができて稼げる人が多いんです。

自分と価値観の合わない職場に入ってしまった場合、
早く退職することをおすすめします。
価値観の合う者同士仕事をすると、
気分よく仕事ができます。

社会に合わない、自分は社会不適合者だ。
それはある意味正しいんです。

このような人は自分で稼げるスキルを身につけると
余裕で生きていけます。
サラっと簡単に言いましたがw

ですので、もしあなたが今勤めている会社が合わないと感じているのなら、
頑張って自分で努力してみるか、
思い切って就職してみましょう。
前に進まなければずっとい闇の世界が続き、
勇気を持って一歩前に踏み出せば可能性のある新しい世界が見えます。

転職回数が多いメリット

アメリカの社会人の平均転職回数は10回以上だと聞きます。
しかし日本の社会人の平均転職回数はたったの3回。

転職回数の少ない日本の社会人は
視野の狭い井の中の蛙

ずっと同じ会社で働き続け、
部長や課長などの肩書をもらうこともあるでしょうが、

本当に実力がなければそのような肩書は他社では通用しません。

現在私が勤める会社はぶっちぎりでWEBの仕事ができますが、
もしAPPLEに就職したら、大したことはないでしょう(笑)

転職を繰り返すことにより、
①その業界での自分の市場価値がわかるというメリットがあります。

私の場合、この地域での給料はそんなに高くはありませんが、
転職で面接をする際、給料の交渉をしています。
会社側から言われる給料では、かなり損をします。
結構無茶言ってますよ(笑)
初対面の相手からしたらなんだコイツ?って思うかもしれませんが、
動かぬ実績をベースに語れば、大抵の相手を納得させることができます。

転職を繰り返すことにより
②天職に巡り会えます。

私は元々WEBデザイナーになろうと決めて、
とあるスポーツジムのWEBデザイン担当になり、
勉強しながらホームページを作っていました。
社員にならないか?という話があったのですが、
あまりにも退屈すぎて転職しましたw

そしてネット通販の仕事に出会い、
この仕事は一人でできる仕事が多く、
非常にやりがいのある仕事だと感じ、
私の天職を見つけました。

ネット通販の仕事は私ひとりに
・商品撮影
・商品写真の加工
・ページデザイン
・動画編集
・SEO対策
・アクセス解析
・広告や企画
・フライヤーの作成
・プログラミング
・エクセル編集
・もっともっと!
などなど、私がパソコンができるからと言って
無茶難題を言ってきます(笑)

そして2年ほど前、私はもう一つ副業で天職を見つけました。

転職を繰り返したり、いろいろなことに挑戦すると、
天職を見つけることができるんです。

日本の社会人の平均転職回数が3回、
もっと外の世界を見て刺激を受けて視野を広げようよ!と思います。

自分の更なるスキルアップのために、転職を繰り返すことは良いことです。
もし面接官が冒頭で書いた「転職回数が多い」ことを気にして
不採用にする人だったら、
その会社で働く価値はありません。

転職するならスキルアップも必ず