稼ぐなら語学は必要

ネットビジネス
スポンサーリンク

みなさんは英語は話せますか?
おそらくほとんどの人が「NO」と答えると思います。
※現在の小学校教育はわかりませんがw

私の世代の英語教育、
日本人は文法ばかり勉強しますが、
文法ばかり勉強しても
実際に英語をしゃべる「経験」がないから
日本人は英語をしゃべれないんです。

私は海外留学の経験があり、帰国子女です。
ですが英語を話すことができません(笑)
なぜか?
もともと無口な性格で、しゃべることをしなかったからです。

日本語を話さない環境に放り込めば
英語は自然と身につくと
親のアホみたいな考えもありましたw

留学中は日本に興味のある外国人に日本語を教えたり、
アニマックスを日本語で視聴していましたw
しかも語学に興味がない、しゃべるのが苦手、無口・・・。
はい、英語が身につくはずありません。

と、余談はこれくらいにしておきます(笑)

たとえば英語、
稼ぐことにおいて英語は話せると便利ですが、
私的に「英文の読み書き、聞き取り」えできればそれで十分だと思っています。
これができると視野はグンっと広がります。

情報収集

英語の文章を読めるだけで海外の情報をいち早く知ることができます。
たとえばアメリカで流行った事が数年後遅れて
日本へやってくる傾向がよくあります。

音声コンテンツとか良い例です。
アメリカでは音声コンテンツの収益がYouTubeの10倍あり、
動画より音声が盛り上がっています。
この音声が数年後日本へやってくると言われています。
となると、音声コンテンツが盛り上がる少し前くらいから
音声コンテンツのジャンルで先行してポジションを先にとっておけば
稼ぎやすくなるというわけです。

と、英語を読む能力さえあれば、
最先端のニュースをいち早く知ることができ、対策もできます。
リサーチだって可能なんです。

稼ぐのであれば、日本国内だけではなく、
海外に目を向けておくことも重要です。

コミュニケーション

英語を喋ることができなくても、
書く事さえできれば、海外の人とチャットができます。
私は帰国子女でありながら
英語をしゃべるのは得意ではありませんが、
書いてコミュニケーションを取る程度のことならできます。

結婚相手

自分が語学が苦手でも、
結婚相手、つまり自分の妻が日本語ができる外国人であれば、
通訳となり、自分のビジネスを広げることもできます。
自分の苦手なことをカバーしてくれるって良いことですよね。

たとえばネット通販をして海外から仕入れをしたい場合、
妻が英語圏の人であれば英語で取引、
中国語圏の人であれば中国語で取引、
日本国内でビジネスをするよりもチャンスは広がります。

通訳として人を雇うということもできますが(笑)

さいごに

高齢化、少子化、日本の人口はどんどん減ってきています。
30年後、40年後には1億人以下になっているのではないでしょうか?
※詳しくはググってください(笑)

日本人が減少する、
これは日本の消費者が減少する、
ということは稼ぎにくくなるということになります。

ですので今から海外も含めてビジネスを考えておいたほうが良いでしょう。

英語をしゃべることができなくても
読み書き、ヒアリングがある程度できれば、
海外の情報を得ることができます。

そしてビジネスのヒントは海外に落ちていることがよくあります。
実際に海外へ行ってみるのもよい勉強になります。