1日6時労働で仕事 短時間労働の会社は正社員の生産性アップ

仕事関係
スポンサーリンク

みなさんの会社は1日何時間労働ですか?
おそらくほとんどの会社が8時間労働ではないでしょうか?

ですがなぜ8時間も労働しなければならいのか
疑問に感じたことはありませんか?

私は疑問に思っています。
8時間労働って長すぎます。

今日は私が思う8時間労働について書いていきます。

いつまで8時間労働という常識で生きていくんでしょうかね?(笑)

集中力

そもそも人間が8時間も集中力が持続すると思いますか?
午前中に集中力をもって働き、昼休憩、
そして午後からは眠くなってグダる。
このような経験はありませんか?

人間の集中力は午前中がベストなんです。
そしてあなたは何時間集中力を継続して仕事ができますか?
5年ほど前の私は10時間ほど集中力を継続して仕事ができました。
ですが今は無理です(笑)
長く集中できて5~6時間ほどだと思います。

となると、仕事をする時間というのは
集中力が継続している時間だけ仕事をするのが効率が良いです。
※職種による場合もあります。

集中力が切れている状態、本当に効率よく仕事ができて、
疲れている状態、本当に生産性が良いでしょうか?

今は働き方も変わって「6時間労働」の会社も増えてきており、
そっちのほうが生産性が良いと気づいているんです。

特にクリエイター、デザインに詰まった場合、
どんなに考えても何も創造できないので、
その日は仕事をせず翌日にまわす、という人もいます。

つまり、気分がよくない状態、調子の良くない状態で仕事をしても
良い仕事はできないということなんです。

集中力が高くないといいものが作れない。

労働時間を絞って集中力を高めることが生産性を高めます。
集中力が切れたときに働くと無駄なのではないのでしょうか。

ということで私は会社での8時間労働は無駄だと思っています。
ですので会社では実際2時間ほどサボっています(笑)

などと書きながら・・・(笑)

などと書きながら私は副業をしています。
本業で9時~18時。
帰宅後に副業、だいたい3~4時間くらい副業をしています。
家に帰ってから眠くなれば1時間ほど睡眠、
そして副業を始めたりします(笑)

おいおいおい、長時間労働は生産性に影響すると先ほど書きました。
ではなぜ私は家に帰ってからでも仕事ができるのか?

それは会社との「環境」が違っているからだと思っています。

会社と違い、家では・・・
・家族と会話をしながら仕事
・アニメを見ながら(ラジオのように聞きながら)仕事(笑)
・自分の好きな空間で仕事
・煩わしい人間関係がない空間で仕事
・マイペースでのんびり仕事
・会社ほどストレスを感じない

・寝たい時に寝れない(笑)
・あまり時間に追われなくて良い

など自分にとって全て良い環境で働くことができています。
あくまで私の場合です(笑)

もちろん集中するときは集中しますよ(笑)

そう

気分よく働くことは仕事の生産性に大きく関わってきます。
これは「集中力」とは別物です。

そしてなぜ私が毎日欠かさず副業ができるのか?
過去の記事にも書いた記憶はありますが、
それは「仕組み」にあります。

毎日の作業をルーティン化すればいろいろ継続することができます。
続ける意志力はなくても、このルーティンという仕組みさえ作ってしまえば
毎日継続して、積み重ねて作業をすることができます。

サラリーマンが朝起きて電車に乗って会社に着いて・・・
会社で朝礼、仕事、退社。
これも仕組みです。

そう、ビジネスは上手く仕組みを作り、
毎日積み重ねることが成功への近道です。

ですが、会社ではバリバリ仕事ができて
在宅勤務になったとたん仕事ができない人・・・

ああ、書いたきりがありませんので
これくらいにしておきます(笑)

校長先生の話かっ!(笑)