伸びない倒産する会社の特徴 今後伸びる会社とは

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

突然ですが、皆さんが勤める会社は「将来性」を感じていますか?
私が現在勤める会社は「将来性」を感じることができません。

タイトルにある、今後どんな会社が伸びるのか?
答えはこちらです。
・安月給だけど楽しい職場だ!
・社長はいい人だから少しくらいサービスしていいか!

と社員に思わせるような会社が今後生き残ります。

コロナの影響により、86%の企業が売上激変。
ですが私の勤める会社は昨年対比300%近くまで上がっています。
私が担当している「楽天」の店舗、
私が担当するようになってから昨年対比を700%まで上げました。
はっきりいって絶好調です。

こんな会社なのですが、
先ほど書いたように、私はこの会社に将来性を感じていません。
はっきり言って今がピークです。
今後伸びることはありません。

なぜここまで断言できるのか?を書いていきます。

経営者が勉強しない

あなたの会社の経営者は勉強していますか?
今の時代、時代の変化に適応して知識を身につけて
行動していくことができなかえればオワコン化します。

たとえば車業界の会社であれば「MAAS」を知らない、
ネット通販の業界であれば「D2C」を知らない、
これくらい知っていないと相当ヤバいです。

時代はどんどんデジタル化していきます。
ってこんなことは誰でも知っています。
知っておきながらいつまでも「アナログ人間」であると
職を失います。
たとえば今の時代、ビジネスでスマホが使えないとか有り得ないですよね。

経営者が勉強をしない、これは知識が足りないということになります。
知識が足りないとどうなるか?
ちゃっちい知識でしか行動に移せない。
よって失敗する。
ということになります。

私が勤める会社の経営者は、
・飲み会大好き
・遊び大好き
・従業員と雑談大好き
・人の時間を無駄にする
といったような経営者です。

あなたの会社の経営者はこのような経営者ではありませんか?

経営者が罵倒する

私が勤める会社の経営者は、
決まった相手に対して「罵倒」しています。
つまりパワハラなわけですが、
パワハラはいじめ、いじめは犯罪です。
そしていじめをするような人は
いじめは犯罪という自覚がありません。

どのような相手に罵倒しているのか?
「なにも言い返してこない相手」に罵倒しています。

なぜ言い返さないのか?
言い返すと経営者が更にヒートアップするからです。
と、普通は考えますが、
実は言い返して逆らったほうがいいんです。

なぜなのか?

人や動物は、普段人が行わない予想外の反応をするものに出会うと
生理的に恐怖を覚える習性
があります。
普通の人があまりしない行動を取ると目をつけられにくくなります。

罵倒された社員側は後ろに下がってなにも言いません。
罵倒する経営者側は更に攻撃に的になります。
ここで罵倒された社員側が一歩前にでると、
罵倒する経営者側は思わずひるみます。

単に歯向かって言い返すのではなく、
謝りながら相手との距離を詰めていくのが最強です。
「こいつめんどくさいやつだ」
「こいつはヘンだ」
と相手に思わせたら価値です。

聞いたことありませんか?
一度勇気を持ってイジメっ子に歯向かってブン殴ってみろ!と。

私は普段温厚ですが、突然キレて暴れたらこわいですよね?(笑)
※最近ツッパリのようにキレてやりました(笑)

経営者が社員を罵倒する。
これは社員が気分よく働くことができません。
やる気をなくします。

やる気というのはやる気のない人が作った言葉だと思っています。
なぜなら気分よく働くのは通常であるからです。

ビジネスとは仕組みです。
いかに効率よく社員が気分よく働けるか。
残業させずに済むか。
効率よく作業させることができるか。

これはいろいろな仕組みの「一部」ですが、
これができない経営者、いずれ会社は潰れます。

経営者は自分の働く時間を減らす「仕組み作り」が重要。
いつまでも忙しい経営者はいずれオワコン化します。
私の課題でもあります(笑)

目的が「他社を潰す」

みなさんは商品やサービスを提供する目的ってなんだと思いますか?
誰でもわかりますよね?
それは「お客さんに喜んでもらう」ことです。
喜んでもらう対価としてお金を得ることができるんです。

ですが私が勤める会社の経営者は
・この商品でこの会社をぶっ潰す

という信じられない考えのもと商品開発をしています。
来客中に聞こえたのですが、
取引先?にも「この商品でこの会社をぶっ潰す」
ということを言っていました。
いやいやいや、そんなこと言うってありえないっしょ。

そのとある商品、生産工場が同じでした。
その商品を出品すると、
「パクリ商品」だとお客さんに商品レビューを書かれました。
バレバレです。
その商品を販売している先行者がいて、
「この商品でぶっ潰して」です。

後発組のパクリ商品が勝てるわけないでしょ(笑)
ってか自爆しますよ(笑)

経営者の行為がブランド価値を下げる

前項目で書いた商品ですが、
確実に自社ブランドの価値を下げています。

最近はいろいろなジャンルの商品を開発していますが、
低品質な商品ばかりなので、
お客さんにもそれがバレてしまい、
確実にブランド価値を下げてしまっています。

あまり細かいことは書けませんが(笑)
毎日クレームの電話が入っているようです(笑)

そして経営者がブランド価値を下げいる行為
それがSNSの書き込み。

病みコメントをしたり、
写真付きで従業員をバカにするような書き込みをしたりしています。

そしたら部下も影響されて、
同じような書き込みをするようになってしまいました。

いやいやいや。

会社が信用を失ったら終わりですよ。

そしてフォロワーが全てファンとは限りません。
そしてファンを裏切ると、ファンは最大のアンチと化します。

従業員に投資をしない

ブランディングに必要なことはいろいろありますが、
その1つとして、
有能な人材を雇い、有能な人材に投資をしていく。
というのがあります。

私が勤める会社、私は楽天の売上を昨年対比700%まで上げ、
今でも常に昨年対比超えをキープしています。
ですが私は良い思いをしていません。

私以外にもうひとり仕事ができる人がいます。
会社を変えようといろいろを提案してきました。
それは基本的なことも含んでいるのですが、
経営者とその周りが無能のため、
結果、会社はなにも変わることとができませんでした。

整理整頓、掃除、組織図、在庫管理。
どうでしょう。
会社をよくするためには当たり前のことですよね。

先ほど書きましたように、経営者はよく罵倒します。
「5年間なにも変わっとらん!」
そんなに罵倒するならなぜリストラしないのか?
経営者が認めない社員、罵倒するために存在するのではないのですよ?

この会社の経営者は従業員に投資せず、
広告宣伝費にばかりお金を使います。

だめだこりゃ。

さいごに

冒頭にも書きましたが、
私が現在勤める会社に将来性はありません。

私を含め、すでに5人の社員が退職を考えている。
となると、芋づる式に退職者が続出します。

この会社は上場企業を目指しているそうですが無理です。
この前、正社員として採用になった人が初日で辞めました(笑)
上場する際、審査は厳しく、
残業や離職率といったことも見られます。

残業代は出さないから残業するな、と言っておきながら
残業ばかりさせるようなビジネスの仕組みを作る経営者。
徹夜残業させたり、人材をぶっ潰したり、
もうだめだこりゃ。

経営者に付きまとっているのは、
経営者に気に入られたい「犬」のみです。

会社が倒産しそうだと感じたら
倒産する前に退職して次の職を探すor自分で稼ぎましょう。
面接で退職理由が「倒産」だと、
危機管理能力のない人だと思われます。

社長が天才、少数精鋭だと聞いて入社したんですけどね。
幼稚でした(笑)