やってはいけない副業 時給換算しよう

仕事関係
スポンサーリンク

皆さんは自分の時間を「時給換算」したことありますか?
私はよくします。
なぜか?
現在の私の月収を時給換算して、
この作業は果たして私の時給にふさわしいかどうか?
ということを考えます。

自分が稼げる人間でなくても時給換算しましょう。
そうすると稼ぐことにおいて時間を浪費しない生き方になってきます。

クラウドソージング

クラウドソージングで稼ぐことはお勧めしません。
なぜならクラウドソージングは「激安」であり、
価格が安くて高品質な方へ依頼が集中します。

クラウドソージングこそ
「自分を安売り」
「時間の浪費」
をしてしまうんです。

ただ、クラウドソージングにもメリットがあり、
・スキルアップの修行の場として利用する
・自分の実績を積むために利用する

という目的であれば利用しても良いです。

良くないのは、いつまでもクラウドソージングに頼って収入を得ることです。

自信がつくまでクラウドソージングは無理!
という人もいますが、自信がなくても思い切ってやりましょう。
新しいことを始めるのに自信がないのは当然ですが、
そこで思いきって始めることができるようになりましょう。
実践こそ最大の勉強、最大限に実践で学べる場だと思いませんか?
勉強しても実践経験がないと知識ばかりで役に立ちません。
思い切って始めて、1000時間頑張ってからがスタートです。

スポーツ、ゲーム、デザイン、プログラミング、
何事も1000時間学んでからが始まりです。

スキルが身につかない時給制のバイト

副業OKの会社だからと言って本業後に時給で稼ぐのは良くありません。
どうしても今すぐお金が必要という場合は除きます。
時給で働くということは自分の貴重な時間を安売りして働いている状態です。
ですのでいつまでも時給で働くことはおすすめしません。

前々回の記事で書きましたように、
自分の商品を作って稼いでいきましょう。

時給で働くのであれば絶対に
将来的に役に立つスキルが身につく仕事!を選びましょう。
例えば動画編集、サムネデザインがお勧めです。
接客やレジ打ち、警備員といった時給アルバイトはおすすめできません。

前々回の記事でも書きましたが、
時代はジョブ型雇用(専門職)を求めています。

本業がネット通販の仕事なのであれば、
副業でネット通販をするのもアリです。

本業で覚えたことが副業で役立つ、
副業で覚えたことが本業で役立つ。

しかし、本業を辞めて副業でネット通販に本腰を入れた場合、
本業で得ていたネット通販に関する情報源が絶たれれしまう場合もあります。
常に業界の情報源は確保しておくこともおすすめします。
別業界の商材なら、まぁ話はまた別となります^^;

アプリで安い商品を売る

アプリで安い物を売る、
人的リソースのコストを考えてみましょう。
・撮影出品
・問い合わせ対応
・梱包と発送

仮に自分のアルバイトの時給が1000円だとして
出品に30分かかるとします。
この場合、500円稼いでいることになるのですが、
30分かけて出品した商品の利益が500円なければ時間の無駄です。
いや、利益が600円とかでも時間の無駄でしょう。

この時間は非常に無駄であり、
出品に30分かかるのであれば
少しでも本を読んで自分の未来に投資して
知識を頭に入れておいた方がずっと良いです。

つまりメ〇カリは売れるからと言って
利益のない商品ばかり売っていると
それは運営の思惑通りであり、
出品者はゲームにハマっているかのように出品を続け、
売れることの喜びを続けてしまいます。

どうせ出品するのであれば利益のある商材を見つけて
売っていくこと
をおすすめします。

価格を安くすれば売れる!捨てるともったいないからと出品して
100円や200円の薄利で売ることは自分の時給に合っていません。
時給換算すればわかります。
利益の少ない商品にかける時間がもったいないので
捨てましょう。

メ〇カリは一度売れたら再出品しなければなりません。
ところがショッピングカートだと、
一度出品したら削除しない限りずっとページが残ります。
ショッピングカートは出品作業は1回でよいので
メ〇カリより生産性が高いんです。

さいごに

別に稼ぐことが正義、稼ぐことが全てとは思っていませんが、
一度きりの人生、資本主義社会、やっぱり稼ぎたいじゃないですか。
いつも言っているのですが、稼ぐとほとんどの悩み事はなくなります。

稼ぐためにはまず皆平等に与えられた「時間」を無駄にせずに
生きていくことが重要です。

ですので今日から「時給換算」してみましょう。

ちなみに、
「私のトイレの時間って〇〇円なんだー!とか」
おバカなことを考えていたこともありましたw