社長に求められること3選 これができなければ経営者失格

仕事関係
スポンサーリンク

私は今まで様々な会社に勤めてきました。
転職回数は10回以上あります。
はっきり言ってこんなに転職する人は滅多にいません(笑)

そしてわたしは今までいろいろな社長を見てきました。
今日は私が思う社長に求められること、
いろいろあると思うのですが3点選んで書いていきたいと思います。

営業力

私は主にネット通販の仕事をしています。

経営者は営業力必須です。
私が現在勤める会社と前職の会社、
社長に圧倒的差があります。

それは経営者の能力です。
とくに営業力というのは一番必要です。

なぜか?

例えば私はは誰かの下で働くと実力を発揮する最強の2番手です。
※このように言われたことがあります(笑)

前職の経営者の能力が10とします。
私の実力が100だとしたら、
10×100で1000の結果を生み出せます。

今の職場の場合、
経営者の能力が100で、
私の実力が100だとしたら、
100×100で10000の結果を生み出すことができます。

つまり経営者良い仕事をとってきたり、
またはネット通販の場合は良い商品を仕入れてくれれば、
私は最大限に経営者の能力を活かすことができるんです。

前職では私がどんなに頑張っても売上はなかなか上がりませんでした。
ですが今はグンと売上が伸びました。

会社経営で一番重要なのは社長の営業力であり、
これが会社=社長と言われている理由のひとつでもあります。

ちなみに、社長自身の実力が無く、
売上が伸びないのを従業員のせいにしている社長、
これはかなりの無能です。

実力の無い社長の下で働くといことは
限られた自分の時間を無駄にします。
厳しいですが現実です。

やる気を引き出す

誰にでも一人で稼ぐ限界というのはだいたい存在します。
もっと稼ぎたい!
ではどうすれば良いのか?
従業員のやる気を引き出し、
従業員の能力を最大限に活かすことができるようにすることです。
これができないと会社は伸びません。

あなたの会社の社長は馬鹿がする粗探しや、
従業員に罵倒したりしていませんか?

社長とは従業員を上手くコントロールする能力も求められます。
従業員を使って稼ぐ、これは本来正しい稼ぎ方と言えます。
ほとんどの人は働いて稼ごうとする。
これが間違っていることに気づいていません。

自分でやる仕事が多すぎる場合、
従業員を使って自分の作業量を減らします。
自分は営業で仕事をとってきて、
従業員に30%の報酬を渡す。
自分は営業をするだけで済み、
その他の仕事は従業員がやる。

つまり、営業で仕事を取るだけで70%の報酬が
自分に入ってきます。
もちろん、自分の仕事時間も減ります。
これを極限まで高めると、
ほぼ不労所得になります。

ですので社長は
従業員のやる気を引き出す能力が求められます。

従業員を上手く使えない社長は
稼げるチャンスを自ら閉じています。

健康

私が今まで見てきた中小企業の社長、
全て共通していたのは健康だということです。
社長というのは健康で当たり前であり、
病気で倒れるなど絶対にあってはならないことです。
ジムに通っている社長もいました。
健康管理ができているんです。

ですが人間は必ず風邪をひいたりします。
私が見てきた中、
多少の熱があっても社長という人は絶対に病欠しませんでした。
それが会社を背負い引っ張っていく責任感です。

会社と家庭は似ていて、
会社の社長、家庭では父親に当たります。
父親が倒れたら家族に迷惑をかけます。
父親が病気で倒れてばかりいたら、
生活に苦労しますよね?
社長が倒れてばかりいたら、
取引先との信頼関係を失う場合もあります。

わたしは自営業をしておきながら
病気で倒れたことがあります。
副流煙を吸わされ続けて体調不良になったのですが、
そうなる前に退職するべきでした。
もちろん家族にも迷惑をかけました。
入院中にも関わらずベッドでパソコンを使って
テレワークをしていました。
先ほど書きましたように、家族を支える責任感です。

さいごに

わたしが思う、社長に求められること3点。
・営業力
・従業員のやる気を引き出す
・健康

会社経営で稼ぐにはこの3点が重要です。

私にはできるのか?
できません。
先ほど書きましたように、最強の2番手です。
誰かの右腕としてタッグを組むことで
実力を発揮します。

私は一人でも稼ぐことができます。
ですが最近、一人で稼ぐスタイルから人を使って稼ぐタイプに
徐々にシフトしていきたいとも考えています(笑)