仕事でチャットは無駄 デメリットが大きい

仕事関係
スポンサーリンク

みなさんは仕事でLINEを使っていますか?
LINEに限らず、スカイプやフェイスブックのメッセンジャーも同じです。
仕事で使うチャット、実は無駄で効率が悪いんです。
今日はその理由を書いていきます。

※過去にチャットが無駄だという記事を書いた記憶がありますが、
気にしないでください(笑)

文字入力

チャットは文字入力に非常に時間がかかります。
そして文字入力をしたら誤字脱字チェック。
おかしいところがないか読み直して送信。

スマホで文字入力する人もいますが、
パソコンのキーボードでブラインドタッチを覚えたほうが
圧倒的に早いです。

たまにパソコンの仕事をしておきながら
ブラインドタッチができない人がいます。
これができないとパソコンの仕事全てにおいて効率が悪すぎます。

あなたは大丈夫ですか?

伝わらない

テキストで言いたいことを伝えるのは困難です。
いろいろ誤解してしまうことはよくあります。
メッセージが届いたのは良いが、
まず内容を理解するところから始まることもよくあります。

そしてテキストは感情がありません。
テキストだけ見ると、怒っているように見える。

そして次の項目です。

チャットで議論する人無能

文字入力に時間がかかる。
誤字脱字チェック。
言いたいことが伝わらない。
誤解を生む。
メッセージを理解するところから始まる。
テキストは感情がない。
文字だけだと怒っているように感じる。

と、これだけマイナス要素があります。

こんな状況、チャットで議論をするということは
超絶無駄なんです。

議論は相手と直接対面で行えばスムーズにできます。

チャットをするなら4行まで

チャットを使うなら4行以内にしましょう。

A「明日どうすればいいですか?」
B「明日?」
A「例の約束」
B「ああ、思い出出した。○○駅に来て」
A「何時に行けばいいですか?」
B「正午」

とこのようなやり取りはとても無駄何です。
ではどうすればよいか?

A「明日、例の約束の件ですが、場所は○○駅、時間は正午でいいですか?」
B「あ、明日だったね。場所も時間もそれでいいよ」
A「了解です。」

このようにすれば3行で終わります。

つまり、相手に言い返されないような文章を最初に書きます。
そうすると無駄がなくなります。

と、書いておきながら、たまに私も長々と書いてしまう時があります(笑)

さいごに

私はLINEやメッセンジャーなどのチャットが大嫌いです。
こういったテキストにはメリットもあります。
・言った言ってないの問題を解消できる。
・相手の時間の都合で内容を読んでもらうことができる。
探せば他にもあると思いますが、
メリットとデメリット、
私はデメリットのほうが大きいと思っています。

私のチャットの返信は大抵
「はい」で終わります(笑)
文字だと冷たく感じたり、怒っているように感じますよね。
実際、怒っていることもあります(笑)

私はチャットが大嫌いです。

仕事ではなるべくチャットは使わないようにしましょう。