サラリーマンは稼げない 年収が低い問題

仕事関係
スポンサーリンク

今回はサラリーマンが稼げない理由を書いていきます。
※「本業+副業」で稼ぐことを除きます。

優秀な人が損をする

サラリーマンとして優秀な人が会社で働くと損をします。
ただし、ぶっちぎりで仕事ができて年収1000万を超える
サラリーマンもいますが、このような人は除きます。

会社の組織では、上位2割の人間が優秀であり、
彼らが組織の8割の利益を生み出していると言われています。

上位2割が下位8割の尻拭いをしています。
でも全体でみると給料水準は同等なんです。

だからサラリーマンでいくら優秀でも稼ぐことはできません。

リストラできない

組織内では平均以下の仕事をしている人は、
会社の指示通りに仕事をして、考えて行動しません。
先ほど書きましたように、少し言い方は悪いですが、
これは優秀な人がどんなに会社で利益を出しても
その利益は無能な人の懐へ流れていきます。

会社にいるだけで稼ごうとする人にはお得ですが、
真面目に結果を出して努力している人にはたまったもんじゃありません。

たとえば無能な社員の働きが月給5万円の価値しかなくても
月給20万を出さなければなりません。

ですが優秀な人がどんなに頑張っても
給料を上げることはなかなか難しいものです。

サラリーマンである限り、
稼げるときにドーンと稼ぐ、といったことはできません。

そしていくら社員が無能とは言え、すぐに簡単にはリストラできません。
ですがフリーランスの場合は簡単に契約を切ることもできます。

単価

サラリーマンは会社内でいろいろな仕事を依頼されますが、
上司から仕事を詰め込まれる場合が多くあり、残業するケースもあります。
その作業料と給料は割に合わないことが多くあります。

ですがフリーに仕事を発注するとどうでしょう?
たとえば動画編集では
・動画1分1000円
・サムネイル1枚5000円
・チラシやフライヤーデザイン1枚10000円~

など高単価な物が多いです。

フリーランスはこのような取引先を数件持つことで
サラリーマンより稼ぐことができます。

ですがフリーランスは社会保険に加入できないため
国保が馬鹿高くなります。

格下に合わせる

このブログではもう何度も書いていますが(笑)
優秀な人は格下のレベルに合わせて仕事をしなければなりません。
たとえそれが無意味で無駄な仕事だとしても
経営者の意思決定であれば、基本逆らうことはできません。

自分がスキルアップしよと思ったら、
格下から学ぶことはほとんどないので、
格上から学ぶことをしなければなりません。

ですのでサラリーマンというのは稼ぐことができず
時間の浪費でもあるんです。
※スキルを得るために使う時間は浪費ではありません。

年収1000万

本業+副業というスタイルなら年収1000万は可能だと思います。
ですがこれでは本業や通勤時間で10時間ほど束縛され、
自分のやりたい副業をする時間があまり取れません。

ですが自分でフリーとして働いたり、
起業したりして自分のやりたいことを全て自分の時間に当てることにより
年収1000万は難しいことではありません。

と、それほどサラリーマンは時間の無駄なんです。

さいごに

サラリーマンとして働くことは時間の無駄で稼ぐことはできません。
とは言え、サラリーマンとして働いて学べることはたくさんあります。
起業やフリーを目指している人は「修行」をするような場所でもあります。

いつまでもサラリーマンとして働くのが良くないんです。

私の場合、稼ぐことに目覚めたのがあまりにも遅かったので後悔しています。
このブログでは少しキツい言葉で表現していることもありますが、
少しでも私の経験を役立ててほしいと思い、書いています。

ああ、10年前に戻りたい(笑)