残業代で稼ぐのはNG 働かずに稼ぐのが正解

仕事関係
スポンサーリンク

皆さんはお金を稼ぎたいと思っていますか?
おそらくほとんどの人が「稼ぎたい」「金持ちになりたい」と思っていると思いますが
ほとんど実行に移す人はいません。

本当に稼ぎたい人は皆勇気を持って実行します。
たとえばブラック企業で働いていて辛い思いをしていても、
ほとんどの人が愚痴り、現状を変えようしません。
ブラック企業を離れ、勇気を持って1歩踏み出すと
失敗する成功するにかかわらず新しい光景が見えます。
ここで成功するかはその人次第です。
勇気を持って行動する人のみチャンスが巡ってきます。

今日のブログは
・残業代で稼ぐのはNG
・できるだけ働かずに稼ぐのは正解

という内容です。

主に残業代で稼ぐことばかりしている人に読んでもらいたい記事となっています。
文章ですので、多少キツく感じることがあるとは思いますが、お許し下さい(^^ゞ
少しでも今後の人生の約に立ててもらうことができれば幸いです。

残業代で稼ぐのはNG

残業代で稼ぐ人は・・・
・残業さえすれば月収が上がるので残業する
・働く気はないが、とにかくダラダラ残業して稼ぐ

など、いろいろあると思います。

私はこのように考えます。

足し算方式:時間給で稼いで稼ぎを積み上げる、稼げる上限が見えます。
掛け算方式:手元の資金を上手く利用して収入を倍増していく。

前者の稼ぎ方はいつまでたっても年収が伸びにくいサラリーマンタイプの思考。
後者はビジネスを理解している金持ちになるための思考。

ということは残業代で稼ぎ続けることは稼げる上限が見えるのでおすすめしません。

残業することのデメリットは主に2点あります。
・自分で勉強する時間を作れない
・長期的に見て副業の方が稼げるが、副業をする時間がない
・家族を大切にできない

自分で勉強する時間を作れない

あなたの会社に残業ばかりしている社員はいませんか?
残業するということは「自分で勉強する時間」を作り出すことができません。

勉強すると未来が見え、その未来に前もって対策することができます。
勉強すると自分自身で稼ぐスキルが身につき、自身がつきます。

勉強をしない人は進みゆく時代に対応できず、
時代から取り残されて貧困になります。

日本の社会人の1日平均の勉強時間がたったの6分と調査結果が出ています。
学校を卒業するとほとんどの人が勉強しなくなり、
税金を納めるサラリーマンとなるわけです。

毎日勉強すると未来が見え、自分でも稼げるようになります。
ここで勉強する人としない人、圧倒的に差が開きます。
勉強さえすれば、お金があれば大抵の悩み事は解決できる資本社会で
良い思いをすることができあます。

ですので1週間に1冊の読書から始めてみませんか?
読書は読解力も身に付きます。
読書で大切なのは、読んだら実行することです。
でないと読書の意味がなくなります。
本を書く人は「頭の良い人」「何かに成功している」人が多いので、
多くの人から学び、自分自身のオリジナルの価値観を作り上げていけば良いんです。
これだけで稼げる知識を身につけることができます。
※読書のデメリットもありますが、長文になるので控えます(笑)

長期的に見て副業の方が稼げるが、副業をする時間がない

残業する一般的なサラリーマンは、
平日残業して夜遅くに帰宅してすぐに就寝、翌朝会社へ・・・。
休日は疲れて昼近くまで寝て、外出して遊んでお金の浪費・・・。
と、残業する人はこんな生活でしょう。

これでは本当に稼ぐことはできません。
稼ぐことができる人は「遊ぶ時間を削れる人」でもあります。
私は遊ぶ時間を削りました。
稼げる人は無駄を徹底的に無くして働く時間を作り、
効率よく仕事ができます。

※一部例外有り

残業ばかりすると、帰宅してから、勉強する時間はもちろん、
副業する時間もありません。

会社で働くということは「経営者のために働く」ということです。
これは資本社会において当たり前の事なのです。
経営者が王様です。
自分で起業したり副業したりして稼ごう!と考えない人は
一生サラリーマンのままです。
サラリーマンは稼げる上限も見えて、私的には面白くありません。

これからの時代、稼ぎたいのであれば、自分自身で稼ぐスキルを身につけましょう。
いつまでも残業ばかりしていると、お金は稼げるかもしれませんが、
自分のためにはなりません。

産業革命まで残り10年ほどありますが、
この10年で自分で稼ぐ能力を身につけたり、
経営者になったり、勉強を続けて実行していた人が
10年後に金持ちになることができます。
できなかった人が貧困になます。
そして富裕層と貧困層の2つに分かれます。

勉強してスキルを身につけて今必死に頑張った人が
10年後に稼げるという未来は見えています。
なら、実行するしかありませんよね。
10年後に成功したいのであれば、
どうすれば成功するのかがわかっていますので実行してみてください。

アナログ系は稼げなくなりますので、
今からでもテクノロジー系でスキルを身につけてみてください。

車のドライバーやレジの会計といったAIでもできる仕事は確実になくなります。

私が育った家庭環境はお金にはあまり困ってはいませんでしたが
思考が貧乏人思考でした。
もし私が親の言うことを全て受け入れていたら今頃稼ぐことはできなかったでしょう。

稼ぐことにおいては親の言うことより、
稼げる年上の大人と付き合って思考を学んだほうが
圧倒的に稼げるようになります。

ほとんどの人は気づいていないと思うのですが、
子の才能をぶっ潰しているのは親本人なんです。
と、このことを書くと本題からそれてまた長文になるのでやめときます(笑)

家族を大切にできない

残業ばかりすると家族を大切にすることができません。
確かに残業代でお金を稼ぐことはできますが、
家族とのコミュニケーションを取ることができず、
離婚となってしまいます。

そうです。
いくらお金があっても夫婦とのコミュニケーションを取ることができなければ
結婚生活は面白くありません。
これがどんなにお金を持っていても幸せではないという理由でもあると
私は思っています。

できるだけ働かずに稼ぐのは正解

ほとんどの人が「働いて稼ぐ」ことをしていますが、
実はコレ、稼ぐことにおいてはあまり良くないんです。

お金を稼ぎたいのであれば戦略的に
あまり働かなくて済むビジネスが良い稼ぎ方です。

サラリーマン側は「働いて稼ぐ」ことに重点を置いています。
残業ばかりしても成果を出しても、
雇われるということは、いくら頑張っても楽になることはありません。

あまり働かなくて良いビジネスとは何か?
たとえば自分がWEB制作などの仕事を数件取ってきて、
それを部下に指示を出す。
自分は実際にWEB制作をしなくても、
部下にやらせることにより、自分も収益を得ることができる。
このようなビジネスです。

他にはオンラインサロンの月額収益を得て、
セミナーを開いたりというのもありますね。

つまり。

稼げる人は稼げば稼ぐほどヒマになっていきます。
1日8時間労働なんてする必要がないんです。

稼げるタイプには2種類あります。
・人に指示を出して稼ぐタイプ
・自分自身で稼ぐタイプ

私は後者です。
仕事が大好きなのですが、年をとるといずれ働けなくなるので、
前者にシフトしていく、もしくは
今のうちに稼いで労働時間を減らしてセミリタイヤかですね。
まぁ、働いちゃうと思いますが(笑)

さいごに

稼ぐ方法をまとめると、
・毎日勉強する
→勉強すると未来が見えて対策できる
→自分自身で稼ぐスキルが身につく

・テクノロジー系を学ぶ
→アナログは確実に稼げなくなります。

・残業をしない
→残業すると勉強や副業をする時間がなくなります。
未来の自分に投資しましょう。

さらに付け加えると、関わる相手は選びましょう。
自分が稼げる人間になるほど、
必然的に一般的なサラリーマンと話が合わなくなります。

稼げる人と話が合うようになります。
そういった稼げる人や格上と関わるようにすることをおすすめします。

勉強ができれば面白くなるから勉強が好きになる。
勉強ができないと面白くない。
これは稼ぐことも同じです。
自分で稼げるようになると面白くなり、
稼ぐことが楽しくなります。

今後の人生をなんとかしたい、稼ぎたいという人に
少しでもお役に立てる記事となっていれば幸いです。

文章を書くのが元々苦手ですので、ちゃんと伝わってますでしょうか?

このブログはとてもキツいことも書いており、
叩かれそうな内容もあるとは思いますが、
結果少しでも皆様のお役に立てればと思って書いています。
ご理解ください(^^ゞ