ブラック企業の社長の特徴や共通点

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

私は主にネット通販の仕事をしており、
転職回数はなんと10回以上とかなり多めです。
そして様々なブラック企業で働き、様々な社長を見てきました。

ブラック企業の社長といえば
・パワハラ
・従業員をこき使う
・平気で労基法違反

などいろいろありますが、
今日は私がいままで見てきた
ブラック企業の社長の共通点を書いていきます。

超絶せっかち

先ほど書きましたように、私は主にネット通販の仕事をしています。
どのブラック企業の社長にも言えることですが、
ありえないくらいせっかちです。

これは社長という立場上当然だと思うのですが、
せっかちすぎて従業員に負担がかかってしまい、
とても働きにくい状況となってしまします。

せっかちすぎる性格であるため、
従業員に対して怒鳴ったり文句を言ったりしがちなので、
こういった社長の下で働くのは非常に大変です。

私に出品を急がせることがよくありました。
が、大抵の場合、急いで出品しても
すぐに売れることはほとんどありませんでした(笑)

これ絶対売れるで!と自身を持って言われて出品しましたが、
何ヶ月経っても1個も売れませんでした(笑)
ちなみにこの商品は「大迫半端ない」のスマホケースでした(笑)

超せっかちな人と一緒に働くのは、わたし的には苦痛です。

意見を曲げない

社長は大抵頑固者です。
社長が全ての決定権を持っているので、
会社というのは社長そのものです。
そして社長の意見を変えることは不可能に近いです。

私は会社の売上をドーンと上げて実績を作っても
社長の意見を変えるのは不可能でした。

従業員の良い意見を取り入れて会社を良い方向へ導く頑固者なら良いですが、
周りの意見を聞かずに自分の意見だけの意見を貫き通す頑固者
これはでしかありません。

子供っぽい

まず、私は日報自体が無駄だと思っている人です。
そしてその日報に「店舗の売上のデータを細かく書け!」
という指示を社長から受けました。

私はこれが無駄だと思い、
通販サイトの管理画面のここを見ると、
細かくデータが載っているので、
ここを見てもらうとわかりやすいですよ。
とおすすめしたところ・・・

なんで俺の言うことを聞かないんだ?

と怒りはじめました(笑)

私は「怒りが静まって冷静になってからお話しましょう」
と社長に伝えました(笑)

機嫌が悪くなったら怒鳴って電話機を投げる社長もいましたね。
そして外部の人間、たとえば佐川急便の担当者に怒鳴っている社長もいました。

ブラック企業の社長はほんとにガキっぽい人ばかりでした(笑)

日報

冒頭にもかきましたように私は転職回数が多いです。
ブラック企業の社長に共通していることは
「日報を書かせたがる」です。
これ、ほんと事実です。

ブラック企業の社長は
従業員が日々どんな仕事をしているのかが気になるんです。

日報に対して粗探しをして文句を言う社長、
たまにいますが、この行為は
従業員のやる気を削ぐ最低の行為です。
ただ従業員を叱りたいために書かせるんです。
そのような経営者が日報を活用することはありません。
よって無駄しか生まれません。

私は1000文字以上ありそうな日報を見る機会が多いのですが、
こんな無駄なことをさせる経営者はマジ低ベレルです。

あなたの会社の社長、日報は大好物ですか?

余計な口出し

普段現場にいない社長が現場に入ると
話が非常にややこしくなります。

なんでこんなことしてるの?
あーだ、こーだ。
しまいには怒鳴ったり。

それを従業員がイチから丁寧に教えないといけないんです。

せっかく現場で連携を取っていても
社長が乱入することにより、
現場が上手く回らなくなってしまい、
時間も無駄になってしまいます。

ブラック企業の社長は余計な口出しがほんと多いんです。

なんでもできると思っている

私は「デザインが得意!」というだけで
・ネットワーク関連
・プログラミング
・イラスト(絵描き)
・トラブルシューティング

ができそうだと思わることがよくありました。
これらの仕事を断ると変な顔をします。

このようなことができるかどうか聞いてくる社長、
なんのパソコンの知識もない無知な社長であり、
従業員に負担をかけます。
社員一人にいろいろな仕事をさせて負担をかけさせます。

そしてソフトのエラーなんて無数にあるのに
私に聞いてもわかるわけないでしょ(笑)
自分でグって解決しろ!
って思うこともよくありました。

仕事ができる人ほど「GOOGLE」を活用し、
仕事ができない人ほどすぐに人に頼ります。

たとえばPHOTOSHOP専門の人にILLUSTLATORの仕事をふったりします。
ILLUSTLATORの仕事を無理やりさせられたときは苦痛でした(笑)
あれ以来、ILLUSTLATORの仕事は拒否しています(笑)

忙しいアピール

忙しい忙しいと言っている人ほど、
効率よく仕事が出来ていない人が多いと私は思っています。

忙しいと言っているブラック企業の社長は効率よく仕事ができない人だと思っています。
なぜなら、本当に稼げる人間は暇であるからです。
お金持ちほど暇であり、貧乏人ほど忙しいという事実があります。

そして効率よく仕事ができない社長と関わると、
無駄なことばかりさせられてしまいます。

忙しいアピールをする社長=自分が効率悪い→従業員に無駄なことをさせる

稼げる人は無駄を徹底的に省いて効率よく仕事をするから時間が余ります。
貧乏人ほど無駄なことばかりするから時間がなく、仕事の効率が悪いんです。

そして私は前者です。
無駄がなく仕事の効率が良すぎるため、会社の仕事は余裕で終わってしまいます。
そして帰ってから副業に没頭しています。

家に帰って
・夕食
・副業
・勉強
・風呂
・美容(肌と髪の手入れ)
をしていると、夜中の1時2時です(笑)

私は効率がいいのでどんどん予定を入れてしまい、
予定を入れすぎて忙しい人です(笑)
※美容をしなければ1時間以上時間が空きますw

さいごに

あくまで私の経験上ですが、
ブラック企業の社長は人を使うのが下手くそです。
ってかここ重要でしょ、って思います。

未だ年功序列にこだわっている会社はもれなくブラック企業。
入社してもいい思いは絶対にできません。
年功序列の会社は淘汰されていきます。

しっかり自分のためにスキルを身につけて、
会社にこき使われないように自分自身でも稼げるようになりましょう。