副業している人はすぐに会社を辞めないようにおすすめします

仕事関係
スポンサーリンク

副業で稼ぐことができたからといって
すぐに会社を辞めてしまうのは危険です。
フリーとして働きたいのであれば、
辞める前、会社員をしているときにしっかりと考えておきましょう。

このブログでは日々私が勉強したことや
いままで経験してきたことをブログにしています。
少しでも多くの方に役に立てていただければ幸いです。

収入が自動化できるまで

デザイナーが副業で1枚バナーやサムネイルを作って報酬をもらうタイプ、
会社を辞めたら必ず安定して収入を得られる保証はありません。

定期的にお金が入ってくる仕組みができているビジネスは成功しやすいです。

たとえば自分に動画編集の案件が回ってきたら、
自分でチームを作ってチームに動画編集の仕事をふって
出来上がった動画を自分でチェックして手数料をもらう、
そして確認後にクライアントに納品する。

この方法ですと自分があまり手を動かさなくても収入を得ることができます。
この仕組みが自分の収入の自動化です。
完全に不労所得とはいきませんが、
少しだけの作業で収入を得ることができる。
ほとんど働かなくても収入を得られるくらいにならないと会社を辞めてはいけません。

サラリーマンは会社にいるだけで収入が得られますが、
フリーはそうはいきません。

1年後の自分

1年後~3年後ちゃんと収入を得てメシを食っていける状態、
計画が頭にないうちは会社を辞めてはいけません。
もちろんお金の蓄えも必要です。

たとえばブログやYouTubeなどで月200万300万稼げるなら全然会社を辞めていいです。
このようなビジネスをあなたは持っていますか?

現在ではブログやYouTubeが稼ぎやすいです。
もしブログとYouTubeがBANされて、収入がなくなっても
自分に稼ぐスキル、たとえばデザインスキルなどがあれば、
自分の持つ市場価値で仕事を手に入れる確証が得られています。
スキルさえあれば仕事はなくなりません。
スキルがないうちは会社を辞めないようにしましょう。

会社員としての信用

会社とフリーで社会的に信用を得られるのは圧倒的に会社員です。
会社員のメリットはフリーより融資を受けやすいんです。
理由は会社員の年収はフリーより安定しています。

会社員であるうちに、
・クレジットカードを作る
・家のローンを組んでから会社を辞める
・ビジネス上関わりたい人がいるのであれば、
会社員時代にその肩書きを使って会いに行く。

肩書きがないフリーだと会いに行くのが難しです。

これらのことをやってから会社を辞めましょう。

しかっかり学んでから

もしあなたが自分より仕事ができる周りの人の意見を
すべて受け入れてしまう人なら、会社を辞めないほうがいいです。
このような人がビジネスの現場で活躍するのは難しいです。

もうひとつがスキル不十分の状態で会社を辞めてしまうと、
フリーとして成功することは難しく、
再びサラリーマンに逆戻りとなってしまいます。

他には税金の知識は身につけておきましょう。

さいごに

私は将来会社を辞め、個人で稼いでいこうと思っていますが、
現在の副業の年収ではまだまだだと思っています。
やはり十分な年収を得てからでないと、
そして数年後に私のビジネスはどうなっているのかわかりません。

みなさんも会社を辞めるときはよく考えてください。