おすすめプロゲーマーで稼ぐ方法 儲かる?儲からない? E-SPORTS ウメハラさん ときどさん

仕事関係
スポンサーリンク

ボンちゃん曰く
プロゲーマーとしての仕事だけで生活できてる人
日本国内で約10人

神戸三宮にJOSHINにE-SPORTSの施設ができたり、
日本のプロゲーマーが海外で活躍したり、
E-SPORTSがオリンピックの種目になったりまど
ゲームに関するいろいろなニュースが話題になっていますね。

今日の記事では、もし私がプロゲーマーだったら
どのように稼ぐのかを書いていきます。

プロゲーマーになりたい!という人は
プロゲーマーはどのように収入を得ることができるか
是非参考にしてみてください。

結果から言うと、プロゲーマーで稼ぐことができるのはほんの一部です。

大会に出る

プロゲーマーは海外の大会で優勝すると
日本円で3000万円近い賞金を獲得することもできます。
日本の大会では法律でここまで高額な賞金を出すことはできないので
海外で活躍しなければなりません。
これほどの賞金を手に出来るのはほんの僅かですので
プロゲーマーは厳しい勝負の世界であることは間違いありません。

スポンサー

e-Sports選手としてスポンサーがつくと、
安定した収入を得やすくなります。
場合によっては複数の会社から契約を受けることもあります。
安定した収入はよりゲームに専念することができます。

ですが、スポンサーについてもらうには
大会で実績を出さなければならないので、
非常に厳しい世界なのです。

ライブ配信・ストリーマー

ある程度プロゲーマーとして人気が出れば、
ライブ配信で広告収入を得ることができます。
TwitchやYouTubeのプラットフォームが有名ですね。

動画編集・サムネ制作

Twitchで生放送をした動画を使い、
YouTubeで「ハイライト」として動画編集をして
動画投稿をしていくスタイルが去年からよく見られます。
スト5で言えば、ももちさん、ハイタニさん 、
sakoさん 、ウメハラ さん などが有名です。

もしプロゲーマーとしての収入に余裕があるのであれば、
動画編集とサムネ制作を外注すれば、
更に広告収入を増やしていくことができます。

ブログを書く

たとえばゲームの攻略動画やテクニック動画を作り、
それをYouTubeで公開します。
その動画の内容をテキスト化してブログに書きます。
するとブログでも広告収入を得ることができます。
もちろん、これもブログを書いてくれる人に外注すればOKです。

ゲームトレーナー

お金を払ってでもゲームを習いたい!という人はいます。
ゲームトレーナーにゲームを教えてもらうサイトも登場しています。
プロゲーマーなら、こういったゲームトレーナーとして
人にゲームを教えて収入を得るのもアリです。

スト5で有名なのが「ウメハラさん」「ときど」さんですね。
ウメハラさんは格ゲー界のレジェンドで今でも活躍しています。
ときどさんは東大卒格闘ゲーマーで有名ですね。
有名になれば本を出版して稼ぐこともできます。

さいごに

有名になって自分というブランドが出来上がると、
何をやっても上手く稼ぐことができます。

プロゲーマーとして稼げるのはほんの僅かです。

そして、
人気を集めているゲームの人気が落ちれば稼げません。
ゲームのメーカーが面白いゲームを作り続けなければならないのです。

好きなことを仕事にするのは大変良いことなのですが、
人と競う勝負の世界は非常に厳しいです。
これはゲームに限ったことではありません。
野球、サッカー、相撲などのスポーツも同じで、
弱ければ消えていきます。

ということで、今日はプロゲーマーの稼ぎ方について書きました。

さいごに・・・
プロゲーマー専門学校は行く価値なし
時間と学費の無駄です。
企業側がブームに乗っかって稼ぎたいだけです。
プロゲーマー専門学校を卒業し、プロゲーマーになれなかった場合、
あなたは就職活動の履歴書に「プロゲーマー専門学校卒業」と書けますか?
企業側からすると・・・です。

プロゲーマーの世界は甘くはありません。