家族を大事に。私が思う子供の育て方。してほしくないこと。

知っててお得?
スポンサーリンク

私は既婚なのですが、子供がいません。
妻と10年間もガンと闘病しています。
現在、体内にがん細胞はありません。
ですが、おそらく生理はとまり、子供はできないと思われます。

私は普段から勉強や読書をしたり、
稼ぐことを考えて生活をしています。

そんな私ですが、もし子供がいたらどのような教育をしているのか?

紹介していきたいと思います。
子育ての仕方がわからないという方は参考にしてみてください。

ちなみに、読んで得た知識も書いてあります(笑)

サラリーマンを育てる教育

誰だって学校で国語や算数などの授業を受けます。
小学生、中学生、高校生、大学生・・・
そして学校を卒業し、社会人になります。

何か気づくことはありませんか?
ただ学校の勉強をしているだけだと、
確実に税金を収めるサラリーマンになってしまいます。
日本の教育はそのようになっています。

サラリーマンになるために学校へ行く、
これはホントに幸せではありません。
サラリーマンは現代の奴隷です。

「幸せはお金じゃない」という人もいますが、
お金があるとほとんどの悩みは解決します。
たとえば薄毛、整形、欲しいもの、お金で解決できます。

稼げる人ほど仕事時間が短く、家族を大切にできます。
※一部例外有り
会社勤務の本業+副業で稼いでいる私の場合、
副業を頑張った方が短時間で稼げます。

ですがサラリーマンはどうでしょうか?
8時間も会社勤務をし、場合によっては残業。
長い通勤時間。
大した給料も貰えず、家族と過ごす時間が短い。
これってホントに幸せなんでしょうか?
サラリーマンは子供の体育祭、音楽会、授業参観、全て参加できますか?

だから個人でも稼げるのスキルを身につけなければならないんです。
今からでも実行できます、毎日勉強をして頑張ってみてください。

私の自営業時代、妻がガンになったとき、
手術室の外で手術が終わるのが待てたり、
辛い抗がん剤治療に付き添ったりできました。
妻も私がいつもいることで、心の支えになったでしょう。

子供に教えること

資本主義を生きる、これは避けて通れません。
ではどうすればいいのか?

親が子供と一緒にお金のことについて会話をする、ということです。

社会に出たら必要な知識、それはお金に関する知識です。
税金、金利、株、為替、稼ぎ方などなど。
これらは社会を生きていくのに大切なお金の勉強なのですが、
学校ではお金に関することを教えてくれません。
先程も書きましたが、学校の勉強だけをしていると
バカ正直に税金を 納めるサラリーマンになります。

私もまだまだ知らない事だらけだと思っているので、毎日勉強していますw

学校の勉強は確かに大切ですが、
お金の知識も重要で、子供の頃から親がお金の話をしていると
子供は将来稼げる大人に成長します。

「学校の勉強だけをする子供」
「学校の勉強とお金の勉強をする子供」
稼げるのは後者です。

たとえば金利、
金利について知識がなければ
リボ払いなどで半永久的に借金を返せず、
バカ高い金利を払い続けて貧乏になってしまいます。

そして税金、
学校は絶対に節税の方法や確定申告を教えてくれません。
税金について知識がなければ、
多額の税金を支払わなければなりません。

子供にお金の知識を身に付ける重要性、おわかりでしょうか?

私は海外で
学校に行きたいくてもいけない子供
6歳くらいの子供が明日を生きるために働いている

リアルで見てきました。

義務教育で学校へいくことが当たり前だと思っている日本の子供。
親に感謝しましょう。
親が学費を一生懸命稼いでいます。

親と子がお金の話をする、
これはいやらしいことではなく、
将来的にプラスになると思っています。

これだけはしてはいけない

私はこれだけはしてはいけないと思っています。

お前は勉強して歯医者になれ!
そしたら稼げて一生食って行ける!

とこのように医者でもない親が子にやりたくないことをやらせる。
私がこのパターンでした。
もちろん親に逆らって反対しました。

結果どうなったか?

自分の好きなことを一生懸命がんばり、
独学だったのでプロ級になるまでかなりの遠回りでしたが、
今は好きなことができて幸せです。

もし歯医者の道を選んでいたら、
イヤイヤ勉強し、例え歯医者になれたとしても、
大した人生は歩んでいなかったと思います。

子供の人生を決めるのは親ではありません。

自分が稼げないからと言って、子供に稼がせようと
興味のないことやイヤなことをさせる。
良くないと思っています。

たとえば
遊び呆けている親から稼ぐ術を身につけることはできません。
そして、そのような親は子にお金(税金、金利、ビジネス)の話をしないでしょう。

集団行動はして欲しくない

もし私に子供がいれば、集団行動はしてほしくないです。

たとえば学校、学校には校則がありますが、
実はこれ会社の「社内ルール」と同じなんです。

皆が同じ服装や髪型、出社、退社、時間厳守。
そして学校は「集団行動の大切さ」を教えますが、
これこそ社畜育成なんです。

会社も同じで「集団行動」で仕事をしています。
会社を休んだら他の社員に迷惑がかかるから休むな!
遅刻するな!
責任転嫁!
飲み会で無駄遣い!
群れると思考停止。
辛い人間関係。
パワハラ。
子供の授業参観?ダメだ!
家族の葬儀?ダメだ!
ペットの葬儀?ダメだ!
熱がある?出勤しろ!
どうでしょうか?

個人で稼ぐとこのようなことから逃れることができます。
あなたはそれでも会社で集団行動を続けますか?
自分の子供に集団行動をさせたいですか?
ですが義務教育は避けて通れません。

他人に迷惑をかけて怒られるくらいなら、
孤独で生きたほうが、私はラクです。

実際に稼ぐことのできるのは
「孤独」な人ほど稼げます。
※一部例外有り
私の場合、新しい会社に入社後、すぐに孤立しました(笑)

集団は「共感」を重視した群れなので、
少し人と違う特徴を持った人、群れから外れた人を
仲間はずれにしたり、いじめたりします。
このようにして才能のある人が集団によって潰されていきます。

これが「日本では天才が生まれにくい」理由です。
せっかくいい才能を持っていても開花しにくいんです。

そして・・・

関わる人間は必ず選びましょう。←重要

さいごに

お金の話は親ではなく、
「他の稼いでいる社会人」とすることもできます。

子が社会に出る前にそのような「稼いでいる社会人」と関わるとどうなるか?
稼ぐ思考が身につき、将来的に稼げるようになります。

もしこの記事を読んでいるあなたが未成年で
親がお金の話をしない場合、
稼いでいる社会人を見つけてその人から学びましょう。
そしてもしあなたが稼ぐために努力をするのであれば、
きっとその稼いでいる社会人はあなたを応援します。
一部例外はあると思うのですが、
稼いでいる社会人は努力家が好きです。

もしこの記事を読んでいるあなたが親なのであれば、
毎日お金に関する知識を勉強して積極的に子に教えてあげてください。
税金の知識、金利、稼ぎ方など。
自分自身と子のためになります。

稼げるようになると、稼ぐことが面白くなります。
そして努力は誰でもできます。
一度しかない人生、前向きに頑張ってみてください。