会社で人を納得させる方法 会社で説得力のある人

仕事関係
スポンサーリンク

このブログではブラック企業だ大嫌いな人、やる気のある人、人生を変えたいという人を応援したく、
私が経験したことをなどを書いて少しても役立ててもらえたらな、と思って書いています。
書いている内容が少々キツいこともありますが、前向きに捉えてみてください。

今日は会社で人を納得させる方法についてお話します。

まず、重要なこと、人を納得させるは信用度にかかってきます。
どんなことをすれば会社で人を納得させることができるのか、
ということを私の経験をベースにして紹介していきます。

実績を作る

実績を残すと信頼されるようになります。
私が仕事を依頼するときも、実績のない人より実績のある人を選びます。
つまり結果を残して実績を作るという行為はとても信用できる人なんです。

ですが、相手がかなりの頑固者で「俺の言うことは絶対正しい」というタイプだと、
私にいくら実績があっても納得させることはできません(笑)

ブラック企業で「実績を作って信用される」ことにはメリットがあります。
最後にまとめますので、是非最後まで見ていってください。

ただの指示はNG

これをすれば相手にどのようなメリットがあるか、
ここを改善すればどのように良くなるのか、

ということを時には考えて伝えることも大事です。

「とりあえずやっといて」という指示は「無駄な作業をさせられる」可能性が大きいです。
私も実際に「この商品9種類分出品しといて」と言われましたが、
メリットが感じられなかったので無視しました。
結果、出品しなかったことに対しても何も言ってきませんでした。
もし出品していたら時間の無駄でした。

社長や上司が今日やらなくていい仕事を残業させててまでやらせるとういのはよくあると思います。

最近のことですが、社長が部下に残業させて出品させていたのですが、翌朝売れた個数を確認するとゼロ。
残業代も出ないのに残業をするのは時間の無駄です。
仕事も雑です。

私は残業代をもらって残業することも時間の無駄だと思っています。
残業せず家に帰り、副業や勉強をしたほうが将来的に稼げるようになります。
家族と過ごす時間も増えます。
一度きりの人生、稼げる上限が見えた状態で働くことは私的には面白くありません。

指示を的確に出せる人は相手のことを考えており、仕事のできる人です。
こういう人は信頼されて、相手を納得させることができるんだと思います。

やることをきちんとやっている人

冒頭で「人を納得させることができる人は信用されている人」とお話しました。
そして次のような人が人を納得させる事ができる人です。

・いちいち言わなくても「無言実行」で結果を出す人。
 →言われなくてもやるべきことを把握して実行して結果を出す。
・有言実行で仕事に取り組んで結果を出す人。
 →自分から言ったことはちゃんと実行。
・頼まれた仕事は必ず納期を守って仕事をする人。

私が現在勤めている会社では、私が依頼した事は必ず忘れられ、仕事になりません。
仕事の納期も守らずにグダグダです。
ストライキで月給を上げようとする社員は無能しかいないので関わりたくないのが本音。
私はこの職場でも上手く孤立することができました。
※もともと群れるのが大嫌いな一匹狼なんです^^;

やれることをきちんとしている人は信頼され、
もちろん説得力もあると思います。

さいごに

仕事ができる人が考えていること、それは
「ブラック企業を逆に利用しよう」ということです。
※一部例外アリ?

先ほどお話しました、
私の経験上、「辞めれらると困る」くらいまで仕事ができるようになると
いくつかのメリットがあります。

私が昔勤めていたブラック企業の社長を例にすると・・・。
※社長が悪羅悪羅タイプの場合

私は真面目で仕事のできるタイプなので、ブラック企業の社長からそこまで厳しくされることはほとんど無く、
やるべき仕事をして結果を出していたので、定時に帰っても何も言われませんでした。
ですが社長は仕事の出来ない従業員に対してはキツくあたり、パワハラをします。
ここで社長はどのように考えているか?

それは「こいつを上手く利用しよう」ということです。
ですがブラック企業を上手く利用しているのは私も同じですので、
「他のいい加減な従業員とは関わりたくない」
「社内に自分の仕事部屋(個室)を作ってもらった」
「仕事を選べる(嫌な仕事はしない)」

などのワガママが通るようになります。
それは、私は会社で実績を出して「信用」されているからです。

そして孤立すると無駄な仕事はさせられないようになります。

社長は私を上手く利用していると思っているかもしれませんが、実はその逆。

私は今でも家族と過ごす時間を大切にすることができ、
家で副業や勉強をしたりすることができます。

年収は本業より副業の方が稼げているので、
ブラック企業で働いていても何も怖いものはありませんでした。

ブラック企業を利用できるからと言って、いつまでも安月給で利用されるのはおすすめできません。
「そろそろこの会社倒産しそうだな」と感じた時は迷わず転職がおすすめです。
危機感を持っていない人は倒産するまで会社に残ります。

年功序列は終わり、成果主義の時代です。
仕事ができる若者が稼げる時代へとシフトしていますので、頑張っていきましょう!
私はやる気のある若者は応援したいです☆彡

ブラック企業は嫌いなのでボロ○ソ言います(笑)